[XADM] 切り離されたディレクトリ サービス オブジェクトを削除すると例外エラーが生成される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP309196
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Exchange システム マネージャを使用して、Exchange 仮想マシンに関連付けられている、切り離されたサーバーのディレクトリ サービス オブジェクトを削除すると、ハンドルされていない例外エラーが通知される場合があります。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Exchange 2000 Server の最新の Service Pack を入手します。関連情報については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
301378 XGEN: How to Obtain the Latest Exchange 2000 Server Service Pack
301378 [XGEN] 最新の Exchange 2000 Server Service Pack の入手方法
状況
マイクロソフトでは、これが Microsoft Exchange 2000 Server にかかわる問題であることを確認済みです。この問題は Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 2 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 309196 (最終更新日 2001-12-20) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:309196 - 最終更新日: 02/10/2014 21:50:41 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbexchange2000sp2fix KB309196
フィードバック