再参加させることはできません呼び出される SQL Server Windows Server 2012 R2 の MSDTC からトランザクションの結果を受信するとき

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3090973
この資料では、Microsoft SQL Server と Microsoft 分散トランザクション コーディネーター サービス (MSDTC) が Windows Server 2012 R2 の間の競合について説明します。この問題を解決する修正プログラムがあります。修正プログラムには、 前提条件.
現象
次のような状況を考えます。
  • MSDTC との組み合わせでは、SQL Server を使用しています。
  • 2 つ以上のデータベース インスタンスにまたがる分散トランザクションを作成するとします。
  • 2 フェーズ コミットは、中に SQL Server、トランザクションの準備が、データベースを再起動します。
  • データベースのリスタートの一環として、SQL Server は、ログを復元しようとし、登録を呼び出すことによって、結果の MSDTC と通信する必要があります。
このシナリオでは、SQL Server の呼び出しは、データベース ・ リカバリの実行中に登録すると、MSDTC プロキシ スロー XACT_E_RECOVERYALREADYDONE (0x8004D104L) を再参加させるかを示すエラー メッセージになって呼び出される利用可能です。
解決方法
この問題を解決するには、修正プログラムをリリースしました。場合でも、この問題は Windows Server 2012 R2 でのみ発生、修正プログラムは Windows 8.1 および Windows RT 8.1 にも適用されます。

重要: この修正プログラムをインストールした後に言語パックをインストールする場合は、この修正プログラムを再インストールする必要があります。したがって、お勧め任意の言語をインストールするこの修正プログラムをインストールする前にする必要があるパックです。詳細については、 言語パックを Windows に追加します。.

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、このサポート技術情報の記事の上部にある「修正プログラム ダウンロード使用可能な"セクションがあります。このセクションが表示されない場合は、修正プログラムを取得するには、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに要求を送信します。

注: <b> さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムに該当しない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b> 「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが使用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、必要 Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 (2919355) の更新プログラムのロールアップを 2014 年 4 月 Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 にインストールされている必要があります。

レジストリ情報

このパッケージで修正プログラムを使用するには、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムでは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
参照してください、 用語集 を参照してください。
ファイル情報
このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ローカル コンピューターにおけるこれらのファイルの日付と時刻は、現在の夏時間を使用したローカル時刻で表示されます。ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows 8.1、8.1 の RT の Windows および Windows Server 2012 R2

重要: 同じパッケージには、Windows 8.1 修正プログラムおよび Windows Server 2012 R2 の修正プログラムが含まれます。ただし、修正プログラムのリクエスト ページにある修正プログラムは各オペレーティング システムの下に一覧表示されています。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページの「Windows 8.1/Windows Server 2012 R2"下に記載されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。

マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされている各環境 arelisted separatelyin、その他ファイル情報」のセクションです。MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。属性の一覧が表示されていない、セキュリティ カタログ ファイルは、マイクロソフトのデジタル署名で署名されています。
x86 Windows 8.1
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Msdtcprx.dll2001.12.10530.18034720,8962015 年 8 月-20-17:20x86
Xolehlp.dll2001.12.10530.1803450,6882015 年 8 月-20-17:34x86
x64 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Msdtcprx.dll2001.12.10530.18034871,4242015 年 8 月-20-17:24x64
Xolehlp.dll2001.12.10530.1741561,4402014 年 10 月-29-01:16x64
Msdtcprx.dll2001.12.10530.18034720,8962015 年 8 月-20-17:20x86
Xolehlp.dll2001.12.10530.1803450,6882015 年 8 月-20-17:34x86
Windows RT 8.1
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Msdtcprx.dll2001.12.10530.18034642,0482015 年 8 月-20-17:06該当なし
Xolehlp.dll2001.12.10530.1638451,7122013 年 8 月 22 日02:10該当なし

追加ファイル情報

x86 Windows 8.1
ファイルのプロパティValue
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,784
日付 (UTC)2015 年 8 月-21-
時刻 (UTC)10:26
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_371607d1b28380f8ea27e02daaea0c72_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18034_none_6f40ce842bc8ceb1.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ702
日付 (UTC)2015 年 8 月-21-
時刻 (UTC)10:26
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows の com の dtc-client_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18034_none_e1c88e97d4bf0dfd.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ6,520
日付 (UTC)2015 年 8 月-20-
時刻 (UTC)19:51
プラットフォーム該当なし
x64 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2
ファイルのプロパティValue
ファイル名Amd64_6a7ed12e076afa4086d7c90226660b88_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18034_none_1432988083f73ea8.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ706
日付 (UTC)2015 年 8 月-21-
時刻 (UTC)10:26
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_bda90ef8cbf10a53fc08bccd85da6f29_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18034_none_6376f31f89e655c3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ706
日付 (UTC)2015 年 8 月-21-
時刻 (UTC)10:26
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows の com の dtc-client_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18034_none_3de72a1b8d1c7f33.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ6,525
日付 (UTC)2015 年 8 月-21-
時刻 (UTC)10:33
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,896
日付 (UTC)2015 年 8 月-21-
時刻 (UTC)10:26
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows の com の dtc-client_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18034_none_483bd46dc17d412e.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ6,240
日付 (UTC)2015 年 8 月-20-
時刻 (UTC)19:51
プラットフォーム該当なし
Windows RT 8.1
ファイルのプロパティValue
ファイル名Arm_1eeffb75132b79c966d9c0abcd47047b_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18034_none_efd176d820dbb986.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ702
日付 (UTC)2015 年 8 月-21-
時刻 (UTC)10:26
プラットフォーム該当なし
ファイル名Arm_microsoft-windows の com の dtc-client_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18034_none_e1cb00efd4bc2cc3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ6,523
日付 (UTC)2015 年 8 月-21-
時刻 (UTC)10:26
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,566
日付 (UTC)2015 年 8 月-21-
時刻 (UTC)10:26
プラットフォーム該当なし

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3090973 - 最終更新日: 11/05/2015 01:48:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows RT 8.1

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbautohotfix kbhotfixserver kbexpertiseinter kbmt KB3090973 KbMtja
フィードバック