2016 の Outlook で新規の認証にスマート カード認証がサポートされていません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3115190
Outlook 2016 でスマート カード認証を有効にするには、次のようにインストールします。Outlook 2016 (KB3115147) は、2016 年 6 月 7 日更新、これらの手順を実行しています。

重要: このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。

  1. すべての Microsoft Office アプリケーションを終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。
    • Windows の 10 の先頭に移動を入力してください。 regedit 検索結果にregedit.exe ] をクリックし、[検索] ボックスにします。
    • Windows 8 または Windows 8.1 では、右上隅にマウスを移動する検索を選択して、入力してください。 regedit 検索のテキスト ボックスと、選択 regedit.exe 検索結果です。
    • Windows 7 または Windows Vista では、[開始] を選択、入力してください。 regedit 検索の開始 ボックス、しを選択regedit.exe 検索結果です。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけて選択します。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Exchange
  4. [編集] メニューで、新規作成] をポイントし、 DWORD 値を選択します。
  5. 入力してください。 AlwaysUseLegacyAuthForAutodiscover、し、Enter キーを押します。
  6. で、詳細ウィンドウで、プレス アンド ホールド (や右クリック) AlwaysUseLegacyAuthForAutodiscover、し、[変更] を選択します。
  7. [値データ] ボックスで、次のように入力します。 1、し、 [ok]を選択します。
  8. レジストリ エディターを終了します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3115190 - 最終更新日: 06/08/2016 01:15:00 - リビジョン: 1.0

Outlook 2016

  • kbqfe kbsurveynew kbexpertisebeginner kbbug kbfix kbtshoot kbmt KB3115190 KbMtja
フィードバック