現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows の起動を妨げるサービスまたはデバイスを無効にする方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
自動的に起動されるサービスまたはデバイス ドライバに Windows の現在のバージョンとの互換性がない場合、ユーザーがサービスをシャットダウンしたり、古いデバイス ドライバを無効にしたりする間もなく、Windows が停止することがあります。
原因
Windows と互換性のないデバイスやサービスをインストールするハードウェアまたはソフトウェアがインストールされている場合に、この現象が発生する可能性があります。
解決方法
この問題を解決するには、回復コンソールを起動して、コンピュータにログオンします。
  1. Windows 起動ディスクを使用するか、CD-ROM ドライブからの起動をサポートしているコンピュータでは Windows CD-ROM を使用して、コンピュータを起動します。
  2. [セットアップの開始] 画面が表示されたら、R キーを押して修復を指定した後、キーボードの種類を選択します。
  3. Windows のインストールを選択し、Administrator アカウントでコンピュータにログオンします。
  4. コマンド プロンプトで %SystemRoot%\System32 フォルダに移動し、listsvc と入力して、Enter キーを押します。
  5. 表示される一覧から、問題の原因となっているサービスまたはドライバを見つけます。

    : 誤ったサービスまたはデバイスを選択すると、別の問題が発生することがあります。
  6. disable servicename と入力し (servicename にはサービスの名前が入ります)、Enter キーを押します。

    : disable コマンドでは、サービスを SERVICE_DISABLED に設定する前に、そのサービスのこれまでの start_type が表示されます。このサービスを再び有効にする場合に備えて、start_type をメモしておいてください。
  7. exit と入力すると、コンピュータが自動的に再起動します。コンピュータを通常どおりに起動します。
詳細
回復コンソールのインストールまたは使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
229716 Windows 2000 回復コンソールについて
プロパティ

文書番号:310602 - 最終更新日: 12/01/2007 02:20:00 - リビジョン: 2.1

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • kbenv kbprb KB310602
フィードバック