Windows XP における VIA 686B および Intel 815x のチップセットでのパフォーマンス カウンタ問題

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP310718
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
コンピュータに次のいずれかのチップセットが搭載されている場合、Windows XP で低品質のビデオ キャプチャや、不規則なシステム モニタの読み出しが発生することがあります。
  • プログラミング可能な割り込みコントローラ (アドバンス) (APIC) が付属した Intel 815x チップセット
  • VIA 686B チップセット
原因
VIA 電源管理タイマ ハードウェアが当初正しく動作しなかったので、Intel 815x チップセットの問題を解決するためにハードウェア アブストラクション レイヤ (HAL) にパッチが適用されました。その後、VIA チップセットはタイマの問題を解決するために修正されましたが、これによってパッチが適用された HAL が不適切なタイミング値を起こす原因になりました。その結果、ビデオ キャプチャが "不規則" に変わり、システム モニタが何らかの状況で不正確な読み出しを起こす原因になります。この問題は、コンポジット入力ポートのあるビデオ キャプチャ アダプタを使用している場合、APIC と、VIA dev_1106 および ven_0686 電源管理タイマのある Intel 815x チップセットで発生します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 310718 (最終更新日 2002-05-08) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:310718 - 最終更新日: 01/11/2015 21:09:11 - リビジョン: 1.3

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbfix kbwinxppresp1fix kbwinxpsp1fix KB310718
フィードバック