Windows 用の更新プログラムのロールアップ 8.1 Azure パック

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3114172
はじめに
この資料では、Windows Azure のパックの更新プログラムのロールアップ 8.1 で修正される問題について説明します。Windows Azure のパックの更新プログラムのロールアップの 8.1 のインストール手順も含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • テナントは、更新プログラム ロールアップ 8 を Windows Azure のパックを更新した後、第 1 の仮想マシンに DVD ドライブをアタッチできません。このシナリオでは、デバイスのアドレスの選択メッセージが表示"アドレスは利用可能な「テナントに DVD ドライブ空きがある場合でも。

    さらに、テナントが DVD ドライブを接続しようとすると、次のようなダイアログ ボックスが表示されます。

    使用可能なアドレスがありません。


  • 更新プログラムのロールアップ 8 のサービス管理の自動化 (SMA) には、管理者はキュー内のジョブを停止させる管理者サイトの新機能が導入されています。この機能は Windows Azure のパックには、このビルドで呼び戻されました。

    さらに、このリリースでは、更新プログラム ロールアップ 8 で追加されたキュー内のジョブを停止する] ボタンは削除されました。

取得し、Windows Azure のパックの更新プログラムのロールアップの 8.1 をインストールする方法

ダウンロード情報

Windows Azure のパックの更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update
入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、運用マネージャーのコンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。
  1. [ 開始、] をクリックし、 コントロール パネル.
  2. [コントロール パネル] をダブルクリックします。 Windows Update.
  3. Windows Update ウィンドウで、次のようにクリックします。 オンラインの Microsoft Update から更新プログラムを確認します。.
  4. [ 重要な更新プログラムが利用可能です.
  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、 [Ok].
  6. [ 更新プログラムをインストールします。 更新プログラム パッケージをインストールします。
手動で更新プログラム パッケージのダウンロード
Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。


インストール手順

インストール手順は、次の Windows Azure のパックのコンポーネントのことです。
  • テナント サイト
  • テナント API
  • パブリック API のテナント
  • 管理サイト
  • 管理 API
  • 認証
  • Windows 認証
  • 使用方法
  • 監視
  • Microsoft SQL
  • MySQL
  • Web アプリケーション ギャラリー
  • サイトの構成
  • ベスト プラクティス アナライザー
  • PowerShell API
Windows Azure パック (WAP) の各コンポーネントの更新プログラムの .msi ファイルをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. システムが現在利用可能 (顧客のトラフィックを処理する)、スケジュールの場合、Azure サーバーのダウンタイム。Windows Azure のパックは現在ローリング アップグレードをサポートします。
  2. 停止または十分に考慮するためのサイトに顧客のトラフィックをリダイレクトします。
  3. コンピューターのバックアップを作成します。

    注:
    • 仮想マシン (Vm) を使用する場合は、現在の状態のスナップショットを取得します。
    • Vm を使用していない場合は、各 MgmtSvc のバックアップをとる * WAP のコンポーネントがインストールされている各コンピューター上の inetpub ディレクトリ内のフォルダーです。
    • 情報と証明書、ホスト ヘッダー、またはすべてのポートの変更に関連するファイルを収集します。

  4. Windows Azure のパックのテナントのサイトで、独自のテーマを使用している場合は、次の使用例 メソッド テーマを保持するために更新プログラムを実行する前に変更します。
  5. 更新プログラムを実行するには、Microsoft Update を使用して各ノード上で直接、または Windows Server Update Services (WSUS) サーバーを経由します。
  6. 負荷分散] の下の各ノードには、次の順序でコンポーネント用の更新プログラムを実行します。
    • WAP がインストールされている元の自己署名証明書を使用する場合に、更新操作が置き換えられます。新しい証明書をエクスポートし、負荷分散の下の他のノードにインポートする必要があります。これらの証明書がある、CN = MgmtSvc-* (自己署名) の名前付けパターンです。
    • 必要に応じて、リソース プロバイダー (RP) サービス (SQL Server、SQL のマイ、SPF と VMM、web サイト) を更新します。RP サイトを実行していることを確認します。
    • テナント API サイト、テナントのパブリック API の管理者の API ノード、および管理者およびテナントの認証のサイトを更新します。
    • 管理者およびテナントのサイトを更新します。
  7. SQL Server リソース ガバナーの新たなサポートを有効にするには、次の手順に従います。
    1. ダウンロードしてこれを開くとテキスト エディター (または Windows PowerShell ISE) PowerShell スクリプト.Azure パックのデータベースは、このスクリプトが変更されます。
    2. 接続文字列の行を次のように変更します。

      $wapConnectionString ="サーバー = の値である; uid = sa; pwd = 貼り付けたり; データベースの = マスター」
    3. 管理-Svc の PowerShellAPI モジュールが含まれているコンピューターで管理者としてこのスクリプトを実行します。これらは、それらを実行しているコンピューターです。
      • 使用法の拡張
      • Web アプリケーション ギャラリーの拡張機能
      • SQL Server の拡張機能
      • MySQL 拡張モジュール
  8. すべてのコンポーネントが更新され正しく機能している場合を開くには、更新されたノードへのトラフィックを開始できます。それ以外の場合、「ロールバックの手順」セクションを参照してください。
重要: 更新から更新プログラムのロールアップに等しいかそれより古い場合 更新プログラムのロールアップ 5 Windows Azure パックでは、次 次の手順 WAP データベースを更新します。

ロールバック方法

場合に、問題が発生し、ロールバックが必要であると判断した、以下の手順を実行します。
  1. 「インストール手順」セクションの手順 3 で 2 番目スナップショットがある場合スナップショットを適用します。スナップショットがない場合は、次の手順に進みます。
  2. データベースとコンピューターを復元するのには、「インストール手順」の手順 3 で 1 番目と 3 番目のノートで行われたバックアップを使用します。

    システムを部分的に更新された状態にしないでください。ロールバックの操作を実行すべてのマシンで、Windows Azure のパックがインストールされている場合でも、1 つのノードの更新に失敗しました。

    推奨構成項目が正しいかどうかを確認するのには、Windows Azure のパックの各ノードに Windows Azure パック ベスト プラクティス アナライザーを実行します。
  3. 復元されたノードへのトラフィックを開きます。


この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル

変更されるファイルファイル サイズ (バイト単位)バージョン
MgmtSvc AdminAPI.msi4,300,800 3.29.8196.0
MgmtSvc AdminSite.msi17,616,896 3.29.8196.0
MgmtSvc AuthSite.msi12,083,200 3.29.8196.0
MgmtSvc Bpa.msi917,504 3.29.8196.0
MgmtSvc ConfigSite.msi7,950,336 3.29.8196.0
MgmtSvc Monitoring.msi4,468,736 3.29.8196.0
MgmtSvc Mp.msi1,519,616 3.29.8196.0
MgmtSvc MySQL.msi3,956,736 3.29.8196.0
MgmtSvc PowerShellAPI.msi3,846,144 3.29.8196.0
MgmtSvc SQLServer.msi4,276,224 3.29.8196.0
MgmtSvc TenantAPI.msi4,292,608 3.29.8196.0
MgmtSvc TenantPublicAPI.msi4,362,240 3.29.8196.0
MgmtSvc TenantSite.msi19,103,744 3.29.8196.0
MgmtSvc Usage.msi4,407,296 3.29.8196.0
MgmtSvc WebAppGallery.msi4,083,712 3.29.8196.0
MgmtSvc WindowsAuthSite.msi4,304,8963.29.8196.0


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3114172 - 最終更新日: 11/18/2015 07:49:00 - リビジョン: 1.0

Windows Azure Pack

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3114172 KbMtja
フィードバック