Windows XP にアップグレードするとパスワードが消去される

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Windows 98、Microsoft Windows 98 Second Edition、または Microsoft Windows Millennium Edition (Me) から Windows XP にアップグレードすると、保存されていた一部のパスワードが消去されます。Windows XP をアンインストールしても、これらのパスワードは復元されません。
原因
Windows XP では、より安全な暗号化方式を使用してパスワードが保存されます。以前の安全性の低いパスワードの一覧ファイルがインターネット上の悪意のあるユーザーに利用されるのを防ぐため、Windows XP へのアップグレード中に、パスワードの一覧ファイルが削除され、新しいファイルが作成されます。コンピュータの安全性を高めるために、これらのファイルは Windows XP のアンインストール情報には保存されません。
解決方法
この問題に対する回避策はありません。パスワードを要求された場合、適切なパスワードを再作成する必要があります。
詳細
この問題は、次のような Windows パスワードに影響します。
  • ダイヤルアップ接続のパスワード
  • ログオン パスワード
  • ドメイン パスワード
  • ネットワーク共有のパスワード
パスワードの一覧ファイルがコンピュータに残っていると、セキュリティ上の問題が発生するおそれがあります。これを防ぐために、パスワードの一覧ファイルは削除されます。Windows XP へのアップグレード前にパスワードの一覧ファイル (.pwl) をバックアップしておくと、後で Windows 98、Windows 98 Second Edition、または Windows Me に戻す場合に、バックアップした .pwl ファイルを復元できます。

この問題は、Microsoft Windows 2000 からアップグレードした場合には発生しません。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 310562 (最終更新日 2001-11-08) をもとに作成したものです。
プロパティ

文書番号:310562 - 最終更新日: 01/11/2015 21:08:44 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbupgrade kbprb KB310562
フィードバック