イベント ID 1309 とすることはできませんアクセス OWA および ECP 2016 の Exchange Server や Exchange Server 2013年をインストールした後

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3099532
現象
Exchange Server 2016or Microsoft Exchange Server 2013年を正常に installedMicrosoft。インストール プロセス可能性があります失敗またはいくつかの段階で中断し再開し、され最後に正常に完了しました。ただし、Exchange コントロール パネル (ECP) または Outlook Web App (OWA) にアクセスしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

問題が発生しました。

申し訳ありませんが、その情報を今すぐ取得ことはできません。後でもう一度やり直してください。問題が引き続き発生する場合は、ヘルプデスクに問い合わせてください。


エラー メッセージのスクリーン ショット

さらに、アプリケーション ログに次のイベントが記録される場合があります。

Log Name:  ApplicationSource:  ASP.NET 4.0.30319.0Event ID:  1309Task Category:  Web EventLevel:  WarningKeywords:  ClassicUser:  N/AComputer:  Exch2.contoso.comDescription:Event code: 3005Event message: An unhandled exception has occurred.Event ID: f23d9d455f3145068c57286262ac517fEvent sequence: 1Event occurrence: 1Event detail code: 0Application information:        Application domain: /LM/W3SVC/2/ROOT/owa-5-130879214460462920  Trust level: Full  Application Virtual Path: /owa  Application Path: C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\ClientAccess\owa\  Machine name: EXCH2Process information:  Process ID: 4348  Process name: w3wp.exe  Account name: NT AUTHORITY\SYSTEMException information:  Exception type: TargetInvocationException  Exception message: Exception has been thrown by the target of an invocation.  at System.RuntimeTypeHandle.CreateInstance(RuntimeType type, Boolean publicOnly, Boolean noCheck,   Boolean&canBeCached, RuntimeMethodHandleInternal&ctor, Boolean&bNeedSecurityCheck)    • SharedWebConfig.config is missing from either of these locations:      C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\FrontEnd\HttpProxy      C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\ClientAccess
原因
この問題は、SharedWebConfig.config は、以下のいずれかに表示されない場合に発生します。

  • C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\FrontEnd\HttpProxy
  • C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\ClientAccess

解決方法
手動でこの問題を解決するには、以下の手順を実行します。

  1. サーバーでは問題に直面している、ファイルが抜けている場所を特定します。
  2. 必要なファイルを生成します。

    1. 実行 cd %ExchangeInstallPath%\bin 現在のディレクトリを変更するのには、 Exchange インストール パスの下にあるフォルダーです。
    2. ファイルを生成するのにには、DependentAssemblyGenerator.exe ツールを使用します。
      • ファイルが C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\ClientAccess に表示されない場合は、次のコマンドを実行します。
        DependentAssemblyGenerator.exe -exchangePath "%ExchangeInstallPath%\bin" -exchangePath "%ExchangeInstallPath%\ClientAccess" -configFile "%ExchangeInstallPath%\ClientAccess\SharedWebConfig.config"
      • ファイルが C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\FrontEnd\HttpProxy に表示されない場合は、次のコマンドを実行します。
        DependentAssemblyGenerator.exe -exchangePath "%ExchangeInstallPath%\bin" -exchangePath "%ExchangeInstallPath%\FrontEnd\HttpProxy" -configFile "%ExchangeInstallPath%\FrontEnd\HttpProxy\SharedWebConfig.config"
    3. 実行 IISRESET、またはサーバーを再起動します。
詳細
セットアップのインストール後の段階では、SharedWebConfig.config ファイルが生成されます。中断後のセットアップが再開されると場合、は、中断する前に正常にインストールされている役割のインストール後の手順を行うことはできません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3099532 - 最終更新日: 10/16/2015 23:33:00 - リビジョン: 0.1

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB3099532 KbMtja
フィードバック