[MS15-115] リモートでのコード実行に対処する Windows のセキュリティ更新プログラム (2015 年 11 月 10 日)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Windows の脆弱性を解決します。これらの脆弱性の最も深刻な状況では、攻撃者が特別に細工したドキュメントを開くようにユーザーを誘導した場合、または埋め込みフォントが含まれる信頼されていない Web ページにアクセスするようにユーザーを誘導した場合、リモートでコードが実行される可能性があります。

この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-115 を参照してください。
詳細
重要
  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。
このセキュリティ更新プログラムの関連情報
以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている場合があります。
  • 3097877 [MS15-115] Windows 用のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 11 月 10 日)

    注意 2015 年 11 月 11 日にリリースされたこのセキュリティ更新プログラムは、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の次の問題を解決します。
    • すべてのサポートされているバージョンの Microsoft Outlook でユーザーが特定の電子メールを読んだときに発生するクラッシュを解決します。
    • ユーザーがシステムにログインしたときに発生する問題を解決します。たとえば、ユーザーがコンピューターを再起動し、ログオン画面で Ctrl + Alt + Del キーを押した後に、画面が点滅して黒くなります。ユーザーは操作を続行できません。この問題に関連する他の類似したログオンの問題が発生することがあります。
    この問題のために Windows 7 ベースのコンピューターにログオンできない場合、セキュリティ更新プログラム 3097877 をアンインストールし、Windows Update からすべての最新の更新プログラムをインストールすることをお勧めします。KB 3097877 に更新プログラムのアンインストール方法が記載されています。
  • 3101746 [MS15-115] Windows 用のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 11 月 10 日)
  • 3105213 Windows 10 用の累積的な更新プログラム (2015 年 11 月 10 日)
  • 3105211 Windows 10 バージョン 1511 用の累積的な更新プログラム (2015 年 11 月 10 日)
更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」をご覧ください。

注: Windows RT および Windows RT 8.1 の場合、この更新プログラムは、Windows Update を介してのみ利用可能です。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得することができます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-115 で、搭載されている Windows のバージョンに対応するダウンロード リンクをクリックします。
詳細

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

Windows Vista (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows Vista:
Windows6.0-KB3097877-x86.msu
Windows6.0-KB3101746-x86.msu
すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Vista:
Windows6.0-KB3097877-x64.msu
Windows6.0-KB3101746-x64.msu
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]をクリックし、[セキュリティ]をクリックします。Windows Update の下の [インストールされている更新プログラムの表示]をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3097877 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3101746 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2008 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべての Windows Server 2008 (32 ビット):
Windows6.0-KB3097877-x86.msu
Windows6.0-KB3101746-x86.msu
サポートされているすべての Windows Server 2008 (x64 ベース):
Windows6.0-KB3097877-x64.msu
Windows6.0-KB3101746-x64.msu
サポートされているすべての Windows Server 2008 (Itanium ベース):
Windows6.0-KB3097877-ia64.msu
Windows6.0-KB3101746-ia64.msu
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]をクリックし、[セキュリティ]をクリックします。Windows Update の下の [インストールされている更新プログラムの表示]をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3097877 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3101746 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows 7 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (32 ビット版):
Windows6.1-KB3097877-x86.msu
Windows6.1-KB3101746-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (x64 ベース):
Windows6.1-KB3097877-x64.msu
Windows6.1-KB3101746-x64.msu
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]の順にクリックし、[Windows Update]で [インストールされた更新プログラムを表示]をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3097877 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3101746 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3097877-x64.msu
Windows6.1-KB3101746-x64.msu
すべてのサポートされている Itanium-based エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3097877-ia64.msu
Windows6.1-KB3101746-ia64.msu
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3097877 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3101746 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows 8 および Windows 8.1 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 8 (32 ビット版):
Windows8-RT-KB3097877-x86.msu
Windows8-RT-KB3101746-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 8 (x64 ベース):
Windows8-RT-KB3097877-x64.msu
Windows8-RT-KB3101746-x64.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (32 ビット版):
Windows8.1-KB3097877-x86.msu
Windows8.1-KB3101746-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (x64 ベース):
Windows8.1-KB3097877-x64.msu
Windows8.1-KB3101746-x64.msu
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3097877 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3101746 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされているエディションの Windows Server 2012:
Windows8-RT-KB3097877-x64.msu
Windows8-RT-KB3101746-x64.msu
すべてのサポートされている Windows Server 2012 R2:
Windows8.1-KB3097877-x64.msu
Windows8.1-KB3101746-x64.msu
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3097877 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3101746 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows RT および Windows RT 8.1 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
デプロイこれらの更新プログラムは Windows Update でのみ入手できます。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3097877 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3101746 を参照してください。

Windows 10 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 10 (32 ビット版):
Windows10.0-KB3105213-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 10 (x64 ベース):
Windows10.0-KB3105213-x64.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 10 バージョン 1511 (32 ビット版):
Windows10.0-KB3105211-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 10 バージョン 1511 (x64 ベース):
Windows10.0-KB3105211-x64.msu
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3105213 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3105211 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

ファイル ハッシュ情報

Package NamePackage Hash SHA 1Package Hash SHA 2
Windows6.0-KB3101746-ia64.msu77C06D8223FA31556FB662A99F2A6CA93F7468A25E1C75C5104C7C775E95EDFCF5D4496D657B3F135C75D3C1D123FDD1F8B47961
Windows6.0-KB3101746-x64.msuBD847847276CD286FEF6910886D8CFD791EBE875C0C7781125EE8E814EC7B3EAC1022E8FAEAE6A13E73EAEBCEE5A683FC8AC0E1A
Windows6.0-KB3101746-x86.msu2B9FA873CEE179A5DC793B5D035E554ADB5D11898D1D33FFC9D4279E915E4441468562D1CCD04BB0055E9447AD665A0D93C56EBE
Windows6.1-KB3097877-ia64.msu96F13C7CFF546C9AD18D15337E0071BC2BDA57A32A7789142C34B9FAA81F4F7789D634AF4CA88DC8A06BE6693D66C0D08D2859C9
Windows6.1-KB3097877-x64.msu2B6133381E9668BABAA92D5F6DFC21EED74264C3912384A98CB81CDA6FC85CB892B7198F8079766D20E35C308BEF8546DAAAD269
Windows6.1-KB3097877-x86.msuD1E87B12BF81F6C5E34B1654906EF878EC456A9DED5E507BF101F06B50B73F0753CCA52FFE8226E1476A207805CA2C83DB258146
Windows8.1-KB3101746-arm.msuE75DF3DB8A76C55475B42936A86FCA3978290946BA78B31BCF2DB4F0959D3C96DF1F3E8EB90832BBD99791E9ABCEAF8ACDC5C5F1
Windows8.1-KB3101746-x64.msu185499C2BD878854A4944FC43F66A2068D8C2BCB0474440D1E1807A74C6605DCFE47AFBA4EC38F7B6911046CB14086198D35ADFC
Windows8.1-KB3101746-x86.msu899F9CD746720CA080F9E4FFDB7B8E00947327F92A73562162DFDE1516489D40E9A45CB6EB193B14FEA27FB766803750346071E6
Windows8-RT-KB3101746-arm.msu4C156F90382FC41667D87A836B64A8AD4906A17B0D570D1863C75B5423DC2AA378E339F0A2C3EE4E9E65A134C3A20B2AF52E36E6
Windows8-RT-KB3101746-x64.msu7FB82FC393465D0B6139268BEFCA14687583788C9A571AC2A765742F064BF1625BA679B6C778A62A18F12A6071D3E2D5650D86C2
Windows8-RT-KB3101746-x86.msuBFBC230D49F184E196144DCDB0D93EE6C241997F8DAEE22651F2EC5AD7D7A6B269B61F654F8D304AB33802BC171751AF0AE24CE5

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールのヘルプ:Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:インターナショナル サポート
malicious attacker exploit
プロパティ

文書番号:3105864 - 最終更新日: 11/17/2015 09:48:00 - リビジョン: 4.0

Windows 10, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows RT 8.1, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 8, Windows RT, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Vista Service Pack 2

  • atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability KB3105864
フィードバック