専用の Office 365 で SharePoint サーバーのワークフローは自動的に取り消さ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3092212
このサポート技術情報資料は、標準の (OOB) のワークフローにのみ適用されます。
現象
標準のワークフローが開始されると、Microsoft Office 365 を専用のシステム アカウントで自動的にキャンセルされます。

図 1 では、ワークフローが開始されましたが、自動的にキャンセルされたことを示します。[状態] 列で、これを表示できます。

開始されるが、自動的にキャンセルされるワークフローのスクリーン ショット
図 1


図 2 は、取り消されたワークフローの 1 つの履歴のエントリを示しています。イベント タイプ] 列に「エラー」が表示されることと、結果列には、「アクセスは拒否されました」が表示されますに注意してください。

取り消されたワークフローの 1 つの履歴エントリのスクリーン ショット
図 2

原因
これは、既知の問題です。
解決方法
この問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. 影響を受ける SharePoint サイトに移動します。
  2. サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。
  3. 影響を受けるサイトがトップレベル サイトではなくサブサイトの場合は、サイト コレクションの管理] セクションの最上位レベルのサイト設定に移動をクリックします。
  4. [サイト コレクションの機能] をクリックします。
  5. ワークフロー機能を非アクティブ化します。
  6. SharePoint Designer では、サイト コレクションのルートを開きます。
  7. ワークフローに移動します。
  8. 、ワークフローの一覧で対象のワークフローをクリックします。
  9. リボンの [ワークフロー設定] タブで、[発行] を選択します。
  10. ワークフローが期待どおりに機能していることを確認します。
引き続きこの問題が発生する場合は、サポートに問い合わせてください。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3092212 - 最終更新日: 09/01/2015 22:52:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Office SharePoint Online Dedicated

  • vkbportal226 kbgraphic kbgraphxlink kbmt KB3092212 KbMtja
フィードバック