長いファイル名の添付ファイルを開くときに outlook がクラッシュします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3092685
現象
Microsoft Outlook 2016 または Outlook 2013 で電子メールの添付ファイルを開くときに、Outlook がクラッシュして、次のエラー メッセージが表示されます。

Microsoft Outlook が動作してをいません。


この状況では、1 つまたは複数のアプリケーション ログにイベント ID 1000 で、次のクラッシュが表示されます。

アプリケーション名モジュール名オフセット
Outlook 2016
Outlook.exeucrtbase.dll 0x00083472
Outlook.exeucrtbase.dll 0x0007C3A2
Outlook.exeucrtbase.dll 0x0000000000068528
Outlook.exeucrtbase.dll 0x000000000006AA28
Outlook.exeucrtbase.dll 0x0000000000064388
Outlook 2013
Outlook.exeMSVCR100.dll0x0008AF3E
Outlook.exeMSVCR100.dll0x0000000000070468

原因
Attachmentthat には 144 文字の名前、または長いファイルを開くと、この問題が発生します。
解決方法
Outlook 2013 でこの問題を解決するには、Outlook 2013 2015 年 9 月 8 日更新プログラムをインストールします。この更新プログラムについては、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

3085495 Outlook 2013 (KB3085495) は 2015 年 9 月 8 日更新
回避策
Outlook の 2016年を実行している場合、または「解決方法」セクションに記載されている更新プログラムをインストールできない場合、は、次の方法のいずれかを使用して、問題回避することができます。

方法 1:144 未満の文字をファイル名を短縮し、再度送信、添付ファイルの送信者に依頼します。

方法 2:Outlook Web App で添付ファイルにアクセスします。
詳細
アプリケーション ログを確認するには、次の手順を実行します。

  1. [コントロール パネル] を開き、管理ツール アイテムです。
  2. [イベント ビューアー] をダブルクリックします。
  3. 詳細ペインで、選択アプリケーション [ Windows ログします。
  4. アクション ウィンドウで、[現在のログをフィルター] をクリックします。
  5. 現在のログをフィルター ] ダイアログ ボックスを入力してください1000 (で示される次のスクリーン ショットで)、[ OK] をクリックします。

    現在のログをフィルター処理します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3092685 - 最終更新日: 12/05/2015 00:07:00 - リビジョン: 2.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013

  • kbmt KB3092685 KbMtja
フィードバック