現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

負荷が高い場合 NTFS ボリューム上でキャッシュされた FRS データが失われる

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP310841
現象
NTFS ファイル システムを使用するボリュームでディスク入出力 (I/O) の負荷が高い場合に、ディスクの一貫性が失われることがあります。このとき、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
イベント ID 41
ディスクのファイル システム構造は壊れていて使えません。chkdsk ユーティリティをボリューム "Name" で実行してください。
このエラー メッセージが表示されない場合でも、Chkdsk を実行すると次のエラー メッセージが表示されることがあります。
ファイル 100 のインデックス $30 のエラーを修復します。
または
壊れた属性レコード (16、"") をファイル レコード セグメント xxx から削除します。
エラーのあるボリュームに関する Windows 2000 のイベント ID は次のとおりです。
種類 : エラー
ソース : Ntfs
分類 : Disk
イベント ID : 55
日付 : 2002/1/31
時刻 : 10:21:13 PM
ユーザー : N/A
コンピュータ : HOMESERVER
説明 :
ディスクのファイル システム構造は壊れていて使えません。chkdsk ユーティリティをボリューム L で実行してください。

詳細な情報は、http://support.microsoft.com の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。
データ :
0000: 04 00 00 00 02 00 4e 00 ......N.
0008: 02 00 00 00 37 00 04 c0 ....7..?
0010: 00 00 00 00 32 00 00 c0 ....2..?
0018: 18 00 00 00 00 00 00 00 ........
0020: 00 00 00 00 00 00 00 00 ........
原因
I/O トランザクションの負荷が高い状態で、キャッシュされたデータの一部がディスクに書き込まれないことがあります。
解決方法

Windows 2000

: この修正プログラムは、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料で置き換えられています。
318533 Windows 2000 Service Pack 3 後の Active Directory ロールアップ修正プログラム
326800 一部の Windows 2000 カーネル修正プログラムが Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) と競合する (2/2)
この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付           時刻     バージョン        サイズ      ファイル名   ----------------------------------------------------------   19-Feb-2002  00:56  5.0.2195.4948  1,686,720  Ntkrnlmp.exe   19-Feb-2002  00:57  5.0.2195.4948  1,686,400  Ntkrnlpa.exe   19-Feb-2002  00:57  5.0.2195.4948  1,707,072  Ntkrpamp.exe   19-Feb-2002  00:56  5.0.2195.4948  1,664,448  Ntoskrnl.exe				

Windows NT 4.0

マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。 : Microsoft Support 担当者が、特定の更新プログラムを適用することにより問題が解決されると判断した場合、まれに通常サポート依頼にかかる料金が免除されることがあります。ただし、特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。

修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付            時刻    バージョン        サイズ      ファイル名     プラットフォーム   --------------------------------------------------------------------   15-Dec-2001  01:07  4.0.1381.7118  1,403,712  Ntkrnlmp.exe  Alpha   15-Dec-2001  01:07  4.0.1381.7118  1,375,680  Ntoskrnl.exe  Alpha   05-Feb-2002  19:55  4.0.1381.7129    957,184  Ntkrnlmp.exe  I386   05-Feb-2002  19:55  4.0.1381.7129    936,896  Ntoskrnl.exe  I386				
: ファイルの依存関係のため、この修正プログラムには Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6a が必要です。

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、Windows 2000 Service Pack 3 で最初に修正されました。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 310841 (最終更新日 2005-02-23) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:310841 - 最終更新日: 09/22/2006 02:38:59 - リビジョン: 4.1

  • Microsoft Windows 2000 Server SP1
  • Microsoft Windows 2000 Server SP2
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP1
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP2
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP1
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP2
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • kbhotfixserver kbqfe kbbug kbfix kbsecurity kbwin2000presp3fix kbwin2000sp3fix KB310841
フィードバック