カスタムの XSLT コードを含む SharePoint Online の Web パーツがレンダリングされない、またはエラー メッセージが表示される

現象
SharePoint Online で、カスタムの XSLT コードを使用可能な Web パーツにインポートして構成し、XSLT コードを実行します。当該 Web パーツをレンダリングしようとすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
"Unable to display this Web Part. To troubleshoot the problem, open this Web page in a Microsoft SharePoint Foundation-compatible HTML editor such as Microsoft SharePoint Designer. If the problem persists, contact your Web server administrator. "

(この Web パーツを表示できません。この問題のトラブルシューティングを行うには、Microsoft SharePoint Foundation と互換性のある Microsoft SharePoint Designer などの HTML エディターでこの Web ページを開いてください。問題が解決しない場合は、Web サーバーの管理者に問い合わせてください。)


また、DataFormWebPart が断続的に表示されない可能性があります。
回避策
この問題を回避するには、SharePoint Designer 2013 で以下のアクションを 1 つ以上実行し、調整制限に達しているご利用の Web パーツの調整制限数を削減する必要があります。
  • 以下の既存の値を新しい値に置換し、コードのサイズを縮小します。
    既存の値新しい値
    ddwrt:EscapeDelims(string(@ID))@ID
  • <SharePoint:FieldDescription> 文字列をすべて削除します。
  • [編集] ページで表の行を複数の XSL テンプレートに分割し、<xsl:template name="dvt_1.rowedit"> に対する XSL テンプレートを複数の XSL テンプレートに分割します。SharePoint Designer 2013 を使用し、文字列を編集および追加することで実行できます。
追加情報
この問題は、XSLT コードが SharePoint Online で制限がかかっている場合に発生します。SharePoint Online サービスの最適なパフォーマンスおよび信頼性を維持するため、以下の状態のいずれかまたは両方に該当する場合は、カスタムの XSLT の実行に対する調整制限が超過する可能性があります。
  • カスタムの XSLT によりスタック オーバーフローが生じる。
  • XSLT の実行に 1 秒より長い時間がかかる。

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3105629 - 最終更新日: 10/23/2015 02:56:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office SharePoint Online

  • o365 o365e o365p o365a o365m o365022013 KB3105629
フィードバック