現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Fdisk 使用後 NTFS 論理ドライブを参照できない

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Windows 95 または Windows 98 とのデュアルブート環境で Windows XP を起動し、Fdisk ツールを使用して FAT (ファイル アロケーション テーブル) ファイル システムの論理ドライブを削除すると、Windows XP の再起動後、論理ディスク マネージャに論理ドライブが表示されなくなる場合があります。

たとえば、次の操作を実行した場合、この現象が発生する可能性があります。
  • プライマリ FAT ファイル システム パーティションをドライブ C として、Windows XP と Windows 95 をデュアルブートするようにコンピュータを構成する。
  • Windows XP で次の 2 つの論理ドライブを構成する。
    • NTFS を使用するドライブ D

      および
    • FAT ファイル システムを使用するドライブ E
  • Fdisk 実行時、FAT ファイル システムを使用する論理ドライブ (Fdisk ではドライブ D という名前が付けられるが、Windows XP ではドライブ E) だけが表示される。
  • ドライブ D を削除しようとすると、実際には NTFS 論理ドライブが削除される。
原因
Fdisk では拡張パーティションの NTFS 論理ドライブが認識されないため、FAT ファイル システムの論理ドライブの前に NTFS 論理ドライブが存在する場合、NTFS 論理ドライブが削除されます。
解決方法
論理ドライブで NTFS ファイル システムと FAT ファイル システムの両方を使用している場合は、論理ディスク マネージャを使用して、論理ドライブに変更を加えます。この構成で Fdisk の使用はサポートされません。

ディスク マネージャを開くには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] を右クリックして、[管理] をクリックします。
  2. [コンピュータの管理] ウィンドウで、[記憶域] の下の [ディスクの管理] をクリックします。
論理ディスク マネージャが表示され、使用可能なディスクとそれらのパーティション情報が表示されます。

もう一度 Fdisk を実行した場合、FAT ファイル システムを使用している論理ドライブを正しく削除できます。

プライマリ パーティションが NTFS に設定されている場合、そのパーティションは、Windows 95 の Fdisk では DOS 以外のパーティションとして、Windows 95 OEM Service Release 2 (OSR2) および Windows 98 の Fdisk では NTFS パーティションとして認識されます。

Windows XP とのマルチ ブート システムの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
306559 HOW TO: Create a Multiple-Boot System with Windows XP
306559 [HOW TO] Windows XP とのマルチブート システムを作成する方法
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 310359 (最終更新日 2002-01-22) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:310359 - 最終更新日: 12/01/2007 02:21:00 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • kbprb KB310359
フィードバック