Exchange Server の管理タスクを実行しようとするときにエラーを「が不足しているアクセス権限操作を実行する」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3096158
現象
マルチ ドメイン環境で、セット-メールボックス ストアとメールボックスの移動などの Microsoft Exchange Server の管理タスクを実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

説明で、作業中のディレクトリ操作が失敗しました。このエラーは再試行可能なではないです。追加情報: 操作を実行するのに十分なアクセス権。Active directory の応答: 00002098: SecErr: DSID 03150889、4003 (INSUF_ACCESS_RIGHTS) の問題データ 0

Exchange ユニバーサル セキュリティ グループが存在するドメイン内のメールボックスに対してコマンドレットを実行している場合にのみ、この問題が発生します。たとえば、この問題の occurswhen を実行しているコマンドレット Exchange 信頼済みサブシステム内のメールボックスに対して。
原因
この問題は、同じフォレスト内のドメイン間で SID フィルターの検疫が有効になっている場合に発生します。この機能をオンにすると、Exchange ユニバーサル セキュリティ グループが存在するドメインには他のドメイン内のユーザーのすべてのトークンからユニバーサル セキュリティ グループの Sid が破棄されます。つまり、ユーザーの Exchange 信頼されたサブシステムでは、Exchange サーバーに置かれるなどのメンバーであることはできませんそれらのメンバーは、他のドメインにある場合は、Exchange の信頼されたサブシステムのメンバーとしてを動作するように。Exchange 管理コマンドレットでは、コンピューター アカウントのセキュリティ コンテキストを使用して、受信者の更新、ためには、エラーが発生する、そのドメイン内の受信者を更新するすべての試みになります。
解決方法
この問題を解決するには、を有効にしない、同じフォレスト内のドメイン間で SID フィルターを隔離します。SID のフィルター検疫を無効にする方法については、次の資料を参照してください。
詳細
SID のフィルター検疫の詳細については、次の資料を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3096158 - 最終更新日: 12/04/2015 01:31:00 - リビジョン: 1.0

  • kbsurveynew kbmt KB3096158 KbMtja
フィードバック