SQL Server 2012年および 2014年のプラン表示の XML スキーマで tempdb の算術診断の向上

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3107400

マイクロソフトでは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server 2012年および 2014年の修正プログラムを配布します。修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2012年で含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。
概要
この更新プログラムでは、プラン表示の XML スキーマに次の変更。
  • SpillToTempDbTypeの複合型には、次の新しい属性を追加します。これは、 WarningsTypeの複合型のSpillToTempDb要素によって参照されます。

    属性タイプ説明
    SpilledThreadCountXsd:unisignedLongこぼれたスレッドの合計金額です。

  • 次の新しい複雑な型を XML スキーマに追加します。

    複合型
    SortSpillDetailsType
    HashSpillDetailsType

  • WarningsType複合型には、次の新しい要素を追加します。

    要素タイプ説明
    SortSpillDetailsShp:SortSpillDetailsTypeSortSpillDetailsType の複雑な型への参照。
    HashSpillDetailsShp:SortSpillDetailsTypeHashSpillDetailsType の複雑な型への参照。

    SortSpillDetailsTypeこれは、参照は、 SortSpillDetailsでは、次の属性が要素に含まれます。

    複合型タイプ説明
    GrantedMemoryKbXsd:unsignedLongキロバイト単位で実際には許可されているメモリの合計容量。
    UsedMemoryKbXsd:unsignedLongキロバイト単位では、この時点で使用する物理メモリです。
    WritesToTempDbXsd:unisignedLongカウンターを 1 つとして作業テーブルおよびワークファイル IO の両方が含まれます。
    ReadsFromTempDbXsd:unisignedLongカウンターを 1 つとして作業テーブルおよびワークファイル IO の両方が含まれます。

    • SortSpillDetailsType: これは、 SortSpillDetails要素によって参照されている、次の属性が含まれています。
    • HashSpillDetailsType: これがHashSpillDetails要素によって参照され、次の属性が含まれています。

      新しく追加されたHashSpillDetailsType複合型HashSpillDetailsの要素が参照するには、次の属性が含まれています。

      複合型タイプ説明
      GrantedMemoryKbXsd:unsignedLongキロバイト単位で実際には許可されているメモリの合計容量。
      UsedMemoryKbXsd:unsignedLongキロバイト単位では、この時点で使用する物理メモリです。
      WritesToTempDbXsd:unisignedLongカウンターを 1 つとして作業テーブルおよびワークファイル IO の両方が含まれます。
      ReadsFromTempDbXsd:unisignedLongカウンターを 1 つとして作業テーブルおよびワークファイル IO の両方が含まれます。
<b>この更新プログラムを適用すると、プラン表示の XML スキーマは次の場所で SQL Server のインストール ファイルで使用可能です。

C:\Program を指定して SQL Server\110\Tools\Binn\schemas\sqlserver\2004\07\showplan\showplanxml.xsd

解決方法
この機能は、SQL Server の次の Service Pack で導入されたフィストでした。
SQL Server 2012 Service Pack 3 (SP3) の詳細については、次を参照してください。 SQL Server 2012 Service Pack 3 で修正されたバグ.

SQL Server のサービス パックについて

サービス パックは累積されます。各新しいサービス パックには、すべての新しい修正プログラムと共に、以前の service pack に含まれるすべての修正プログラムが含まれています。推奨では、最新の service pack と service pack の最新バージョンの累積的な更新を適用します。最新の service pack をインストールする前に、以前の service pack をインストールする必要はありません。最新の累積的な更新と service pack の詳細についてを検索するには、次の資料の表 1 を使用します。

バージョン、エディション、および更新プログラムのレベルの SQL Server とそのコンポーネントを確認する方法
詳細
メモリ情報を付与して、I/O については、前述した必要な記憶領域も並べ替え操作やハッシュ操作で SQL Server Management Studio のグラフィカルな実行プランの出力でのツールヒントの [警告] セクションでします。また、同じ情報は利用可能な並べ替え操作やハッシュ操作のプロパティ] ウィンドウの [警告] セクションでします。

<b>この情報は、統計情報の XML の設定オプションが ON に設定する場合にのみ使用できます。

並べ替えハッシュの照合
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3107400 - 最終更新日: 07/12/2016 02:45:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbmt KB3107400 KbMtja
フィードバック