Azure のサイトの回復を保護する VM を再同期状態に入ります

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3094171
現象
Microsoft Azure サイト回復 (ASR) では、Azure のシナリオを HYPER-V で保護することが仮想マシン (VM) は可能性があります繰り返し再同期の状態に移動します。Cannotmanually を再同期、およびレプリケーションの稼働状態の VM には、次のエラー メッセージが表示される場合があります。



: レプリケーションの状態の再同期が必要
レプリケーション モード: プライマリ
現在のレプリカ サーバー: Microsoft Azure
レプリケーションの稼働状態: 重要な
再同期は、コンピューターに必要です X.再同期を開始するのにはレプリケーションを再開します。
成功したレプリケーション サイクル: 0/アウト Y (0%).仮想マシンのレプリケーション サイクルの 20% 以上が失われています。 X.

エラー メッセージのプレース ホルダー XVM、およびプレース ホルダーの名前を表します Y試行回数を表します。

次: ログの名前のような記録されたイベントを表示ことがあります: MicrosoftAzureRecoveryServices ・ レプリケーション

ソース: MicrosoftAzureRecoveryServices
イベント ID: 67
タスク カテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード:
ユーザー: システム
説明:
'VMName' でマークされている仮想マシンの再同期は、サービスが破損しています。(仮想マシン ID 11201f14-2111年-4a79-97 d 3-c312d9bcab00、データ ソース ID <Number>、タスク ID cbb6cfa2-cbbc-4f54-9c21-3fecbb84fe44)


</Number>

レプリケーション ・ ログ名: MicrosoftAzureRecoveryServices
ソース: MicrosoftAzureRecoveryServices
イベント ID: 32
タスク カテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード:
ユーザー: システム
説明:
' V:\VMName\Virtual ハード Disks\VMName.vhd'、VMName の仮想マシンのバーチャル ハード_ディスクの再同期に失敗しました '。(仮想マシン ID 11201f14-2111年-4a79-97 d 3-c312d9bcab00、データ ソース ID <Number>、タスク ID cbb6cfa2-cbbc-4f54-9c21-3fecbb84fe44)
</Number>

原因
保護されている VM のデータ ディスクのサイズが 1 テラバイト (TB) 以上である場合、この問題が発生することができます。
解決方法
Azure 内のデータのディスクではサポートされている最大ディスク サイズは、現在、1 TB です。この問題を回避するには、1 TB 以上のハード ディスク toless を減らします。詳細については、次の資料を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3094171 - 最終更新日: 09/18/2015 15:44:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbtshoot kbmt KB3094171 KbMtja
フィードバック