Windows 2000 および Windows Server 2003 では、8 つ以上の Lun のサポートを追加します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:310072
重要: この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。レジストリを変更する前には、必ずレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を必ず知っておいてください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
256986 Microsoft Windows レジストリについての説明
概要
この資料では、多数の Windows サーバー製品では、論理ユニット番号 (Lun) のサポートについて説明します。8 個を超える Lun を持つサーバーを構成すると、ハードウェアの製造元でなければなりません関連の計画と構成。構成したい項目を達成するためにいくつかの方法がある可能性があります。ハードウェアの製造元は、必要な情報を指定するのには最適な装備です。この資料は、包括的なハードウェア ・ ベンダーが使用できるさまざまな実装のためにあるものではありません。ハードウェアの製造元を確認して、ハードウェアが 8 以上の Lun をサポートする方法を問い合わせてください。Windows Server 製品は、までサポートします。
  • アダプターごとの 8 のバス
  • バスあたり 128 のターゲット Id
  • ターゲット ID につき 255 の Lun
詳細
警告: [レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題が発生すると、オペレーティング システムを再インストールする必要がある場合があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。

この資料で使用される用語

  • ホスト バス アダプター (HBA): これは、ストレージ ・ デバイスに接続されているコント ローラーです。両方のトポロジは、8 つ以上の Lun をサポートできるため、SCSI またはファイバー コント ローラーがある可能性があります。
  • 記憶装置: これは、HBA の接続先のアレイのコント ローラーです。これは、ドライブを制御するデバイスです。
  • 大規模な LUN: これは、8 つ以上の Lun をサポートしていることを一般的に使用される用語です。

Windows NT 4.0

大きな LUN のサポートは、Service Pack 4 (SP4) とそれ以降のサービス パックで Windows NT 4.0 のサーバーに追加されました。この機能は、関連付けられているストレージ ・ デバイスは、SCSIレポートの LUNコマンドをサポートしている場合のみです。SP4 をインストールするか、後で、次のレジストリ値を手動で追加する必要があります。
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ドライバー名\Parameters\LargeLuns

REG_DWORD の値のデータ値が 0x1 の値として定義しておく必要があります。
注意してください。 ドライバー名 大きな LUN のサポートを有効にドライバーの名前です。これにより、大規模な lun を有効にするのには指定されたドライバーによって制御されているすべての Hba が原因です。"LargeLUNs"が複数形であるにも注意してください。推奨の Windows NT 4.0 Service Pack 6a (SP6a) LargeLunsを使用する Windows NT 4.0 ベースのサーバーのです。Windows NT 4.0 と LargeLun の問題の詳細についてはサポートは、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
245637 いくつかの大規模な LUN 番号では利用できないコンピューターです。

Windows 2000 およびそれ以降

Windows 2000 が、大規模な Lun をサポートしていますが、それを有効にする方法は、ドライバーとハードウェアの実装によって異なります。ストレージ ・ デバイスは、HiSupport ビットの標準的な照会データを報告する、手動でレジストリ エントリを必要とせず大規模な Lun は、Windows によって自動的に有効にします。ストレージ ・ デバイスが、HiSupport ビットを報告するかどうかを決定するハードウェアの製造元に問い合わせてください。ハードウェア ドライバーは可能性があります、インストール ルーチンの中に大きな LUN のサポートもできます。

ハードウェアは、HiSupport ビットまたはドライバーに大きな LUN サポートが有効にしないを報告していない場合、は、手動でレジストリ エントリが必要です。この機能は、ストレージ ・ デバイスは、SCSIレポート LUNコマンドをサポートしている場合のみです。大規模な Lun を有効にするレジストリの編集、デバイスのハードウェア Id とレジストリ エントリの詳細な知識が必要です。これは、最優先の方法です。詳細については、ハードウェアの製造元にお問い合わせください。必要なレジストリ エントリを構成するのには次の手順に従います。
  1. ストレージ ・ デバイスのハードウェア ID を検索します。ハードウェア ID を検索するには。
    1. Regedit.exe を起動し、次の場所をクリックします。
      HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\SCSI
    2. システムにより列挙されるディスクやストレージ ・ デバイスが一覧表示されます。LargeLUNs を有効にするストレージ ・ デバイスは、ディスク & いうで始まるリストに表示する必要があります。ディスク & いうテキストの後、ストレージ ・ デバイスの名前が認識可能な必要があります。
    3. 適切なストレージ ・ デバイスのハードウェア ID を検索するには、ストレージ ・ デバイスのさまざまなインスタンスを表示する別のディスク & いうキーを開きます。各インスタンスの下で右に説明が付いてFriendlyName値が表示されます。
    4. ストレージ ・ デバイスを見つけたら後、は、インスタンス名のいずれかのhardwareIDをダブルクリックします。これは通常、 FriendlyName値で表示されます。
    5. 値のデータには、ストレージ ・ デバイスのハードウェア ID が一覧表示されます。多くの場合、いくつかのハードウェア Id が一覧表示されます。これらのハードウェア Id のいずれかのみをコピーします。"SCSI\"の後の値の部分のみをクリップボードにコピーしてください。

      メモ: 同じデバイスに対して複数のハードウェア Id がある可能性があります。これは、同じデバイスのファームウェアの異なるリビジョンのさまざまな方法でデバイスが検出される可能性があるために発生します。次の手順で別のハードウェア Id の各試行する必要があります。これですべての問題がある場合、ストレージ ・ デバイスのハードウェアの製造元に問い合わせてください。
  2. ハードウェア ID を使用する前の手順は、以下の適切なストレージ ・ デバイス用の大きな LUN のサポートを有効にするのには、次の手順を実行します。
    1. 見つけて次のレジストリ キーをクリックします。
      HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\ScsiPort\SpecialTargetList
    2. [編集] メニューから[新規作成] を選択し、[キー] をクリックします。
    3. New Key #1という名前の新しいキーが作成されます。New Key #1を右クリックし、以前にコピーしたハードウェア ID を貼り付ける貼り付けを] をクリックします。

      : を右クリックしてNew Key #1では、 New Key #1が適切な状態でない場合、もう一度データを貼り付けようとするとするために使用できる名前の変更コマンドも表示されます。
    4. 新しいキーを作成した後は、1 の値を持つLargeLunsをという名前の新しい DWORD 値を作成します。

      :「LargeLuns」は複数形です。
  3. コンピューターを再起動します。

大きな LUN のサポートを手動で有効化に伴う問題

大きな LUN のサポートを有効にした後、重複しているディスクがあります。これは、HBA ドライバーは、独自の方法が手動でレジストリ エントリを組み合わせることで大きな LUN のサポートを有効にする場合に発生します。問題は、Windows LargeLuns の機能と HBA の LargeLuns 機能の両方が有効になっている場合に発生します。

論理ユニット 0 が存在しない場合は、レポートの LUNコマンドは、ターゲット ・ デバイスに送信できません。ユニットがディスク ・ アレイ内に存在する場合でも、Windows は 8 個の論理単位を列挙します。大規模な構成は、最小化するために必要なサイズの構成を決定するために必要な時間をサポートします。論理ユニットの数はいくつかのシステム上の 255 程度にできるので (0 - 254)、ロット、実在の論理ユニットに照会コマンドを送信することに時間を費でしょう。Storageshould から返された任意の LUN 番号が 0 からの範囲であることを通知 254 です。
LUN 数が 254 を超える任意の LUN は、Windows オペレーティング システムによって認識されません。特定ハードウェアを使用する他のパラメーターについて、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。

Windows が大規模な Lun にアクセスできる場合でもその他の環境変数を考慮する必要がある可能性があります。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
277222 多数の論理ユニットおよびボリュームを作成するとき、システムが起動しない場合があります。
詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
208173 LargeLuns レジストリ キーを有効にすると、LUN 0 を複製します。

SpecialTargetList キーの追加のパラメーター

Windows 2000 の場合と、後では、 SpecialTargetListキーの下に使用できるいくつかの追加パラメーターがあります。ものがあります。
  • SparseLun - 非連続の LUN の一覧を許可します。
  • OneLun - スキャン LUN 0 だけです。
  • LargeLuns - デバイスは、7 つ以上の Lun をサポートしています。
  • SetLunInCdb ・ デバイスには、送信 Cdb での LUN が必要です。
  • NonStandardVPD ・ デバイスには、VPD 0x83 が 0x80 ではありませんがサポートされています。
  • BinarySN ・ デバイスでは、バイナリのシリアル番号を返します。
これらのキーが表示される順序でチェックします。各レベルでの情報は、論理的に「論理和を取った」こと前レベルから。
mscs qlogic 2100 2200 emulex 6000 7000 8000 9000 ストレージ エリア ネットワーク san hisup

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:310072 - 最終更新日: 05/26/2016 02:52:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard

  • kbenv kbinfo kbmt KB310072 KbMtja
フィードバック