OOBE でコンピュータの時刻を調整しないようにする方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP311781
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
この資料は、OEM (Original Equipment Manufacturer) 製造元を対象としています。

初めて新しいコンピュータの電源を入れたとき、ユーザーは通常いくつかの手順を実行して新しいコンピュータをセットアップする必要があります。その手順の 1 つに、タイム ゾーンの選択があります。ユーザーが選択したタイム ゾーンが、イメージで OEM が使用したタイム ゾーンと異なる場合、コンピュータの現在時刻は、OOBE (Out-of-Box Experience) によって新しいタイム ゾーンと一致するように調整されます。

OEM は、コンピュータの出荷先を把握している場合、工場内で適切なタイム ゾーンを設定することができます。これによって、OOBE で時刻を調整する必要がなくなります。この状況に対応するために、新しいキーが追加されました。
解決方法
この問題を解決するには、Windows XP の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法
修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付         時刻   バージョン        サイズ    ファイル名   --------------------------------------------------------   02-Nov-2001  19:40   5.1.2600.18   532,992  Msobmain.dll   19-Oct-2001  10:20                 169,576  Msobshel.htm

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Windows XP Service Pack 1 で修正済みです。
詳細
OOBE で時間を調整しないようにするには、Oobeinfo.ini ファイル (%windir%\system32\oobe フォルダ) の [options] セクションに、次の文字列を追加します。
KeepCurrentTime=1
Oobeinfo.ini ファイルで KeepCurrentTime が 0 に設定されている場合、または KeepCurrentTime が存在しない場合は、元の動作が使用されます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 311781 (最終更新日 2002-09-05) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:311781 - 最終更新日: 01/12/2015 19:10:43 - リビジョン: 1.1

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbfix kbsetup kbwinxppresp1fix kbwinxpsp1fix KB311781
フィードバック