RPS で Office 365 専用/ITAR で InvalidShellID エラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3090768
現象
スクリプトの実行時間、または [リモート PowerShell (RPS) で Microsoft Office 365 専用/ITAR 管理のコマンドレットを実行すると、断続的に次のようなエラー メッセージが表示します。
リモート コマンドのデータを処理、次のエラー メッセージで失敗しました: [ClientAccessServer = Server1、BackEndServer = Server2、RequestId =<>、タイムスタンプ = 2014/4/8 3時 42分: 44 PM] [FailureCategory = WSMan InvalidShellID]、Windows リモート シェルの ShellId の要求<>サーバー上のシェルが見つからなかったために失敗しました。考えられる原因: 指定された ShellId が正しくないまたはシェルが、サーバーに存在しません。正しい ShellId を提供する、新しいシェルを作成または操作を再試行してください。詳細については、about_Remote_Troubleshooting のヘルプ トピックを参照してください。

+ CategoryInfo: OperationStopped: (作成 mail.contoso.com:String) [PSRemotingTransportException]

+ FullyQualifiedErrorId: JobFailure

+ PSComputerName: メール。contoso 社.com
原因
この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • 多地域環境におけるメールが有効なユーザー (MEU) に関連付けられているアカウントが使用されています。
  • 接続は、ユーザーの地域とは異なる領域を通してルーティングされます。
アップグレードする回転からバックエンド サーバーが削除されたときに、このエラーが発生する可能性があります。さらに、この問題は頻繁に発生します。
解決方法

シナリオ 1: スクリプトの実行時長または、自動化されたワークフローが停止します。

このシナリオでは、サーバーが実行中の回転から削除された場合に自動的に再接続するのにはスクリプトを変更する必要があります。エラーをキャッチする適切なエラー、スクリプトの処理を使用してこれを行うことができます。再接続し、プロセスを再起動します。

シナリオ 2: RPS で、管理用コマンドレットを実行するとき

このシナリオでは、コマンドレットを再度実行する必要があります。別のバックエンド サーバーに接続する必要があり、コマンドレットが正常に実行する必要がありますし。

注: <b>多地域のオンラインの Exchange 展開で、メールボックスが有効な管理者アカウントを使用することをお勧めします。これは、RPS の接続が現在の環境で行われていることを確認します。管理者アカウントが、MEU に関連付けられている場合は、接続が他の地域をルーティング可能性があります。この現象は、接続またはトリガーのエラーで遅れる可能性があります。

いずれかの問題が引き続き発生する場合は、追加調査のためマイクロソフトにエスカレート。ことができます。 オンライン サポート インシデントを送信します。 Microsoft Online Services をサポート、またはすることができます。 Microsoft Online Services のサポートに電話で連絡します。.

マイクロソフトでは、この問題を調査する Fiddler のトレースを必要があります。これが必要な場合、サポート エンジニアは安全にキャプチャし、この情報をアップロードするのには、サポート診断パッケージを送信します。Fiddler のトレースでは、この情報をキャプチャするには、するは、ProxyAccessType パラメーターを IEConfig を設定して PowerShell セッションのオプションを追加します。次に例を示します。
Import-PSSession (New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://mail.contoso.com/powershell -Credential (Get-Credential) -Authentication Basic -AllowRedirection -SessionOption (New-PSSessionOption -ProxyAccessType IEConfig))
Microsoft サポート診断パッケージを実行する方法の詳細については、次を参照してください。マイクロソフト自動トラブルシューティング サービスを使用して、Fiddler のトレースを実行する方法.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3090768 - 最終更新日: 10/13/2015 18:54:00 - リビジョン: 2.0

  • vkbportal226 kbmt KB3090768 KbMtja
フィードバック