サービス管理の自動化 (SMA) およびサービス プロバイダーの基盤の「遠隔測定」を無効にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3096505
概要
サービス管理の自動化 (SMA) およびサービス プロバイダーの基盤 (SPF) の送信が診断し、ユーザーの選択に基づいて、接続のデータをマイクロソフトにします。
詳細
マイクロソフトでは、(データ) をインターネット経由で診断し、接続データを自動的に収集します。マイクロソフトでは、提供し、品質、セキュリティ、および Microsoft の製品とサービスの整合性を向上させるためにこのデータを使用します。たとえば、パフォーマンスと信頼性をどのような機能を使用することなどの状況を分析、速さ、機能対応、デバイスのパフォーマンス、ユーザー インターフェイスの相互作用、および製品で発生する問題です。データには、現在実行しているソフトウェアのバージョンや、IP アドレスなど、ソフトウェアの構成に関する情報も含まれています。

この機能は有効になっているただし既定では、管理者はいつでもこの機能を無効にできます。SMA での使用状況との接続性データの共有を無効にするには、次の手順を実行します。
  1. 展開に SMA の PowerShell モジュールをインポートします。
  2. サービス管理の自動化 (SMA) の使用方法および接続のデータの共有を無効にするのには、次の PowerShell コマンドレットを実行します。
    Set-SmaAdminConfiguration -WebServiceEndpoint <String> [-AuthenticationType <String>] -Telemetry $false

使用法との接続性データの共有サービス プロバイダーの基盤 (SPF) を無効にするには、0 に SPF のサーバー上で「HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Service のプロバイダーの基礎」下の"DiagnosticAndUsageDataEnabled"のレジストリ サブキーの値を設定します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3096505 - 最終更新日: 11/22/2015 22:29:00 - リビジョン: 1.0

Windows Azure Pack, Microsoft System Center 2012 R2 Orchestrator, Microsoft System Center 2012 Orchestrator Service Pack 1

  • kbqfe kbsurveynew kbhowto kbexpertiseinter kbmt KB3096505 KbMtja
フィードバック