現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Word 2003 と Windows Server 2003、 Windows XP または Windows 2000 で実行しているコンピュータで Word 2002 右から左へ記述する言語のサポートを有効にする方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。

英語版 KB:311015
概要
にをこの詳細な資料がのどんな方法入力するそして編集するそして校正するを説明し、そして(スペルと文法チェックを実行する) Microsoft Office Word 2003 または Microsoft Windows Server 2003、 Microsoft Windows XP または Microsoft Windows 2000 を実行しているコンピュータでの Microsoft Word 2002 で右から左へ記述する言語インストールと構成要件については、説明する、

注意: Right-to-left 言語には、アラビア語とヘブライ語とペルシア語とウルドゥー語が含まれます。

要件

入力し、そして Word での右から左へ記述する言語で編集するとき、持っています。
  • 特定の言語用に Windows を構成します。
  • その言語で入力できるように Word を構成します。

Microsoft Windows

Windows Server 2003 と Windows XP と Windows 2000 が組み込むほとんどアラビア語とヘブライ語を含む言語のサポートを持っています。 適切な言語で入力するようにオペレーティング システムを構成するには、その言語で入力するためのキーボードを構成する必要があります。 対応するキーボードがデフォルトで表示されない場合、ファイルをインストールして追加することが必要な場合があります。

Microsoft Word の構

別の言語での校正テキストの必要に応じてのみ Microsoft Office の英語バージョンがインストールでき、 Microsoft Office校正 ツール がインストールできます。

Office の多国籍機能を利用する場合は、ローカライズ版の Office をインストールするか、日本語版の Office と Multilingual User Interface (MUI) Pack をインストールする必要があります。



ローカライズ版を使用する利点。

完全にローカライズされた機能が必要な場合や、一部の完全ローカライズ版に含まれている追加コンテンツが必要な場合は、ローカライズ版の Office を使用するほうがよいでしょう。 各ローカライズ版には、使用頻度の高い言語用の文章校正ツールが少なくとも 2 つ用意されています。 任意のローカライズ版に Office Proofing Tools を追加することにより、40 以上の言語の文章校正ツールがサポートされます。 ローカライズ版 Office についての詳細は、次のマイクロソフト Web サイトを探します。

Microsoft Office 2003 に関する情報については、以下の資料を参照してください。

Microsoft Office XP に関する情報については、以下の資料を参照してください。

Microsoft Office校正 ツール キット を使用する利点

Microsoft Office Proofing Tools の関連情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Microsoft Office 2003 に関する情報については、以下の資料を参照してください。

Microsoft Office XP に関する情報については、以下の資料を参照してください。

Multilingual User Interface Pack ( MUI )を使用する利点

Multilingual User Interface Pack ( MUI )で Office は、大規模な多国籍組織での Office の展開を簡略化します。 各 Office プログラムの含まれる共通世界中の実行可能ファイルのため、情報 テクノロジ(IT)管理者ですべての国における 1 つのユーザーのカスタム インストールだけ作成する必要があります。 また、 Proofing Tools が Office の MUI Pack に含まれます。 Office の校正ツールは、ドキュメントにユーザーを 40 以上の言語のドキュメントを作成し、そして編集しようようにします。 多国籍会社が MUI Pack を使って、言語にもかかわらずワークステーションを共有するのを有効にすることができて、使用することが顧客の言語インターフェイスと一致させるために、コンピュータ画面の言語インターフェイスを切り替えるために、グローバル ヘルプ デスクを集中化する。 また、中央のグローバル ヘルプ デスクで、顧客の言語インターフェイスに合わせてコンピュータ画面上の言語インターフェイスを切り替えることも可能になります (一部のダイアログ ボックスおよび画面は、指定された言語で表示されない場合があります)。

注意:Multilingual User Interface Pack(MUI)は、 Open License と Select とボリューム ライセンスがプログラミングしてそして店を介して提供されない エンタープライズ アグリーメント を通じて使用のみできます。 多国籍組織向けの MUI Pack の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Microsoft Office 2003 に関する情報については、以下の資料を参照してください。

Microsoft Office XP に関する情報については、以下の資料を参照してください。

構成

ここでは、さまざまな言語のテキストを入力できるように Microsoft Windows および Microsoft Word を構成する方法について、手順を追って説明します。

手順 1 : Microsoft Word をインストールす

Windows Server 2003、Windows XP、または Windows 2000 を実行しているコンピュータに、Word 2003 (Office 2003) あるいは Word 2002 (Office XP) をまだインストールしていない場合は、インストールします。

手順 2:複数の言語での Microsoft Windows の種類であるために Microsoft Windows を構成します。

英語以外の言語で入力するには、その言語に合わせてキーボードを構成する必要があります。 たとえば、ローカライズ アラビア キーボードとして同じ方法をマップするために、 Arabic-based 文字を入力するために、キーボードを構成します。 次の手順を実行します。

Microsoft Windows Server 2003 の場合
  1. をクリックし、 をポイントして、 を次にクリックします。
  2. タブで、 をクリックします。
  3. のに入力する言語が で表示されないならば、または使用する言語が表示される場合、のにキーボードが表示されない場合、 をクリックします。
  4. 一覧から、入力する言語を選択します。 フィールドは、自動的に設定されます。

    注意:入力する言語が表示されない場合、追加の言語を「どんな方法」インストールするために、このドキュメントのどのセクションを参照してください。
  5. をクリックします。
  6. で、インストールされたキーボードで選択された言語を参照します。
  7. ダイアログ ボックスを閉じるために、 をクリックし、 ダイアログ ボックスを閉じるために、 を次にクリックします。
Microsoft Windows XP の場合
  1. をクリックし、 を次にクリックします。
  2. コントロール の をクリックします。
  3. をクリックし、 タブを次に選択します。
  4. [テキスト サービスと入力言語] の下の [詳細] をクリックします。 ダイアログ ボックスは、表示されます。
  5. で、のに入力する言語が表示されないならば、または使用する言語が表示される場合、のにキーボードが表示されない場合、 をクリックします。
  6. 一覧から、入力する言語を選択します。 これは、 フィールドを自動的に作成します。
  7. をクリックします。
  8. で、インストールされたキーボードで選択された言語を参照します。
  9. ダイアログ ボックスを閉じるために、 をクリックし、 ダイアログ ボックスを閉じるために、 を次にクリックします。
Microsoft Windows 2000:
  1. Click Start, point to Settings, and then click Control Panel.
  2. In Control Panel, double-click Regional Options.
  3. Select the Input Locales tab.
  4. If the language that you want to type in is not listed under Installed input locales, click Add.
  5. In the Add Input Locale dialog box, select the language that you want to type in from the Input Locale list. This automatically selects the Keyboard Layout/IME option.
  6. Click OK.
  7. In the Regional Options dialog box, click Apply, and then click OK.
キーボードを構成した後に、 バーから入力言語が選択できます。

言語バーの使用の詳細については、種類の メニューで をクリックします。language bar トピックを表示する は、 Office アシスタントとアンサー ウィザードとそれからクリックで返されました。

追加の言語をインストールする方法。

「手順 2 : 複数の言語で入力できるように Windows を構成する」で、入力に使用する言語が表示されない場合は、地域のオプションを変更することで言語を追加できます。 地域のオプションはコントロール パネルにあります。 地域のオプションを変更するには、使用しているオペレーティング システムに応じて、以下のいずれかの手順を実行します。

Microsoft Windows Server 2003 の場合
  1. をクリックし、 をポイントして、 を次にクリックします。
  2. 領域の タブで、 チェック ボックスをオンにします。
  3. をクリックし、 を次にクリックします。
  4. 要求された場合、コンピュータを再起動します。 プロンプトが表示されなかったら、 をクリックし をクリックして、 を次にクリックします。
Microsoft Windows XP の場合
  1. をクリックし、 を次にクリックします。
  2. コントロール の をクリックします。
  3. をクリックします。
  4. タブで、 チェック ボックスをオンにします。
  5. をクリックします。
  6. をクリックします。
  7. 要求された場合、コンピュータを再起動します。 プロンプトが表示されなかったら、 をクリックし をクリックして、 を次にクリックします。
Microsoft Windows 2000:
  1. をクリックし、 をポイントして、 を次にクリックします。
  2. で、 をダブルクリックします。
  3. タブで、 セクションでインストールする言語を選択します。
  4. をクリックします。
  5. プロンプトが表示されたら、 Windows 2000 CD-ROM を挿入し、 を次にクリックします。
  6. 要求された場合、コンピュータを再起動します。 プロンプトが表示されなかったら、 をクリックし をクリックして、 を次に選択します。

手順 3: ツール校正 Microsoft Office をインストールします。

別の言語でのテキスト スペルと文法チェックを実行するために、言語のツール校正適切な言語をインストールする必要があります。 そのためには、以下のいずれかの方法を実行します。

方法 1: Microsoft Office校正 ツール をインストールし、構成します。

Microsoft Office校正 ツール は、つまり別の言語スペルと文法チェックを実行する機能で説明するに与えます。

Microsoft Office校正 ツール をインストールするために、次の手順を実行します。
  1. CD-ROM ツール校正 Microsoft Office を挿入します。
  2. をクリックし、 を次にクリックします。
  3. ボックスで次を入力、または探します。
    cd drive:\Ptksetup.exe
    がドライブ文字である場合、 校正 ツール CD-ROM がそれに含まれます。
  4. 校正 ツール セットアップ に実行するセットアップの種類として をクリックします。
  5. インストールするツール校正言語を選択し、 を次にクリックします。
  6. 画面に表示される指示に従ってセットアップを完了します。

方法 2: Multilingual User Interface Pack をインストールし、構成します。

ダイアログ ボックスのメニューを表示し、そして右から左へ記述する言語でのヘルプ ファイルのために Multilingual User Interface Pack をインストールする必要があります。 また、 Multilingual User Interface Pack をインストールするのが校正ツールをインストールします。

適切な言語の Multilingual User Interface Pack をインストールするために、次の手順を実行します。
  1. CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに Multilingual User Interface Pack CD 1 を挿入します。
  2. をクリックし、 を次にクリックします。
  3. 次を入力、または探します。
    cd drive:\Lpksetup.exe
    注意:この例に cd drive は、 Multilingual User Interface Pack CD-ROM を含むドライブ文字あります。
  4. Multilingual User Interface Pack セットアップの指示に従って、適切な言語をインストールします。

    注意:構成する言語が表示されない場合、 Multilingual User Interface Pack CD-ROM で含まれる LPKRead.htm ファイルを読み取ります。 一部の言語がセットアップ プログラムに表示されないことがあって、特別の手順が必要なのは、あります。

手順 4:Microsoft Office 言語 設定を構成します。

  1. をクリックし、 をポイントして、次のいずれかを次に実行します。
    • をポイントし をポイントして、 を次にクリックします。
    • をポイントし、 を次にクリックします。
  2. タブで、証明に使用する言語が 一覧に含まれることを確認します。
  3. タブが利用できる場合、次の手順に従います。
    • 一覧から、表示されたメニューとダイアログ ボックスが欲しい言語を選択します。
    • 一覧から、表示されたヘルプ ファイルが欲しい言語を選択します。
    注意: Multilingual User Interface Pack をインストールした場合、 ユーザー インターフェイス オプションが使用のみできます。

手順 5:言語を自動的に判別するセット Word

Word で入力中のテキストの言語が自動的に検出されるように設定されていることを確認します。 次の手順を実行します。
  1. Word を起動します。
  2. メニューで を選択し、 を次にクリックします。
  3. チェック ボックスをオンにして、 を次にクリックします。
今すぐ Proofing Tools をインストールすることによってインストールされた言語が判別できます。 Word は、 Proofing Tools をインストールすることによってインストールされた言語の文字列スペルと文法をチェックすることもできます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:311015 - 最終更新日: 05/07/2007 21:30:00 - リビジョン: 7.1

  • Microsoft Office Word 2003
  • Microsoft Word 2002 Standard Edition
  • kbhowto kbsetup kbproof kbsettings kbwindowsinstaller KB311015 KbMtja kbmt
フィードバック
ipt> l>>ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");