[SMS] 匿名接続が無効になっている場合リソースが検出しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:311257
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
使用している、ネットワーク探索メソッド Systems Management Server (SMS) 2. 0 でと トポロジ、クライアント、およびクライアント オペレーティング システム のネットワーク探索オプションを使ってリモート クライアントのインストールをオンになって、コンピューター発見することがありますがインストールされていない可能性があります。 NetDisc.log ファイル内の次のエントリがネットワーク探索がオペレーティング システムの名前とバージョンを確認するコンピューターに接続できなかったことを表示します。
ADM: NtBrowser: 十分なアクセスのためのデバイス コンピュータ名 への匿名接続を作成できませんでした。
原因
匿名接続が検出されたコンピューター上で無効場合に発生します。
回避策
この問題を回避する、するには、レジストリを通して手動で、または、グループ ポリシーを使用して、匿名の接続にします。

レジストリの方法

詳細については、レジストリを使用して匿名の接続の手動構成をクリックして資料以下、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示。
143474匿名ログオン ユーザーが利用できる情報の制限
246261Windows 2000 でレジストリ値 RestrictAnonymous を使用する方法

グループ ポリシーの方法

いずれか、ローカルに定義されているグループ ポリシー、サイト、ドメイン、または組織単位 (OU) レベルか旋回オフ設定または変更、 を [なし] です。 既定のアクセス許可に依存して の下には、グループ ポリシー エディターで。
コンピューターの構成 \ Windows の設定 \ セキュリティの設定 \ ローカル ポリシー \ 匿名接続の追加を制限

解決方法

この問題は、以下の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料に記載されている修正プログラムで修正されていますいます。
312512SMS: ネットワーク探索接続できない匿名でクライアントにリモート クライアントをインストール後
状況
マイクロソフトでは、この問題を Systems Management Server 2.0 の問題として認識しています。
詳細
SMS のネットワーク探索、匿名接続を使用してどのオペレーティング システムを決定をし、バージョン、コンピューターがします。 SMS のネットワーク探索は SNMP SysDescr 値を使用していない、SNMP が上になっている場合でも、RPC 呼び出しを行い、します。 SMS のネットワーク探索は、オペレーティング システムを判断できない場合に、書き込めませんそのプロパティを生成された探索データ レコード (DDR)。 SMS 探索データ マネージャー (DDM) のみクライアント構成要求 (CCR) Microsoft Windows NT] </a0>、[Microsoft Windows 2000、または [Microsoft Windows XP を実行しているコンピューターで生成、ためには DDM オペレーティング システムの DDR を確認できますがない限り CCR を作成できませんにされています。
prodsms

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:311257 - 最終更新日: 02/07/2014 14:26:01 - リビジョン: 3.2

Microsoft Systems Management Server 2.0

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbnetwork kbui kbmt KB311257 KbMtja
フィードバック