2-1 でデバイスを無効にすると、ドッキング キーボードから切断されている場合は、タッチ機能は失われます

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3106045
現象
次のようなシナリオを想定してください。
  • Windows 8.1 を実行している 2-1 のデバイスがあります。
  • キーボード ドッキング ユニットに接続されているときにデバイスを無効にします。
  • 有効にするデバイスにキーボード ドッキング ユニットから切断されているときにします。

このシナリオは、youlose は、デバイスの機能をタッチし、システムにログオンできません。
原因
マイクロソフトはこの問題を調査しては、詳細についてはこの資料の情報が使用可能になったとき。
解決方法
10 の Windows 環境でこの問題は発生しないと、デバイスを Windows の 10 にアップグレードすることをお勧めします。Windows 10 には、デバイスをアップグレードすることはできない場合、は、この問題を回避するのには次の方法のいずれかを使用します。
  • デバイスのハード リセットを実行するのには少なくとも 10 秒間の電源ボタンを押したままにします。
  • ユニット、ログオン時に、キーボードを使用して、切り替えてドッキング キーボードをシステムに対応するデバイスを接続します。
  • デバイスの空いている USB ポートに USB キーボードを接続し、USB キーボードを使用してログオンし、デバイスを再起動し、します。

Warning: This article has been translated automatically

プロパティ

文書番号:3106045 - 最終更新日: 10/19/2015 23:08:00 - リビジョン: 1.0

Windows 8.1

  • kbmt KB3106045 KbMtja
フィードバック