現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows インストーラ テクノロジの概要

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
この資料では、Windows インストーラ ソフトウェアのインストール テクノロジについて説明します。このテクノロジは、32 ビット Windows オペレーティング システム用の Windows インストーラ サーバーと、構成およびインストールに関する情報の保持に使用される新しいパッケージ ファイル形式で構成されています。
詳細
Windows インストーラは、単なるインストール プログラムではなく、拡張可能なソフトウェア管理システムです。Windows インストーラは、ソフトウェアのインストールの管理、ソフトウェア コンポーネントの追加と削除の管理、ファイルの復元の監視を行い、さらにロールバックを使用した基本的な障害回復機能を備えています。

また、Windows インストーラでは、複数のソースからのソフトウェアのインストールと実行がサポートされています。開発者は、Windows インストーラをカスタマイズしてカスタム プログラムをインストールすることができます。

Windows インストーラには次の機能があります。
  • インストールの失敗時に元のコンピュータの状態を復元します。Windows インストーラにより、プログラムのインストール処理中にシステムに加えられたすべての変更が記録されます。インストールが成功しなかった場合、インストーラは、システムを元の状態に復元することができます。これは "ロールバック" と呼ばれています。
  • 特定の形式のプログラム間の競合が発生することを防止します。プログラムをインストールまたはアンインストールすることにより、既にコンピュータ上にある別のプログラムで問題が発生したり、コンピュータが応答を停止 (ハング) したりすることがあります。インストーラは、インストールの規則が守られるようにすることで、既存のプログラムと共有するダイナミック リンク ライブラリ (DLL) ファイルがインストール処理によって更新される場合や、別のプログラムと共有している DLL ファイルがアンインストール処理によって削除される場合に発生する競合を防止します。
  • 破損したプログラムを診断し、修復します。プログラムからインストーラに問い合わせて、インストールされているプログラムに、不足しているファイルや破損しているファイルがないかどうかを確認することができます。さらに必要に応じて、不足している、または破損していることが検出されたファイルだけを再度コピーして、そのプログラムを修復することができます。
  • 既存のプログラムを確実にアンインストールします。インストーラでインストールしたプログラムはすべて、インストーラで安全に削除できます。また、インストールされている他のソフトウェアと共有されているものを除き、関連するレジストリ エントリおよびプログラム ファイルをすべて削除できます。
  • プログラム機能のオンデマンド インストールをサポートします。最初にプログラムに最低限必要なサブセットをインストールするようにインストーラで指定しておいて、後で、追加のコンポーネントを必要とする機能を初めて使用するときに、その追加コンポーネントが自動的にインストールされるようにすることができます。
  • プログラムの無人インストールをサポートします。インストーラは、スクリプトを使用して、管理者の指示に従ったプログラムのインストールを実行する機能をサポートしています。
Windows インストーラ テクノロジは、クライアント側のインストーラ サービス (Msiexec.exe) と Microsoft ソフトウェア インストール (MSI) パッケージ ファイルの 2 つの部分に分けられ、この 2 つは連携して機能します。Windows インストーラは、パッケージ ファイルに含まれる情報を使用して、プログラムをインストールします。

Msiexec.exe プログラムは、Windows インストーラのコンポーネントです。Msiexec.exe は、セットアップ プログラムから呼び出されると、Msi.dll を使用してパッケージ ファイル (.msi) を読み込み、変換ファイル (.mst) を適用し、セットアップによって提供されたコマンド ライン オプションを組み込みます。インストーラは、ファイルのハード ディスクへのコピー、レジストリの変更、デスクトップ上のショートカットの作成、場合によっては、ユーザーがインストールの設定を行うためのメッセージを表示するダイアログ ボックスの表示など、インストール関連のすべてのタスクを実行します。

Windows インストーラをコンピュータ上にインストールするときに、登録されている .msi ファイルのファイルの種類が変更されるため、.msi ファイルをダブルクリックすると、そのファイルと一緒に Msiexec.exe が実行されます。

各 MSI パッケージ ファイルには、さまざまなインストール状況に対応したプログラムのインストール (およびアンインストール) に必要な命令とデータを格納したリレーショナル型データベースが含まれています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 310598 (最終更新日 2003-10-13) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:310598 - 最終更新日: 12/03/2007 06:30:00 - リビジョン: 6.2

  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • kbinfo kbsetup KB310598
フィードバック