10 の Windows でマイクロソフトのエッジを使用して SQL Server CAB (.exe) のパッケージをインストールしようとするときに「ディレクトリ名が無効です」エラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3093930
現象
2014 の Microsoft SQL Server または SQL Server 2016 CAB (.exe) をインストールするにダウンロードしてから、マイクロソフトのエッジの web ブラウザーを使用してパッケージの) Windows の 10 のパッケージがインストールされていないと次のエラー メッセージが表示されます。

エラー メッセージ
原因
この問題は、Internet Explorer のようにするには、パッケージを保存することはできませんので、マイクロソフトのエッジで発生します。

Internet Explorer の [保存] ボタンの下向きの矢印をクリックして名前を付けて保存を推奨すると、パッケージを実行し、私たちとは、一時的な場所にパッケージを保存する] をクリックします。

Internet Explorer で

ただし、エッジのない保存オプションが用意されて、次の例のように。

マイクロソフトのエッジで

ダウンロードしたパッケージを実行する実行をクリックすると、抽出するファイルのディレクトリを選択] ダイアログ ボックスが表示されます。次の例では、\System32 ディレクトリが含まれている既定のパス可能性があります自動的に格納されて抽出するファイルのディレクトリを選択します。ただし、これは SQL Server の有効なパスではありません。

展開されたファイルのディレクトリを選択します。

パッケージを実行するのには[ok]をクリックすると、そのセットアップ プログラムが完了していない、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されます。
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1
  1. パッケージのダウンロード処理が完了したらをクリックしてしないで実行します。代わりに、ダイアログ ボックスを終了する閉じる (X)をクリックします。
  2. ダウンロードのフォルダーに移動し、その場所からパッケージを実行します。

方法 2
  1. パッケージのダウンロード処理が完了したら、[実行] をクリックします。
  2. 抽出するファイルのディレクトリの選択] ダイアログ ボックスで、\System32 ディレクトリが含まれていない SQL Server の有効な場所にパスを変更します。[Ok]をクリックします。

方法 3

Internet Explorer を使用すると、SQL Server のインストール パッケージをダウンロードします。
状況
しましたは、マイクロソフトのエッジに問題があることを確認済みです。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3093930 - 最終更新日: 09/11/2015 10:09:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2016 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2016 Developer, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2016 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web

  • kbexpertiseinter kbprb kbsurveynew kbmt KB3093930 KbMtja
フィードバック