Exchange Server 2013年環境内のリモート PowerShell セッションを作成するときに、WSMan InvalidShellID エラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3105389
現象
次のような状況を考えます。
  • Microsoft Exchange サーバーを Exchange Server 2013年環境の別の累積的な更新を展開するとします。
  • 構成する、 ロード バランサー PowerShell の http セッション アフィニティと名前空間を使用するしません。
  • ロード バランサー経由のリモート PowerShell セッションを作成するのにには、次の Exchange 管理シェルを使用します。

    $Session = PSSession では新しい ConfigurationName - Microsoft.Exchange - ConnectionUri http://shell.contoso.com AllowRedirection
    $Session のインポート-PSSession
このシナリオでは、接続は成功ではありません。さらに、次のような WSMan InvalidShellID エラーが表示されます。
新しい-PSSession: リモート サーバーに shell.contoso.com からのデータの処理を [shell.contoso.com] は、次のエラー メッセージで失敗しました: [ClientAccessServer=Server1,BackEndServer=Server.contoso.com、RequestId =Id 番号:、タイムスタンプ =日付/時刻[FailureCategory = WSMan InvalidShellID]、Windows リモート シェルの ShellId の要求 ShellIDNumner サーバー上のシェルが見つからなかったために失敗しました。考えられる原因: 指定された ShellId が正しくないまたはシェルが、サーバーに存在しません。正しい ShellId を提供する、新しいシェルを作成または操作を再試行してください。詳細については、bout_Remote_Troubleshooting のヘルプ トピックを参照してください。
[….]
原因
この問題は、同じメールボックス サーバーにリモート PowerShell セッションを常にルーティングされていないために発生します。
回避策
この問題を解決するには、次の方法のいずれかをご使用ください。
  • セッション アフィニティまたは永続化を使用するロード バランサーを構成します。
  • 負荷分散で同じの累積的な更新プログラムのビルドを使用して Exchange サーバーが存在します。
解決方法
この問題を解決するのには次のようにインストールします。 累積的な更新 11 またはそれ以降 Exchange Server 2013年の累積的な更新.
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

Rekvizīti

Raksta ID: 3105389. Pēdējo reizi pārskatīts: 12/15/2015 18:30:00. Pārskatījums: 1.0

Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbsurveynew kbqfe kbexpertiseinter kbfix kbmt KB3105389 KbMtja
Atsauksmes