Surface Pro の 3 またはサーフェスの 3 が 10 の Windows で休止状態は

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3092579
現象
Surface Pro 3 またはサーフェス 3 の 10 の Windows をインストールした後、次の問題のいずれかが発生する可能性があります。
  • バッテリの寿命が減少します。
  • デバイスは、バッグや袖の部分を実行した後に触ると暖かい。
  • デバイスは、夜間または期間を短くすることはありませんを放電するために配置した後、バッテリがあります。
原因
(接続されているスタンバイ) 一定期間後に休止状態に、デバイスが構成されていない場合、この問題が発生する可能性があります。既定では、10 の Windows で休止状態はあらかじめ構成されていません。ユーザーする必要があります手動で休止状態を構成して、動作をスリープ状態です。
解決方法
一定期間後に休止状態になるように、デバイスを構成するには、次の手順を実行します。
  1. Windows のアイコンをクリックします。
  2. タイプ 電源オプション.
  3. 選択して、の電源オプション コントロール パネルです。
  4. 現在の電源プランを選択します。
  5. [プラン設定の変更] をクリックします。
  6. [詳細な電源設定の変更] をクリックします。
  7. [スリープ] をクリックします。
  8. 後に休止状態をクリックします。
  9. 休止状態になるまでの期間を設定します。
展開するまたは、参照イメージをカスタマイズする場合は、4 時間後に休止状態を起動するのには次のコマンドを実行することによってこの設定 (HIBERNATEIDLE) を構成できます。
powercfg /setdcvalueindex SCHEME_CURRENT 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20 9d7815a6-7ee4-497e-8888-515a05f02364 14400
Powercfg設定は、秒単位で入力されます。たとえば 4 時間 = 14400 秒です。

例を紹介します。

3 時間: 10800

2 時間: 7200

1 時間: 3600 秒

メモ Windows の 10 ではありませんバッテリー セーバーのタイムアウトの CS、CS バッテリー セーバー旅行ポイント、および CS バッテリー セーバーの動作の設定。
詳細
Surface Pro 3 と 3 の表面に付属しているは、Windows 8.1 のイメージに接続されているスタンバイ中に 4 時間後に休止状態に画面を構成します。クリーン インストールを実行する場合は、同様の問題に遭遇し、デバイスを休止状態にする追加の構成を行う必要があります。

Windows 8.1 の動作の詳細については、以下の KB 資料を参照してください。
2998588 Surface Pro の 3 は、接続されているスタンバイ状態で 4 時間後に休止状態は

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3092579 - 最終更新日: 10/19/2015 20:24:00 - リビジョン: 1.0

Surface Pro 3, Surface 3

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbtshoot kbmt KB3092579 KbMtja
フィードバック