ソフトウェア更新プログラムのトラブルシューティングおよびシステム センター構成マネージャーで 2012年のメンテナンス

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3092358
概要
この記事では、Microsoft システム センター 2012 Configuration Manager でソフトウェアの更新プログラムを紹介し、プロセスを理解するため、発生した場合の問題のトラブルシューティングのガイダンスを提供します。
詳細
システム センター 2012年の構成マネージャーでソフトウェアの更新プログラムは、一連のツールとリソースを追跡し、企業内のクライアント コンピューターにソフトウェア更新プログラムを適用することの複雑なタスクを管理することができますを提供します。効果的なソフトウェア更新プログラム管理のプロセスは、運用効率を維持、セキュリティ上の問題を克服するため、およびネットワーク インフラストラクチャの安定性を維持する必要があります。

ソフトウェア更新プログラムの同期の構成マネージャーでは、ソフトウェア更新プログラムのメタデータを取得するために Microsoft Update を使用します。最上位のサイトは、あらかじめ決められたスケジュールに従って、または構成マネージャーのコンソールから手動で同期を開始するとき、Microsoft Update と同期します。構成マネージャーには、最上位レベルのサイトでソフトウェア更新プログラムの同期が完了すると、存在する場合、ソフトウェア更新プログラムの同期が子サイトで開始します。各プライマリ サイトまたはセカンダリ サイトで同期が完了するとは、クライアント コンピューターにソフトウェアの更新ポイントの場所は、サイト全体のポリシーが作成されます。

クライアントがポリシーを受信した後、クライアントがソフトウェア更新プログラムのコンプライアンスのためのスキャンを開始し、Windows 管理インストルメンテーション (WMI) に情報を書き込みます。対応情報は、管理ポイントに送信されます。そこから情報がサイト サーバーに送信されます。各ソフトウェア更新プログラム、更新プログラムの準拠状態を格納する状態メッセージが作成されます。状態メッセージは、管理ポイントにし、サイト サーバーに、一括で送信されます。準拠の状態は、サイト データベースに挿入されます。ソフトウェア更新プログラムの準拠状態は、構成マネージャーのコンソールに表示されます。コンソールを展開し、展開パッケージから更新プログラムを必要とするコンピューターにソフトウェア更新プログラムをインストールできます。

ネットワーク共有フォルダーにソフトウェア更新プログラムをダウンロードして、サイト サーバーと、展開で定義されている配布ポイントのコンテンツ ライブラリにソフトウェア更新のソース ファイルをコピーするのには、ソフトウェア更新プログラムの展開パッケージを使用できます。更新のダウンロード ウィザードを使用すると、ソフトウェア更新プログラムをダウンロードして展開する前に配置パッケージに追加できます。このウィザードでは、配布ポイントにソフトウェアの更新プログラムを設定し、ソフトウェア更新プログラムをクライアントに展開する前に、展開プロセスのこの部分が成功したことを確認することができます。

ソフトウェア更新プログラムの展開ウィザードを使用して、ダウンロードしたソフトウェア更新プログラムを配置するとき、配置は自動的にソフトウェアの更新を含む展開パッケージを使用します。ダウンロードしていないソフトウェアの更新プログラムが展開されると、ソフトウェア更新プログラムの展開ウィザードで新規または既存の展開パッケージを指定する必要があります。これを行うと、ソフトウェアの更新ウィザードの完了時にダウンロードされます。

ソフトウェアの更新プログラムを展開した後、または、自動展開規則が実行され、ソフトウェア更新プログラムを展開するときは、割り当てポリシーの展開がサイトのコンピューター ポリシーに追加されます。パッケージ ソースにダウンロードする場所、インターネット、またはネットワーク共有フォルダーからソフトウェアの更新がダウンロードされます。ソフトウェア更新プログラムはパッケージのソースからサイト サーバーのコンテンツ ライブラリにコピーされますし、配布ポイントのコンテンツ ライブラリにコピーされます。

展開のターゲット コレクション内のクライアント コンピューターは、コンピューター ポリシーを受信すると、ソフトウェア更新プログラムのクライアント エージェントは、評価スキャンを開始します。クライアント エージェントは、展開を受信した後すぐに必要なソフトウェア更新プログラムのコンテンツを配布ポイントから、ローカルのクライアントのキャッシュにダウンロードします。ただし、更新プログラムは、インストール可能なソフトウェアの前に展開するためのソフトウェアの利用可能時間の設定で指定された時間が経過後するまで待機します。ユーザーが手動でインストールを開始するまでは、省略可能な展開 (つまり、展開にインストールの期限はありません) のソフトウェアの更新はダウンロードされません。

構成された期限を渡すと、ソフトウェアの更新のクライアント エージェントは、ソフトウェアの更新が必要であることを確認するスキャンを実行します。次に、ソフトウェア更新のソース ファイルがまだ利用可能であることを確認するのにはクライアント コンピューター上のローカルのキャッシュをチェックします。最後に、クライアントは、ソフトウェア更新プログラムをインストールします。別の展開を確保するためにクライアントのキャッシュからコンテンツが削除された場合、クライアントもう一度ダウンロード ソフトウェアの更新の配布ポイントからクライアントのキャッシュにします。ソフトウェア更新プログラムは常に構成されている最大クライアント キャッシュのサイズに関係なくクライアントのキャッシュにダウンロードされます。インストールが完了すると、ソフトウェアの更新が不要になったし、ソフトウェアの更新がクライアント上で現在インストールされているを示すために管理ポイントに状態メッセージを送信し、クライアント エージェントを確認します。

関連情報
理解、保守、およびソフトウェアのトラブルシューティングの詳細についてはプロセスの更新は、次のリソースを参照してください。
3090184 システム センター 2012年の構成マネージャーでソフトウェア更新プログラム スキャンに失敗のトラブルシューティングを行う方法
3090265 Center 2012 Configuration Manager でソフトウェアの更新の展開プロセスを追跡するためにログ ファイルを使用します。
3090264システム センター 2012年の構成マネージャーでソフトウェア更新プログラムの展開をトラブルシューティングする方法
3090526 システム センター構成マネージャーで 2012年でソフトウェア更新プログラムのメンテナンス
ConfigMgr 2007 ConfigMgr 2012 R2 SCCM 2012 R2

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3092358 - 最終更新日: 09/14/2015 20:23:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft System Center 2012 Configuration Manager, Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1, Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 2, Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager, Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager Service Pack 1

  • kbmt KB3092358 KbMtja
フィードバック