DFSR を使用して SYSVOL をレプリケートするとき、DCDiag の VerifyReferences のテストが失敗します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3110032
現象
次のような状況を考えます。
  • SYSVOL フォルダーをレプリケートするのにには、分散ファイル システム レプリケーション (DFSR) サービスを使用します。
  • すべてのドメイン コント ローラー (DC) は、Windows Server 2008 R2 またはそれ以降のバージョンを実行しています。
  • ドメイン コント ローラー診断ツール (DCDiag) でレプリケーションに関するレポートを生成するを実行します。
このシナリオでは、DCDiag は、次のエラー メッセージを返します。

失敗したテスト VerifyReferences
DCDiag レポートには、次のエントリが含まれています。

Problem: Missing Expected ValueBase Object: CN=<DCNAME>,OU=Domain Controllers,DC=<DOMAIN>,DC=<COM>Base Object Description: "DC Account Object"Value Object Attribute Name: frsComputerReferenceBLValue Object Description: "SYSVOL FRS Member Object"Recommended Action: See Knowledge Base Article: Q312862
この問題が発生すると、DCDiag は、DFSR の参照オブジェクトを検証します。また、NT ファイル複製サービス (NTFRS) を停止します。
原因
DFSR は、SYSVOL の複製に使用すると、Active Directory データベースをドメイン コント ローラー オブジェクトでない FRS 参照が含まれているために、この問題が発生します。代わりに、DFSR のオブジェクトのみがあります。

DCDiag は、Windows Server 2008 の DCDiag などとは、Windows Server 2003 サポート ツールがインストールされている DCDiag の以前のバージョンでは、このロジックは含まれません。したがって、これらのバージョンが、FRS メンバー参照を検索し、これは、DCDiag で false エラーが生成されます。
解決方法
この問題を解決するには、%windir%\system32 から Dcdiag.exe を実行します。このフォルダーには、DCDiag では、Windows 2008 と Windows 2008 R2 の最新バージョンが含まれています。最新バージョンの DCDiag を実行すると、SYSVOL の複製は VerifyReferences テストに合格します。

または場合は、Windows サポート ツールのスイートは、Windows Server 2008 R2 にインストールされて、それをアンインストールします。これは、問題が解決され、任意の場所から Dcdiag.exe を実行することができます。
詳細
MsDFSR フラグは、cn 属性がある場合場合でも、DCDiag の最新のリリースを使用すると、「現象」に記載されているエラーが発生可能性があります =<DCNAME>、OU = ドメイン コント ローラー、DC =<DOMAIN>DC エントリが存在しないか、次フラグのいずれかと一致しない DCDiag で<COM>行を =。

</COM></DOMAIN></DCNAME>
  • リダイレクトされたフェーズ: CN の msDFSR フラグ = dfsr LocalSettings は、0x20 (32 dez)
  • 削除されたフェーズ: CN の msDFSR フラグ = 0x30 (48 dez) は、dfsr LocalSettings

この例では、DCDiag ものと誤って sysvol の場合、ファイル レプリケーション サービス (FRS) が構成されていることと、FRS オブジェクトおよび属性は存在しませんが、Active Directory データベース内を確認しようとします。したがって、検証が失敗することができます。

警告: この記事は自動翻訳されています

Rekvizīti

Raksta ID: 3110032. Pēdējo reizi pārskatīts: 11/12/2015 23:15:00. Pārskatījums: 1.0

Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Standard

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbtshoot kbmt KB3110032 KbMtja
Atsauksmes