"エラー 3000: アドバイザーのサービスに登録できませんでした"System Center 2012 R2 の Operations Manager のエラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3094195
現象
マイクロソフトの運用管理スイートが (操作の把握と呼ばれていました) の System Center Operations Manager を構成しようとすると、オペレーション マネージャー コンソールで次のエラー メッセージが表示されます。

エラー 3000: アドバイザーのサービスに登録できません。システム管理者に問い合わせてください。
原因
この問題は、次の理由のいずれかで発生します。
  • 管理サーバーのクロックは、5 分以上の現在の時刻と同期していません。
  • 内部プロキシ サーバーまたはファイアウォールには、アドバイザーのサービス エンドポイントとの通信をブロックされています。
解決方法

場合は、クロックが同期されていません。

この問題を解決するには、現在の時刻が一致するようにサーバーの時計の時刻を変更します。これを行うには、管理者は、タイム ゾーンをチェックするよう/tzを実行し、 w32tm の/resyncを実行して、時刻を同期するコマンド プロンプトを開きます。

プロキシまたはファイアウォールが含まれている場合

プロキシの構成によって、できないことがありますアドバイザー サービスに登録します。または、System Center Operations Manager からの操作の管理スイートの背後にあるアドバイザー サービスの一部の通信後に失敗し、特定のシナリオが点灯しなくなるポータルで登録するのには自分が管理している場合でも。このセクションでは、通信と、管理サーバー、コンソールの許可し、運用管理ソフトウェア ・ パッケージが正しく動作するようにエージェントに指示する必要があります、エンドポイントの種類について説明します。

手順 1: サービス エンドポイントに対して例外を要求します。

次のドメインおよび Url は、Azure 運用情報の Web サービスにアクセスする管理サーバーのプロキシ、ファイアウォール経由でアクセスできるする必要があります。
管理サーバー
URLポート
service.systemcenteradvisor.com

scadvisor.accesscontrol.windows.net

scadvisorservice.accesscontrol.windows.net*

.blob.core.windows.net/

*data.systemcenteradvisor.com

ods.systemcenteradvisor.com

*. ods.opinsights.azure.com

*. systemcenteradvisor.com
ポート 443

ポート 443

ポート 443

ポート 443

ポート 443

ポート 443

ポート 443

ポート 443
大量のシナリオとインテリジェンスのパックと OpsMgr エージェント
注: <b>いくつか来年に発表予定のインテリジェンス パック、セキュリティなどの監査、レポートのデータ直接 (管理サーバーによってキュー) クラウドに移行します。これは、OpsMgr に報告し、OpsMgr の管理グループで構成されている場合でも当てはまります。以下は、この種の通信に必要な宛先です。
URLポート
*. ods.opinsights.azure.comポート 443
注: <b>このセクションの手順 2 で指定されているプロキシの設定は、OpsMgr エージェントに自動的に反映されます。
オペレーション マネージャー コンソール
次のドメインおよび Url する必要があります、ファイアウォール経由でアクセスできるアドバイザー Web ポータルおよび (Azure 運用情報への登録を実行するには) に OpsMgr のコンソールを表示するのには。
リソースポート
*. systemcenteradvisor.com

*. live.com

* .microsoft.com。

*. microsoftonline.com

login.windows.net
ポート 80 および 443

ポート 80 および 443

ポート 80 および 443

ポート 80 および 443

ポート 80 および 443
またを使用してサインインしようとするコンピューターの Internet Explorer のプロキシが正しく設定されていることを確認してください。次のように、SSL が有効な web サイトに接続できるかどうかをテストするのには特に有用です。 https://www.bing.com.ブラウザーから HTTPS 接続ができない場合、おそらく動作しませんオペレーション マネージャー コンソールでは、クラウド内の web サービスと通信するサーバー モジュールで。

手順 2: OpsMgr コンソールでプロキシ サーバーを構成します。

  1. OpsMgr のコンソールを開きます。
  2. 管理ビューでは、システム センターのアドバイザー 」ノードの下アドバイザーの接続を選択します。
  3. プロキシ サーバーの構成] をクリックします。
  4. アドバイザー Web サービスへのアクセスにプロキシ サーバーを使用する] チェック ボックスを選択します。プロキシ アドレスを指定して、<http: proxyserver:port="">の形式です</http:>。

手順 3: がプロキシ サーバーが認証を必要とする場合に、OpsMgr の資格情報を指定します。

プロキシ サーバーで認証が必要な場合は、これらの手順に従います。

  1. OpsMgr のコンソールで管理ビューを開きます。
  2. RunAs の構成] ノードの下には、プロファイルを選択します。
  3. System Center のアドバイザーは、プロファイルのプロキシとして実行] をダブルクリックします。
  4. RunAs アカウントを追加する追加] をクリックします。アカウントを作成するか、既存のものを使用します。このアカウントには、プロキシを通過するための十分なアクセス許可が必要です。
  5. オペレーション マネージャーの管理サーバーのグループを対象にするようにアカウントを設定します。
  6. ウィザードの手順を完了し、変更を保存します。
各 OpsMgr の管理サーバーのマネージ コードでプロキシ サーバーを構成します。
オペレーション マネージャーでは、別の設定は、この一般的なエラーを報告するためのものです。ただし、同じモジュールを複数のワークフローで使用するため設定もこのプロキシはアドバイザーのコネクタの機能に影響を与える設定されている場合を終了します。したがって、プロキシを使用することを前提としてお勧めします設定することも、同じプロキシ サーバーが管理サーバーごとに別の場所に設定します。
  1. OpsMgr のコンソールで管理ビューを開きます。
  2. デバイスの管理を選択し、[管理サーバー ] ノードを選択します。
  3. 管理サーバーを右クリックし、プロパティを選択し、[プロキシの設定] タブでプロキシを設定します。管理サーバーごとに同じ操作を行います。

詳細

時間のトラブルシューティングを行うことができます、管理サーバーまたはコンピューターのオペレーション マネージャー コンソールの詳細なトレースを有効にすることによって問題を同期します。詳細については、 Center Operations Manager 2007 のシステムと System Center Essentials では、診断トレーシングを使用する方法.コマンド プロンプト ウィンドウで、次のコマンドを実行します。

StartTracing.cmd VER

問題を再現し、次のコマンドを実行します。
StopTracing.cmd
FormatTracing.cmd

書式設定されたトレースを収集するためにできたとしたら後、は、TracingGuidsAdvisor.log、という名前のトレース ログ ファイルを開き、以下のようなエラーを探します。

[作成 Microsoft.SystemCenter.Advisor.Common] [エラー]: WebServiceCallHelper.CallWebService<T>{webservicecallhelper_cs66} メッセージ セキュリティが正しくない web サービスとの接続のゲートウェイの登録 [例外] の System.ServiceModel.Security.MessageSecurityException を実行する場合: セキュリティのタイムスタンプが古いため、有効期限 (' 2015年-08-28T17:56:34.018Z')、過去の。現在の時刻は、' 2015年-08-28T18:03:27.962Z' '00 で、許可されているクロックス: 継続'.</T>

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3094195 - 最終更新日: 10/14/2015 02:14:00 - リビジョン: 1.0

MPSD MSCOM, Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbtshoot kbmt KB3094195 KbMtja
フィードバック