現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Flash 5.0 をインストールすると Windows 保護エラーが表示される

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP310387
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Flash を有効にしている Web サイトから Flash 5.0 をインストールして実行しようとしたとき、"Windows ファイル保護" エラー メッセージが表示される場合があります。
原因
Swflash.ocx は Windows ファイル保護 (Windows File Protection: WFP) によって保護されているシステム ファイルです。この現象は、Flash のインストール時にこのファイルを置き換えようとしたときに発生します。
状況
弊社は、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
Flash Player をダウンロードするには、次に示す Macromedia 社の Web サイトにアクセスしてください。この資料に記載されている他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、お客様の便宜のため、参考情報として提供されているもので、将来予告なしに変更されることがあります。弊社は、掲載している情報に対して、いかなる責任も負いかねます。

この資料に記載されている製品は、弊社と関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性について、弊社はいかなる責任も負いかねます。

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 310387 (最終更新日 2001-10-22) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号:310387 - 最終更新日: 01/11/2015 21:08:30 - リビジョン: 1.3

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kberrmsg kbfix kbwinxppresp1fix kbwinxpsp1fix KB310387
フィードバック