現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[XADM] Event ID 1025 がアプリケーション イベント ログに繰り返し記録される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP311233
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
以下のエラー メッセージが、毎秒約 5 回アプリケーション イベント ログに警告として記録される場合があります。
イベントの種類 : 警告
ソース : MSExchangeIS Mailbox
分類 : General
イベント ID : 1025
コンピュータ名 : ServerA

データベース "First Storage Group\Mailbox Store (ServerA)" でエラーが発生しました。関数名または問題点の説明: EcEntryIdFromAddr エラー: 0x467
着信インターネット メッセージは、エラー メッセージがログに記録されたサーバーのローカルの再試行キューに入ったままになる場合があります。ほとんどのメッセージはサーバーでの問題を発生せずに配信されます。
原因
この問題は、インターネットからのメッセージに "REPLY-TO" フィールドが含まれている場合に発生する可能性があります。インフォメーション ストアは、同一の属性 (プロキシ アドレス) を 2 度問い合わせますが、Dsaccess は最初のインスタンスにしかデータを設定しません。この問題は、Microsoft MSN Hotmail で返信先のアドレスを変更した場合に発生する可能性があります。
回避策
この問題を回避するには、Exchange システム マネージャを使用して SMTP のローカル配信キューからそのメッセージを削除します。これにより、アプリケーション ログのエラー メッセージを除去することができますが、そのメッセージは失われます。
状況
マイクロソフトでは、これが Microsoft Exchange 2000 Server にかかわる問題であることを確認済みです。

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しており、現在調査中です。詳細がわかりしだい、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) にてお知らせする予定です。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 311233 (最終更新日 2001-11-13) をもとに作成したものです。

Flooding
プロパティ

文書番号:311233 - 最終更新日: 12/07/2015 08:05:05 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition, Microsoft Exchange 2000 Enterprise Server

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbexchange2000sp2fix kbpending KB311233
フィードバック