現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

コピーし、ファイルやフォルダーを移動するときのアクセス許可を処理する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:310316
概要
Microsoft Windows 2000、Microsoft Windows Server 2003、および Microsoft Windows XP で、いずれかを使用するオプションがあります。FAT32 ファイル システムまたは NTFS ファイル ・ システム。NTFS を使用するを与えることができます。これらのオブジェクトへのアクセスを制御するアクセス許可、フォルダーおよびファイルへ。時コピーまたはファイルまたはフォルダーが NTFS ボリューム上の移動方法Windows エクスプ ローラーのハンドルは、オブジェクトに対するアクセス許可によって異なります、によってオブジェクトをコピーまたは移動するかどうか 同じ NTFS ボリュームへ、 異なります ボリュームです。Windows エクスプ ローラーがファイルを処理する方法この資料について説明します。さまざまな状況でのフォルダーのアクセス許可。
詳細
既定では、オブジェクトのアクセス許可を親からの継承します。オブジェクトを作成または、コピーまたは移動するときに、その親フォルダー。オブジェクトを移動すると、この規則に対する唯一の例外が発生します。同じボリュームの別のフォルダーにします。この場合は、元アクセス許可は保持されます。

さらに、次の規則に注意してください。
  • Everyone グループ フル コントロールの許可が与えられています。各 NTFS ドライブのルートへの権限。
  • 拒否するアクセス許可は、常に許可より優先されます。アクセスを許可します。
  • 明示的なアクセス許可継承優先アクセスを許可します。
  • NTFS アクセス許可: たとえば、グループと競合する場合、ユーザーのアクセス許可が矛盾する - 自由のほとんどのアクセス許可を実行します。優先順位。
  • アクセス許可は累積されます。
  • ファイルやフォルダーをコピーするときのアクセス許可を保持するのにはまたは、移動、Xcopy.exe ユーティリティ、/O または/X スイッチを使用します。

    は、オブジェクトの元のアクセス許可の追加する継承可能なアクセス許可] で、新しい場所です。
  • オブジェクトの元のアクセス許可の継承を追加するのにはコピーまたは、オブジェクトを移動するときのアクセス許可を使用して、Xcopy.exe ユーティリティを使用、– O および返りを切り替えます。
  • 既存のアクセス許可を追加せず継承を維持するにはその親フォルダーからアクセス許可を使用しては、Robocopy.exe ユーティリティ、Windows 2000 リソース キットで使用できます。詳細については『 Windows 2000 リソース キット 』 には、次のマイクロソフト Web を参照してください。サイト:
Windows エクスプ ローラーを処理する方法を変更することができます。オブジェクトをコピーまたは別の NTFS ボリュームに移動する場合は、アクセスを許可します。コピーまたは、オブジェクトを別のボリュームに移動すると、オブジェクトの継承は、その新しいフォルダーのアクセス許可をします。ただし、この動作を変更する場合元のアクセス許可を保持、次のように、レジストリを変更します。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 レジストリ エディター で、 ファイルを開く ボックスで、しENTER キーを押します。
  2. 見つけて、次のレジストリ キーをクリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

  3. で、 編集 メニューをクリックして 値を追加します。、し、次のレジストリ値を追加します。
    値の名前: ForceCopyAclwithFile
    データを入力します。 DWORD
    [値のデータ: 1
  4. レジストリ エディターを終了します。
オブジェクト同じ NTFS ボリューム内に移動したときに、Windows エクスプ ローラー アクセス許可を処理する方法を変更することができます。同じボリューム内でオブジェクトを移動すると、説明したように、既定では、アクセス許可オブジェクトが保持されます。ただし、オブジェクトが親フォルダーからアクセス許可を継承するようにこの動作を変更する場合は、レジストリは次のとおり変更します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し、ENTER キーを押します。
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer
  3. で、 編集 メニューをクリックして 値を追加します。、し、次のレジストリ値を追加します。

    値の名前: MoveSecurityAttributes
    データを入力します。 DWORD
    [値のデータ: 0
  4. レジストリ エディターを終了します。
  5. オブジェクトを移動するために使用するユーザー アカウントがあることを確認してください、 アクセス許可の変更 アクセス許可を設定します。アクセス許可が設定されていない場合は、付与、 アクセス許可の変更 ユーザー アカウントのアクセス許可。
メモ MoveSecurityAttributes レジストリ値には、Windows xp および Windows Server 2003 にのみ適用されます。値は、Windows 2000 には影響しません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:310316 - 最終更新日: 07/25/2011 01:40:00 - リビジョン: 2.0

  • kbinfo kbmt KB310316 KbMtja
フィードバック
="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?"> 1&t=">