現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 365 PowerShell を利用して Microsoft Planner のライセンスを管理する方法

はじめに
本資料には、Office 365 PowerShell を利用して Mictosoft Planner のライセンスを管理する方法が記載されています。
手順
先行リリースと一般提供のものでは、ライセンスの管理方法が異なります。Mictosoft Planner の先行リリースはトップ レベルのプランであり、既定ではライセンスが割り当てられていません。一方で一般公開の Mictosoft Planner は主要な Office 365 サブスクリプションで利用でき、既定でライセンスが割り当てられます。以下のセクションに、それぞれのシナリオが記載されています。

先行リリース

先行リリースを利用している場合、ユーザーが Mictosoft Planner の機能を利用するには、対象のユーザーにライセンスを割り当てる必要があります。Office 365 システム内に多くのユーザーが存在する場合は、Office 365 PowerShell を利用する方が便利な場合もあります。本資料には、Office 365 PowerShell を使用して Office 365 システムを管理する場合の前提条件、およびすべてのユーザー、メタデータに基づく任意のユーザー、またはリストに基づく任意のユーザーへライセンスを割り当てるための方法が記載されています。

本資料では、Office 365 の管理のため、すでに Office 365 PowerShell を利用していることを前提としています。Office 365 PowerShell を利用していない場合は、次の Microsoft Web サイトを参照し、以下のコマンドを実行するための前提条件を満たしていることを確認してください。
以下のコマンドは、すべてのユーザーへライセンスを割り当てる場合の例です。ライセンスの割り当ては 1 回限りの要件であるため、本コマンドレットを .ps1 ファイルとして保存および実行することも、PowerShell Integrated Scripting Environment (ISE) からスクリプトを実行することもできます。
Connect-MsolService$licenseObj = Get-MsolAccountSku | Where-Object {$_.SkuPartNumber -eq "PLANNERSTANDALONE"} $license = $licenseObj.AccountSkuIdGet-MSOLUser | Set-MsolUserLicense -AddLicenses $license 

ライセンス文字列は "Contoso:PLANNERSTANDALONE" のように表記され、"Contoso" の部分には組織の名称が入ります。

ユーザー レコードの別のメタデータに基づいて、一部のユーザーへライセンスを割り当てる場合は、コードの最後の行に "Where-Object" フィルターを追加してください。例えば、"Department" フィールドが指定されており、部署名が "Support" のものにのみライセンスを割り当てる場合は、以下のコマンドレットが使用できます。
Get-MSOLUser | Where-Object {$_.department -eq 'Support'} | Set-MsolUserLicense -AddLicenses $license

ユーザーのリストを含むファイルを作成し、その時点ではライセンスの割り当てを考えていないユーザーをリストから削除する場合は、以下のコマンドレットが使用できます。
Connect-MsolService$licenseObj = Get-MsolAccountSku | Where-Object {$_.SkuPartNumber -eq "PLANNERSTANDALONE"} $license = $licenseObj.AccountSkuIdGet-MsolUser | Select-Object Displayname, UserPrincipalName | `Export-CSV -Path d:\ExportedUsers.csv -NoTypeInformation# Edit the file d:\ExportedUsers.csv and remove users who shouldn't be licensed before you run the following commandImport-Csv -Path d:\Exportedusers.csv | ForEach-Object `{ Set-MsolUserLicense -UserPrincipalName $_.UserPrincipalName -AddLicenses $license}

ユーザーからライセンスを削除する場合は、スクリプト内の "-AddLicenses" を "-RemoveLicenses" に置き換えてください。

一般公開

Mictosoft Planner が一般公開されると、主要な Office 365 サブスクリプションにおいて、他のサービス (Sway、Office Online、Skype など (サブスクリプションによって異なります)) と同様に、Mictosoft Planner のライセンスが表示されるようになります。先行リリースを適用している場合は、Microsoft が一般公開に向けて準備している画面と同じものが、表示されていることがあります。

既定では、Mictosoft Planner のライセンスはすべてのユーザーに対して有効となっていますが、PowerShell を使用し無効にすることもできます。詳細については「サービスにアクセスを割り当てる」を参照してください。スクリプトに ‘DisabledPlan’ として追加する必要があるプラン名は、“PROJECTWORKMANAGEMENT” プラン名を追加する必要がある場合があります。

先行リリースを適用しており、主要な Office 365 サブスクリプションにも Mictosoft Planner が表示されている場合は、両方の方法を用いて無効にする必要があります。

追加情報
Office 365 PowerShell を使用して Office 365 のユーザーおよびライセンスを管理する方法の詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3108269 - 最終更新日: 05/27/2016 07:55:00 - リビジョン: 2.0

Office 365 Planner

  • o365 o365e o365p o365a o365m o365022013 KB3108269
フィードバック