"停止、待機で Microsoft Outlook 2016 Office 2016」または「ログオンできません」のエラーをインストールする必要があります

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3098831
現象
2016 の Microsoft Office にアップグレードすると、インストール プロセス中に次のエラー メッセージが表示されます。

停止、2016 の Office をインストールするのには待機する必要があります。
現在のメールボックスからメールを受信することはできません。
Outlook 2016 には、Exchange サービスの自動検出サービスへのアクセスが必要です。プロバイダーのメールボックスまたはこの問題についてシステム管理者に連絡する場合があります。



このままインストールを選択して、Outlook の 2016年をアップグレードして、Outlook を起動して、次のエラー メッセージが表示されます。

Outlook がログオンできません。インターネットに接続し、適切なサーバーとメールボックス名を使用していることを確認します。

[Ok]をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。

Microsoft Outlook を起動することはできません。Outlook のウィンドウを開くことができません。一連のフォルダーを開くことができません。

注: <b>Outlook がこれらのエラー メッセージが表示される前にいくつかの分のスプラッシュ画面でフリーズします。
原因
2016 の Office の更新処理は、自動検出サービスがアクセス可能ではないことを判断した場合に、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されます。更新プロセスは、いくつかの既知の問題が発生したかどうかを決定する現在の Outlook の構成を確認します。

Office 2016 へのアップグレードをこのままインストールを選択すると、Outlook を起動し、Outlook が自動検出が構成されていないか、正常に動作しないために、Microsoft Exchange Server の自動検出サービスに接続することがない場合があります。これには、エラー メッセージが生成されます。

Outlook をアップグレードするか、新しいプロファイルを作成して後、は、初めて Outlook を起動する Outlook プロファイルを構成する自動検出が必要です。

この問題は、次の理由の 1 つの発生可能性があります。
  • Outlook の以前のバージョンは、自動検出をしなくても、Exchange Server に接続するために構成されました。これは、サーバーの設定を手動で指定します。Outlook の 2016年の Exchange アカウントを手動で構成するオプションは利用可能ではありません。
  • 自動検出では、以前利用可能だったは使用できなくします。
解決方法
この問題を解決するのには、Exchange Server の管理者またはサービス プロバイダーを確認してください自動検出が機能し、2016 の Outlook からアクセスできます。
詳細
2016 の Outlook と Exchange Server との間の最初の接続時に自動検出が必要があります。Outlook が自動的に接続設定を構成するのには自動検出を使用するためです。Outlook の以前のバージョンでは、重要な機能を有効にするのに自動検出も使用されます。

自動検出を構成する方法の詳細については、以下の資料を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3098831 - 最終更新日: 12/23/2015 05:39:00 - リビジョン: 3.0

Outlook 2016

  • kbtshoot kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB3098831 KbMtja
フィードバック