[XADM] 受信者更新サービスを削除すると、イベント ログに無効なエラー メッセージが記録される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP309134
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
受信者更新サービス オブジェクトを削除すると、そのオブジェクトを指す LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) エラー メッセージ "[0x20] そのようなオブジェクトはありません" がアプリケーション イベント ログに記録される場合があります。
原因
この問題は、受信者更新サービス オブジェクトを削除したときに、削除した受信者更新サービス オブジェクトに通知スレッドが送信されることが原因で発生する場合があります。その時点では受信者更新サービス オブジェクトは存在しないので、そのオブジェクトに対して LDAP が行うクエリが失敗します。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Exchange 2000 Server の最新の Service Pack を入手します。関連情報については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
301378 XGEN: How to Obtain the Latest Exchange 2000 Server Service Pack
301378[XGEN] 最新の Exchange 2000 Server Service Pack の入手方法
状況
マイクロソフトでは、これが Microsoft Exchange 2000 Server にかかわる問題であることを確認済みです。この問題は Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 2 で修正済みです。
詳細
このエラー メッセージは無視しても安全です。

Exchange 2000 で新しい受信者更新サービスを作成しても、Microsoft Windows 2000 イベント ビューア アプリケーション イベントログに "[20] そのようなオブジェクトはありません" エラー メッセージが表示されることがあります。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
290419 XADM: "No Such Object on the Server" Error Message Occurs When You Create Recipient Update Service
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 309134 (最終更新日 2002-01-23) をもとに作成したものです。

RUS exch2kp2w
プロパティ

文書番号:309134 - 最終更新日: 01/29/2014 23:22:38 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbbug kbfix kbexchange2000sp2fix KB309134
フィードバック