「を使用して、最初に利用可能な」設定が有効になっている場合、グループ ポリシーの基本設定は手動によるドライブの mapings を削除します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3091116
現象
ドライブ マップのグループ ポリシーの基本設定 (GPP) を展開した後、ユーザーは以前マップされたドライブが不要になった使用可能な新しいログオン後を確認します。また、GPP によって構成されているマップされたドライブの一部だけは、ドライブ マップ項目を 1 つ以上のポリシーが構成されている場合。
原因
ドライブ マップ、アイテム内で enabletheを使用して最初に利用可能な開始位置設定するドライブ文字のオプションがあります。(ドライブ マップの XML では"useLetter"要素として表されます)、この設定は次のように定義されています。 https://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc704598.aspx:

useLetter -「1」の場合、文字参照、アクションが動作する単一のドライブ文字にします。「0」の場合は文字は、アクションを適用することがありますドライブ文字の範囲のアルファベット順の先頭とします。基本設定項目が構成されている場合」を使用して、最初に利用可能な開始位置:"(または"useLetter = 0"の XML に)、クライアント側拡張機能がオフに設定すべてのマップ ドライブからドライブ文字 Z を後者を。GPP の複数のポリシーが適用される場合、ドライブ マップを処理する方法の順序は、GPP にマップされたドライブの取り外しをランダムに可能性があります。
解決方法
仕様では、ドライブのマップを使用して最初に利用可能な開始位置の設定が有効になっている属性がクリアされます。

使用して最初に利用可能な開始位置の設定が必要な場合は、次の条件が満たされていることを確認します。
  • GPP ドライブ マップによって構成されているものよりもアルファベットの以前のバージョンからのドライブ文字を使用するのには、手動でマップされたドライブが構成されています。
  • GPP ドライブ マップ ポリシーは 1 つだけは、ユーザーに適用されます。

それぞれのドライブ マップに特定のドライブ文字を割り当てるし、任意のドライブ マップを最初に利用可能な開始位置を使用してオプションを使用できます。次に、GPP のドライブ マップ ポリシーの任意の数は、手動でマップされたドライブのまたはユーザーに適用される複数のポリシーで構成した GPP のドライブ マップを損なうことがなくユーザーに適用できます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3091116 - 最終更新日: 09/02/2015 07:17:00 - リビジョン: 1.0

Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8, Windows 8 Pro, Windows 8 Enterprise, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2012 Standard, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Web Server 2008 R2, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Business, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Starter, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Foundation, Windows Web Server 2008

  • kbexpertiseadvanced kbtshoot kbsurveynew kbmt KB3091116 KbMtja
フィードバック