現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[HOWTO] ターミナル サービス用に Office をカスタマイズする方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP311241
概要
この資料の対象として記載されている Microsoft Office では、ターミナル サービスが有効にされた Microsoft Windows 2000 サーバーまたは Microsoft Windows Server 2003 サーバー、あるいは Microsoft Windows NT 4.0 Terminal Server コンピュータに Office をインストールするとき、特別なトランスフォームが不要になりました。Office セットアップは、ターミナル サービスで実行されていることを認識し、適切なオプションを事前に設定します。

: Windows NT 4.0 を実行しているコンピュータには Microsoft Office 2003 をインストールできません。この資料で Windows NT 4.0 について記載している箇所は、Microsoft Office XP にのみ適用されます。

先頭に戻る

ターミナル サービスのインストール状況

ターミナル サービス コンピュータは本来複数のユーザーが利用するものであり、サーバーに対するユーザーのアクセス権を制限する必要があるため、Office セットアップによるインストールは、デフォルトで次のどちらかのインストール状況で行われます。
  • [マイ コンピュータから実行] -- ほとんどの機能は、ターミナル サービス環境で正常に動作するため、この状態に設定されます。通常のインストールのときデフォルトで [初めて実行するときにインストール] に設定される機能が [マイ コンピュータから実行] に設定されます。
  • [インストールしない] -- 一部の機能がこの状態に設定されます。たとえば、アニメーションを使用する機能はターミナル サービス コンピュータとクライアント コンピュータの間で大量のデータ トラフィックを発生させるため、ターミナル サービス環境では満足に動作しません。これらの機能は [インストールしない] のままにして、インストールされないようにしてください。
Office のデフォルトの設定をそのまま使用するのであれば、セットアップの機能ツリーを変更する必要はありません。ただし、ユーザーに不要な Office 機能がある場合、それらの機能をターミナル サービス コンピュータにインストールしないようにインストールをカスタマイズして、全体的なパフォーマンスの向上とディスク容量の節約を図ることができます。

ターミナル サービス コンピュータにインストールしない Office XP 機能がある場合は、カスタム インストール ウィザードを使用して、その機能の状態を [インストールしない] または [使用不可、非表示、およびロック] に設定します。さらに、[前バージョンのオプションを継承しない] チェック ボックスをオンにします。特に Windows NT ではインストールしない機能を [非表示] にすることをお勧めします。

先頭に戻る

Office インストールのカスタマイズ

Office インストールをカスタマイズするには、Microsoft Office リソース キットのカスタム インストール ウィザードを使用してカスタム トランスフォーム (.mst ファイル) を作成します。このトランスフォームを使用して Office をインストールすると、[インストールしない] に設定されている Office 機能はインストールされません。
  1. カスタム インストール ウィザードを起動します。
  2. [機能のインストール状況の設定] ページで、インストールしない機能を選択します。
  3. 選択した機能のインストール状況を [使用不可、非表示、およびロック] に設定します。
  4. [前バージョンのオプションを継承しない] チェック ボックスをオンにします。

    : [前バージョンのオプションを継承しない] チェック ボックスは、[使用不可、非表示、およびロック] に設定されている機能ごとにオンにする必要があります。

  5. インストールしない機能に関して、手順 2. ~ 4. をそれぞれ繰り返します。
  6. [次へ] をクリックし、ウィザードの残りのページで必要なオプションを設定します。
  7. [完了] をクリックします。表示されたサンプル コマンド ラインをメモし、[終了] をクリックします。
  8. このトランスフォームを使用して Office XP をインストールします。
先頭に戻る
関連情報
カスタム インストール ウィザードによる Office XP 用トランスフォームの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。カスタム インストール ウィザードによる Office 2003 用トランスフォームの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。ターミナル サービスに Office XP を展開する方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。ターミナル サービスに Office 2003 を展開する方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。先頭に戻る
inf OFFXP OFF2003
プロパティ

文書番号:311241 - 最終更新日: 05/13/2010 15:54:14 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Standard Edition 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Students and Teachers Edition 2003
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Students and Teachers
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition
  • kbmsccsearch kbpubtypekc kbhowtomaster KB311241
フィードバック