Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーの更新プログラム ロールアップ 8

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3103917
はじめに
この資料では、Microsoft Azure のサイト回復のプロバイダーの更新プログラムのロールアップ 8 (バージョン 5.1.1256) に含まれる修正プログラムについて説明します。について説明します 修正プログラムの詳細 とは、 前提条件 この更新プログラムをインストールする前に検証する必要があります。
概要
Microsoft Azure サイト復旧プロバイダーを Windows Azure の HYPER-V Recovery Manager のプロバイダーのバージョン 5.1.1000 またはそれ以前のバージョンがインストールされているすべてのシステムに適用するには、この更新プログラム ロールアップ 8 にします。これらを以下に示します。
  • Microsoft Azure の System Center Virtual Machine Manager (3.3 のサイト回復プロバイダー。x.x)
  • Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーの HYPER-V (4.6。x.x)
  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (5.1.x.x)


この更新プログラムで修正される問題
この更新プログラムを適用した後は、次の問題が修正されます。
  • 2012 R2 の HYPER-V クラスターに Azure のサイトの回復を使用して保護されている仮想マシンのフェールオーバーをテストが失敗し、バーチャル マシンを起動するための十分なリソースを 1 つまたは複数のクラスター ノードがあるにもかかわらず、次のエラー メッセージが表示されます。
    仮想マシン 'vmname' を開始できませんでした (エラー コード: 25005)

    プロバイダー エラー: Windows リモート Management(WS-Management) サービスは、要求を処理できません。[サーバー (オブジェクトが見つかりませんでした。サーバー名)
    考えられる原因 : このセカンダリ サイト上のリソースの不足のため発生します。
    推奨: セカンダリ ・ サイトに必要なメモリとストレージの容量が利用できることを確認します。
  • 保護グループの作成操作が失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    操作は中止されました。(エラー コード 535)
    原因として考えられます。 操作がタイムアウトになりました。VMM ハイパー-V と構成サーバーは、vault と通信できませんでした、HYPER-V ホストへの接続が失われた、ユーザーによる操作が保留中、時間または Microsoft Azure で操作がタイムアウトにします。
    に関する推奨事項: 問題を解決し、操作を再試行します。

  • サーバーの更新の詳細情報のジョブが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
    VMM と構成サーバー<server name="">のクラウドとサイト情報を更新することができませんでした。(エラー コード: 10013)</server>
    プロバイダー エラー: VMM ハイパー-V と構成サーバーの内部エラーが発生しました。直前の操作を再試行してください。問題が解決しない場合は、サポートに問い合わせてください。(プロバイダーのエラー コード: 0)
    原因が考えられます:/構成の VMM サーバーとホストが接続されていることを確認します。
    推奨: 問題を解決し、操作をやり直してください。
  • Azure のサイトの回復エージェントは、「切断」になった状態をフェールオーバーする 1 つのパッシブ ノードにクラスター化された、VMM サーバーです。

更新プログラムの情報

これらの問題を解決するには、次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です。


Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この更新プログラムをインストールするには、Microsoft Azure HYPER-V Recovery Manager プロバイダー (バージョン 3.5.468.0 またはそれ以降のバージョン)、Azure のサイトの回復 (バージョン 4.6.660 またはそれ以降のバージョン) または Azure のサイトの回復をいる必要があります (バージョン 5.1.1000 またはそれ以降) がインストールされています。

注: <b>コントロール パネルの [プログラムと機能] でインストールされているプロバイダーのバージョンをチェックすることができます。

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はありません。この更新プログラムは自動的に、システム Center Virtual Machine Manager サービスを停止します。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3103917 - 最終更新日: 12/10/2015 09:46:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Azure Recovery Services

  • kbqfe kbsurveynew atdownload kbmt KB3103917 KbMtja
フィードバック