現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

HYPER-V ホスト用のウイルス対策の除外を推奨

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3105657
概要
ウイルス対策ソフトウェアがインストールされ、HYPER-V ホスト上で実行中の場合は、あるいくつかの除外リストとオプションを HYPER-V と仮想マシンを実行中の最適な操作用に構成する必要があります。これらの構成は、次のサポート技術情報資料に記載されているなどの問題を回避に役立ちます。

HYPER-V と仮想マシンを最適な状態で共存させるのには、ウイルス対策ソフトウェアを構成するのには、「解決方法」に記載されている情報を使用します。このガイドは、次の HYPER-V ホストのオペレーティング システムに適用されます。

  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows サーバー 2008
  • HYPER-V Server 2012 R2
  • HYPER-V Server 2012
  • HYPER-V Server 2008 R2
  • HYPER-V Server 2008
重要: この資料には、セキュリティ設定を低くする方法、またはコンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が含まれています。特定の問題を回避するためにこれらの変更を行うことができます。これらの特定の構成変更は、以下のシステム上でのみ行われる必要があります。

  • 物理システムの HYPER-V の役割が有効にするように設定して、現在実行中の仮想マシンがあります。
  • 物理システムを仮想マシン ・ ファイル、Windows サーバーのファイル サーバーなどのストレージを提供する場合があります。
ウイルス対策ソフトウェアを構成する方法に関する具体的なガイダンスをするくださいと協力して、ウイルス対策ソフトウェア ベンダーです。

構成

次のディレクトリ、ファイル、およびプロセスを除外するウイルス対策ソフトウェアのリアルタイム スキャン コンポーネントを構成します。

  • VHD、VHDX、AVHD、AVHDX、VSV、および ISO ファイルを含むすべてのディレクトリ
  • 次既定の仮想マシン構成ディレクトリ、それを使用する場合、およびそのサブディレクトリのいずれか:

    C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V
  • 次デフォルト仮想マシン仮想ハード ディスク ファイルのディレクトリ、それを使用する場合、およびそのサブディレクトリのいずれか:

    C:\Users\Public\Documents\Hyper-V\Virtual ハード ディスク
  • 次既定スナップショット ファイルのディレクトリを使用する場合、およびそのサブディレクトリのいずれか。

    C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Snapshots
  • 次既定クラスターの共有ボリュームのパスをクラスターの共有ボリューム、およびそのサブディレクトリのいずれかを使用する場合:

    C:\ClusterStorage
  • カスタムの仮想マシン構成ディレクトリ、該当する場合
  • 該当する場合、カスタムの仮想ハード ディスク ドライブ ディレクトリ
  • カスタム レプリケーション データ ディレクトリ、HYPER-V レプリカを使用している場合
  • ウイルス対策ソフトウェアが実行されている場合に、ファイル サーバー、サーバー メッセージ ブロック プロトコル (SMB 3.0) を 3.0 で仮想マシンのファイルを格納するファイル共有
  • Vmms.exe

    注: <b>このファイルは、ウイルス対策ソフトウェアでは、プロセスの除外として構成する必要があります。
  • Vmwp.exe

    注: <b>このファイルは、ウイルス対策ソフトウェアでは、プロセスの除外として構成する必要があります。

適用されます。

この資料にも適用されます。

  • Microsoft HYPER-V Server 2012

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3105657 - 最終更新日: 10/19/2015 20:36:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Microsoft Hyper-V Server 2012 R2, Microsoft Hyper-V Server 2008 R2, Microsoft Hyper-V Server 2008

  • kbtshoot kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB3105657 KbMtja
フィードバック
/html>