現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

不在時の Office アシスタントで Outlook をエミュレートする方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:311107
概要
Microsoft Outlook の不在時の Office アシスタントの機能は、Microsoft Exchange Server のサービスです。それは、Exchange Server トランスポート サービスは、Outlook ユーザーのプロファイルに含まれている場合にのみ使用できます。この機能をエミュレートするには電子メール テンプレートを作成し、テンプレートを自動的に返信する自動仕訳ウィザードでルールを定義します。

注:マイクロソフトでは、Microsoft Office Outlook 2007年の最終結果を達成するためにワーカー プロセスがないを確認しています。
詳細

自動返信用テンプレートを定義する方法

Microsoft Office Outlook 2010and 以降のバージョン

  1. リボンの [新しい電子メール] をクリックします。
  2. [テキストの書式設定] タブで、テキスト形式をクリックします。
  3. 返信メッセージに情報を入力します。
  4. リボンの [ファイル] をクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。
  5. 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、[ファイルの種類] ボックスの一覧でOutlook テンプレートを選択します。
  6. ファイル名] ボックスで、返信用テンプレートの名前を入力し、[保存] をクリックします。

Microsoft Office Outlook 2003年および Outlook の以前のバージョン

:これら手順は、d を完了するためにo n注記は、電子メール エディターとして Microsoft Word を使用します
Microsoft Word が既定の電子メール エディターに設定されている場合は、オフにする必要があります。
それ以外の場合、[Outlook テンプレート] オプションは表示されませんは、手順 4 に表示されます。
5 の手順を実行する、既定の電子メール エディターの中に単語を返すことがあります
  1. プレーン テキストとして書式設定された Outlook の新しいメッセージを開きます。
  2. 返信メッセージに情報を入力します。
  3. [ファイル] メニューで、[名前を付けて保存] をクリックします。
  4. 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、[ファイルの種類] ボックスの一覧で、[ Outlook テンプレート] チェック ボックスを選択するをクリックします。
  5. ファイル名] ボックスで、返信用テンプレートの名前を入力し、[保存] をクリックします。

自動返信を送信するルールを定義する方法


:Microsoft Office Outlook 2010and 以降のバージョン

  1. リボンの [ファイル] タブをクリックし、メニューの [情報] タブをクリックします。
  2. ルール & 警告の管理をクリックし、[電子メールの仕訳ルール] タブで [新しいルール] ボタンをクリックします。
  3. ルール ウィザード] で [新しい仕訳ルールの開始受信メッセージにルールを適用] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. チェックする条件を指定するには、[自分だけに送信] チェック ボックスをオン、または、必要なその他のチェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。
  5. 何かのメッセージは、[特定のテンプレートを使って返信する] チェック ボックスを選択するをクリックします。
  6. [ステップ 2: 仕分けルールの説明を編集する、下線付きの[特定のテンプレート] をクリックします。
  7. 返信用テンプレートの選択] ダイアログ ボックスで」方法を定義、自動返信用テンプレート」のセクションの手順 6 で保存したテンプレートをクリックし、[開く] をクリックします。
  8. 自動仕訳ウィザードの手順を完了、[完了] をクリックし、[ OK] をクリックします。


Microsoft Office Outlook 2003

  1. [ツール] メニューの [仕訳ルールと通知をクリックします。
  2. [仕訳ルールと通知] ダイアログ ボックスで、[電子メールの仕訳ルール] タブで [新しいルール] ボタンをクリックします。
  3. ルール ウィザードで、新しいルールを [スタート] ボタンをクリックして受信メールをチェックする、し、[次へ] をクリックします。
  4. [をチェックする条件を指定しますか?自分だけに送信] チェック ボックスをオンまたは、必要なその他のチェック ボックスを選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [何かのメッセージの操作を行いますですか?特定のテンプレートを使って返信する] チェック ボックスをオンにします。
  6. [ステップ 2: ウィザードの [仕訳ルールの説明] ページの編集、下線付きの[特定のテンプレート] をクリックします。
  7. 返信用テンプレートの選択] ダイアログ ボックスで」方法を定義、自動返信用テンプレート」のセクションの手順 5 で保存したテンプレートをクリックし、[開く] をクリックします。
  8. 自動仕訳ウィザードの手順を完了して、完了] をクリックし、[OK] をクリックします。

Outlook 2002、Outlook 2000 および Outlook 98

  1. [ツール] メニューには、自動仕訳ウィザードをクリックします。
  2. 自動仕訳ウィザード] ダイアログ ボックスで [新規を] をクリックします。
  3. [を作成するルールの種類ですか?、[新しいルール] をクリックして、受信メールをチェックする] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [をチェックする条件を指定しますか?自分だけに送信] チェック ボックスをオンまたは、その他の条件を選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [何かのメッセージの操作を行いますですか?特定のテンプレートを使って返信する] チェック ボックスをオンにします。
  6. [仕訳ルールの説明下線付きの [特定のテンプレートをクリックします。
  7. 返信用テンプレートの選択] ダイアログ ボックスで"方法を定義、自動返信用のテンプレート」の手順 5 で保存したテンプレートをクリックし、[開く] をクリックします。
  8. ルール ウィザードの指示を完了、[完了] をクリックし、[ OK] をクリックします。
「特定のテンプレートを使って返信する」自動仕訳ウィザードのルールは、セッション中に各送信者に返信 1 回だけを送信するよう設計されています。これは Outlook が先には、複数のメッセージが表示されます。 送信者に対して繰り返し返信することを防ぎます。

Outlook がユーザーにユーザーの一覧を記録、セッション中に、hasresponded。Outlook を再起動するときは、この一覧は削除され、再度を開始すると、各送信者に対してルールがリセットされます。

: 自動的に返信する自動仕訳ウィザードの Outlook を実行しています。さらに、Outlook 2007 は、実行され、新着メッセージを定期的にチェックするように構成する必要があります。

不在時の Office アシスタントで Outlook Express をエミュレートする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
267880 Office アシスタントは Outlook Express で使用可能ではありません。
エミュレートを Office アシスタントの自動返信する Outlook 2003 2007年 2010年

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:311107 - 最終更新日: 09/23/2015 19:11:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Outlook 2002 Standard Edition, Microsoft Outlook 2000 Standard Edition, Microsoft Outlook 98 Standard Edition, Microsoft Outlook 2010, Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013

  • kbpubtypekc kbhowto consumeroff2010track kbmt KB311107 KbMtja
フィードバック