現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

サーバー クラスタに関するマイクロソフトのサポート ポリシーと、ハードウェア互換性リストおよび Windows Server Catalog

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
この資料では、サーバー クラスタに関するマイクロソフトのサポート ポリシーと、ハードウェア互換性リスト (HCL) および Windows Server Catalog (WSC) について説明します。Microsoft Product Support Services (PSS) では、クラスタ HCL (Windows 2000 Server および Windows NT サーバーの場合) またはクラスタ WSC (Windows Server 2003 の場合) に記載されているハードウェア上のサーバー クラスタのみをサポートします。ここでの、"サーバー クラスタ" とは Microsoft クラスタ サービスを実行しているコンピュータを指し、ネットワーク負荷分散 (NLB) または Windows 負荷分散サービス (WLBS) を実行しているコンピュータではありません。

最新のクラスタ WSC は、次のマイクロソフト Web サイトで入手できます。このサイトにアクセスして [Hardware] タブをクリックし、[Cluster Solutions] カテゴリをクリックします。Cluster Solutions カテゴリでは認定済みの完全なクラスタ ソリューションのみが表示されます。サブカテゴリでは、クラスタ コンポーネント候補のテストに合格したコンポーネントの一覧が表示されます。このクラスタ コンポーネントの一覧は、OEM とシステム インテグレータが完全なクラスタを設計し、その後、テスト用の完全なクラスタ ソリューションを提出できるよう提供されています。

: 他のマイクロソフト オペレーティング システム用の WSC および HCL の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。この一覧を使用してクラスタ ソリューションを構築しないようにしてください。これらの個々のコンポーネントをクラスタで使用することは、完全な HCL または WSC ソリューションとしては認定されないためです。PSS で完全にサポートされるのは、HCL または WSC の Cluster カテゴリの一覧に表示されている完全なソリューションのクラスタのみです。
詳細
一般的な HCL または WSC 準拠のクラスタには、次のコンポーネントが含まれています。
  • クラスタ ノードと呼ばれる 2 台以上のサーバー。
  • 各ノードの大容量記憶装置コントローラとドライブ (オペレーティング システムのブート用)。
  • 別の大容量記憶装置コントローラ (SCSI またはファイバ。オペレーティング システムのブートに使用するコントローラとは独立したもの)。
  • 共有ディスク。これは通常外部キャビネットに設置し、大容量記憶装置コントローラによりクラスタ内の全ノードと接続します。
  • 各クラスタ ノードに 2 つのネットワーク アダプタ。
OEM のサーバー クラスタには、これらコンポーネントに差異がある場合があります。すべてのコンポーネントが含まれていない場合や、これら以外のコンポーネントが含まれている場合があります。しかし、マイクロソフトのサポートにとって重要なことは、クラスタ全体が Cluster カテゴリ内の HCL または WSC に記載されていることです。

ただし、HCL 準拠または WSC 準拠のクラスタには、構成上の問題がまだ残っている可能性もあります。したがって、Windows 2000 サーバー クラスタまたは Microsoft Windows Server 2003 サーバー クラスタを構成する前に、Microsoft Cluster Configuration Validation Wizard を実行し、問題の原因になる可能性のある構成がないかどうかを確認することをお勧めします。Microsoft Cluster Configuration Validation Wizard をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。Windows NT 4.0 ベースのサーバー クラスタを構成する場合、クラスタ インストール ルーチンにより次の条件が表示されます。
Microsoft Cluster Server (MSCS) は、MSCS ソフトウェアとの互換性が保証されたハードウェア構成でインストールされた場合のみサポートされます。

この条件に同意する場合は、[同意します] をクリックします。
Windows 2000 のクラスタ セットアップ プログラムでは、次の条件が表示されます。
ハードウェアの構成とクラスタ サービスとの互換性をテストする必要があります。

次の場所にあるハードウェア互換性リスト (HCL) のクラスタ カテゴリに表示されているハードウェア構成以外のハードウェア構成は、マイクロソフトによってサポートされていません。

http://www.microsoft.com/japan/whdc/whql/default.mspx

HCL の Cluster カテゴリに表示されていないハードウェア構成はマイクロソフトによってサポートされていないことを理解した方は、[理解しました] をクリックしてください。
Windows Server 2003 では、クラスタの構成中に HCL または WSC の条件を受け入れるかどうかを確認するためのダイアログ ボックスは表示されません。クラスタ サービスの要件に、HCL クラスタが必須であることが明記されています。

SAN (地理的に分散したクラスタ) と Windows 2000 Datacenter Server

複数のクラスタが同一のストレージ エリア ネットワーク (SAN) デバイスに接続されている場合、追加の手順が必要です。クラスタ内のノードは、特定の SAN デバイスと共に認定される必要があります。SAN デバイス自体は、マルチクラスタ対応として認定され、Cluster/Multi-Cluster Device カテゴリに記載されている必要があります。詳細については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
304415 同一の SAN デバイスに接続された複数のクラスタに関するサポート
クラスタ ソリューションに地理的に分散したクラスタ ノードが含まれている場合、ネットワークの遅延や共有ディスクのサポートなど、他にも必要な検証事項があります。クラスタ ソリューション全体が、Cluster/Geographic カテゴリに記載されている必要があります。詳細については、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。
280743 地理的に分散したサイトでの Windows クラスタリング
Windows 2000 Datacenter Server 上で実行されるサーバー クラスタには、サポートのための追加の要件があります。順守すべき契約上の特定の制約がある場合もあります。詳細については、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。
265173 Windows Datacenter プログラムおよび Windows 2000 Datacenter Server

HCL の Cluster カテゴリに記載されていないクラスタ

クラスタ ソリューションが HCL または WSC の Cluster カテゴリに記載されていない場合、そのクラスタ ソリューションはサポートされません。ただし、PSS はユーザーの求めに応じて、トラブルシューティング情報を提供します。PSS は、HCL または WSC に記載されていないクラスタについては、解決策が見つかることを保証しません。

サポートの手順

  1. トラブルシューティングを始める前に、ユーザーは OEM に問い合わせて特定のクラスタ構成がサポート可能かどうかを確認する必要があります。クラスタ ハードウェアの構成およびサポートについては、OEM に問い合わせるのが最善です。
  2. 解決を保証せず、インシデントの返金はないという条件の下で、PSS は問題の解決を行います。マイクロソフトは、HCL または WSC に記載のないクラスタについては、問題の解決を保証しません。解決策が見つからない場合でも返金はされません。

    解決の保証がないことに同意しない場合、PSS は問題の解決を行わず、インシデントを返金します。
  3. 通常のトラブルシューティングの手順を使用して、サーバー クラスタの問題を特定します。PSS が使用する一般的なトラブルシューティング方法には、次のものがあります。
    • 「サポート技術情報」は、Microsoft TechNet および次のマイクロソフト Web サイトで参照できます。
    • サポートされているクラスタで問題が再現可能かどうかを確認します (可能な場合)。
    : クラスタが認定されていない場合、修正プログラムのサポートはありません。PSS では、問題の原因がハードウェアの非互換によるものか、あるいはソフトウェアの好ましくない動作によるものかを判定することができません。
  4. 問題の解決策がない場合、PSS は次のような代替策を推奨する場合があります。
    • ユーザーがクラスタ HCL または WSC に記載されているクラスタ上で問題を再現させること
    • クラスタ HCL または WSC に記載されているクラスタ ソリューションを使用すること
    • ユーザーが OEM と協力して、そのクラスタを HCL または WSC に記載されるようにすること
    • 解決策のために OEM と協力すること
サーバー クラスタ用のハードウェア仕様は非常に厳密です。クラスタ HCL または WSC には、テスト済みの既知の使用可能なクラスタ構成の一覧が含まれています。使用中のクラスタ ハードウェアが原因のサーバー クラスタの問題を解決しようとすると、多くの時間を浪費してしまう場合があります。

クラスタの問題が発生する可能性のある互換性のないハードウェアの例を以下に示します。
  • クラスタ ソリューションで、共有ディスクと HBA が共有バス上の他のデバイスから適切に分離されていない。
  • SCSI コントローラが、マルチイニシエータ環境での動作をサポートしていない。
  • HBA が、共有バス上のデバイスの予約、予約解除、または更新を適切に処理しない。
  • コントローラのキャッシュ機構がクラスタ構成に合致していない。
  • クラスタ内通信用のネットワーク アダプタの遅延が大きすぎる。
  • RAID コントローラが、コントローラ間の構成情報を適切にレプリケートしない。
  • PCI バスが誤って構成され、適切でないバス内に無効なアダプタが存在する (プライマリ、セカンダリなど)。
  • コントローラに、"物理ディスク リソース" の種類との互換性がない。
  • SCSI コントローラに、適切なターミネータが設置されていない。
上記の一覧は、サーバー クラスタで問題を発生させる可能性のある原因を網羅しているわけではありません。これらの問題はいずれも PSS では検出できません。完全なクラスタ ソリューションに対してクラスタ HCL または WSC 互換テストを行うと、通常、これらの問題はすべて発見されます。

以前のオペレーティング システムについては完全なクラスタ構成として記載されていても、使用している新しいオペレーティング システムについては記載されていない場合、サポートはここに記載されているように行われます。

クラスタの認定

ハードウェア互換性テストとデバイス資格認定プログラムは、クラスタ テスト キットを入手することにより使用できます。クラスタ デバイス資格認定プログラムの前提条件は、記憶装置製品が認定済みであるということです。クラスタ テスト キットの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。サーバー クラスタ以外の HCL のポリシーの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
142865 Windows カタログ (Windows HCL) にないハードウェアに対するマイクロソフトのサポートについて
mscs hwtest clustering HBA host bus adapter hct reasonable effort
プロパティ

文書番号:309395 - 最終更新日: 04/23/2007 02:46:00 - リビジョン: 8.3

Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Datacenter Server, Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition

  • kbinfo KB309395
フィードバック