頻繁にアプリケーションでは、接続プールに接続または SQL Server の接続を切断するときにパフォーマンスの低下を修正します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3097636
現象
次のようなシナリオを想定してください。
  • Microsoft SQL Server 2012年への接続接続プールを使用するいくつかのアプリケーションがあります。
  • SQL Server に接続するアプリケーションで使用される多くの異なる、または異なるログインがあります。
  • アプリケーションには、非常に頻繁に接続のクエリの切断パターンがあります。Perfmon では、MSSQL$ で<instancename></instancename>接続リセットの 1 秒あたりの値-> 全般の統計は、何千ものです。SQL Server という名前をクリーンアップし、新しいログインを使用するように、プールされた接続の接続状態をリセットするsp_reset_connectionストアド プロシージャを実行します。
このシナリオでは、パフォーマンスが低下またはスループットと SQL Server 上の高い CPU 使用率が発生する可能性があります。

: 場合は、待機の統計を監視している場合もありますCMEMTHREADの待機のタイプの影響を受ける期間中に増加します。

ログインは、 sysadminロールに属している場合、この問題は発生しません。上に格納されているデータと SQL Server のインスタンスを保護するために必要な最小限の特権を持つログインをお勧めします。
解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、このサポート技術情報の記事の上部にある「修正プログラム ダウンロード使用可能な"セクションがあります。このセクションが表示されない場合は、修正プログラムを取得するには、マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートに要求を送信します。

注: <b> さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムに該当しない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b> 「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが使用できないためです。

レジストリ情報

このパッケージで修正プログラムを使用するには、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムでは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3097636 - 最終更新日: 10/10/2015 08:46:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB3097636 KbMtja
フィードバック