Windows ベースのコンピューターのフリーズの問題をトラブルシューティングする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3118553
概要
この資料では、Windows ベースのコンピューターおよびサーバー上の固定の問題をトラブルシューティングする方法について説明します。管理者に役立つデータを収集するためのメソッドも用意されています。 または、ソフトウェア開発者の診断、特定、およびこれらの問題を修正します。
問題を特定します。
  • どちらのコンピューターを固定するとしますか。(例: 物理サーバー、仮想サーバー、およびようにします)。
  • フリーズが発生したときにどのような処理の実行中ですか。(例: GUI をシャット ダウンし、実行、 X 操作、および。
  • どのくらいの頻度、エラーが発生するのでしょうか。(例: のすべての夜 X 時間、周囲のすべての日 X 時間など)
  • コンピューターの数はこれが発生するでしょうか。(例: すべて、1 つ、または X 数) です。
Freeze ユーティリティをトラブルシューティングします。
凍結をトラブルシューティングするには、次の表を確認し、推奨のトラブルシューティング方法の 1 つ以上使用します。
コンピューターの種類と状態トラブルシューティング方法
固定された状態で実行されている物理コンピューター記載されているメソッドを参照してください、」物理コンピューターまたは固定された状態で実行されている仮想マシンの問題をトラブルシューティングします。セクションに進んでください。
固定された状態で実行されていない物理コンピューター記載されているメソッドを参照してください、」固定された状態で実行されていない物理的なコンピューターの問題をトラブルシューティングします。セクションに進んでください。
固定された状態で実行されている仮想マシン記載されているメソッドを参照してください、」Aphysical のコンピューター、または固定された状態で実行されている仮想マシンの問題をトラブルシューティングします。セクションに進んでください。
固定された状態で実行されていない仮想マシン記載されているメソッドを参照してください、」固定された状態で実行されていない仮想マシンの問題をトラブルシューティングします。セクションに進んでください。

物理コンピューターまたは固定された状態で実行されている仮想マシンの問題をトラブルシューティングします。

物理コンピューターまたはバーチャル マシンでも固定は場合は、トラブルシューティングの次の方法の 1 つ以上を使用します。

  • リモート デスクトップ、Citrix などを通じてコンピューターにアクセスしようとしてください。
  • Dell リモート アクセス カード (DRAC)、HP の統合型の完全自動 (iLo)、またはリモートの IBM のスーパーバイザーのアダプター (RSA) など、物理的なコンソールへのリモート アクセス機能のいずれかを使用してコンピューターにログオンするドメイン アカウントまたはローカル管理者アカウントを使用します。
  • コンピューターに ping をテストします。パケットのドロップをし、待ち時間の長いネットワークが発生する可能性があります。
  • 管理用共有へのアクセス (。サーバー名\c$).
  • キーを押して ctrl キーと alt キーを押しながら削除は、コマンドし、応答を確認します。
  • コンピューターの管理、リモートのサーバー マネージャーでは、Wmimgmt.msc などのリモート管理ツールを使用しようとしてください。

固定された状態で実行されていない物理的なコンピューターの問題をトラブルシューティングします。

物理コンピューターがフリーズしましたが、正常な状態で実行されています場合、は、トラブルシューティングの次の方法の 1 つ以上を使用します。


  • 問題が発生しているコンピューターのシステムおよびアプリケーション ログを確認します。次のイベント Id を使用して起動することができます。

    イベント ID: 41
    ソース: Microsoft Windows のカーネルの電力

    イベント ID: 6008
    ソース: イベント ログ

  • 実行して、システム診断レポートを生成します perfmon/report コマンドです。

固定された状態で実行されていない仮想マシンの問題をトラブルシューティングします。

仮想マシンがフリーズしましたが、正常な状態で実行されています場合、は、トラブルシューティングの次の方法の 1 つ以上を使用します。
  • 問題が発生しているコンピューターのシステムおよびアプリケーション ログを確認します。次のイベント Id を使用して起動することができます。

    イベント ID: 41
    ソース: Microsoft Windows のカーネルの電力

    イベント ID: 6008
    ソース: イベント ログ

  • 実行して、システム診断レポートを生成します perfmon/report コマンドです。
  • 仮想管理の監視ツールで履歴を確認してください。

サーバー割り当てのデータを収集します。
サーバー割り当てのデータを収集するには、次の表を確認し、推奨の方法の 1 つ以上使用します。
コンピューターの種類と状態データの収集方法
固定された状態で実行されている物理コンピューターメモリ ダンプ ファイルを使用してデータを収集するには.または、2、3、または 4 のメソッドを使用します。これらのメソッドは、このセクションに後で表示されます。
固定された状態で実行されていない物理コンピューター1、2、3、または 4 のメソッドを使用します。これらのメソッドは、このセクションに後で表示されます。とプールのモニターを使用してデータを収集するには.
固定された状態で実行されている仮想マシンHyper-vor VMware:
メモリ ダンプ ファイルを使用して、固定された状態で実行されている仮想マシンのデータを収集するには.

XenServer。
1、2、3、または 4 のメソッドを使用します。これらのメソッドは、このセクションに後で表示されます。
固定された状態で実行されていない仮想マシン1、2、3、または 4 のメソッドを使用します。これらのメソッドは、このセクションに後で表示されます。

方法 1: メモリのダンプ

重要: 以下の手順は慎重に実行してください。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。

完全メモリ ダンプ ファイルは、コンピューターが予期せず停止したときに、システム メモリのすべての内容を記録します。完全メモリ ダンプ ファイルには、メモリ ダンプ ファイルが収集されたときに実行していたプロセスからのデータが含まれている可能性があります。

コンピューターのメモリのダンプを有効にするには、以下の手順を実行します。

注: <b>Compaq コンピューターでは、自動システム再起動 (ASR) 機能など、コンピューター上で有効になっている再起動機能がある場合は無効にします。この設定は通常、BIOS で見つかりました。この機能を有効にすると、BIOS がオペレーティング システムからのハートビートを検出しない場合はコンピューターを再起動します。再起動には、ダンプ プロセスを中断できます。

  1. コンピューターが完全メモリ ダンプ ファイルを取得するのには設定されていることを確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [システムのプロパティを参照して >詳細>パフォーマンス設定>詳細設定] と、チェックまたは変更] をクリックして仮想メモリの変更。
    2. [システムのプロパティに戻る >詳細> [起動と回復の設定をします。
    3. [デバッグ情報の書き込みセクションで、 [完全メモリ ダンプを選択します。

      注: <b>Windows 8 または Windows Server 2012 より前バージョンの Windows で [完全メモリ ダンプの種類は、GUI で使用できます。レジストリ エディターで変更することがあります。これを行うには、次のCrashDumpEnabledレジストリ エントリの値を1 (REG_DWORD) に変更します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl\CrashDumpEnabled

    4. 既存のファイルに上書きを選択します。
    5. システム ドライブ上のページング ファイル (pagefile.sys) は、(最初と最大サイズ) は、インストールされている RAM より最低 100 メガバイト (MB) であることを確認してください。

      また、使用することができます、 Windows Vista または Windows Server 2008 のシステム ドライブの容量の制限を回避する方法.
    6. 領域があることより解放をハード ディスク ドライブの物理 RAM の容量を確認します。
  2. キーボードを使用してダンプ ファイルを生成するシステムを可能にしますレジストリ値を有効にします。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. レジストリ エディターへの移動し、次のレジストリ キーを見つけます。
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\kbdhid\Parameters
    2. 2 つのレジストリ キーにしますの次のレジストリ エントリを作成します。
      Value Name: CrashOnCtrlScroll   Data Type: REG_DWORD   Value: 1
    3. レジストリ エディタを終了します。
    4. コンピューターを再起動します。
  3. いくつかの物理サーバ上の Web インターフェイス機能 (DRAC、iLo、RSA など) から nonmakeable 割り込み (NMI) を生成することがあります。ただし、既定では、この設定はシステムを停止せず、メモリ ダンプを作成します。

    NMI 割り込みでメモリ ダンプ ファイルを生成するオペレーティング システムを許可するには、値を設定します NMICrashDump1(REG_DWORD) にレジストリのエントリです。その後、コンピューターを再起動してこの変更を適用します。

    注: <b>これは、Windows 7、Windows Server 2008 R2、および Windows の以前のバージョンに対してのみ適用されます。Windows 8 の Windows Server 2012、およびそれ以降のバージョンの Windows では、NMICrashDumpレジストリ キーは必須ではありませんし、NMI 割り込みが発生メモリ ダンプのデータの収集に依存している Stop エラーが発生.
  4. 問題が発生して、コンピューターと右側の Ctrl キーを押しながら Scrolllock キーを 2 回押して、メモリ ダンプ ファイルを生成します。

    注: <b>既定では、ダンプ ファイルは次のパスにあります。
    %Systemroot%\memory.DMP

方法 2: データの整合性チェック

メモリ ダンプ ファイルを読み取るまたはファイルが正しく作成されていることを確認するには、ダンプ チェック ユーティリティ (Dumpchk.exe) を使用します。Dumpchk は、Windows ソフトウェア開発キット (SDK) から、Windows 用デバッグ ツールからダウンロードできます。

について Dumpchk.exe を使用して、ダンプ ファイルをチェックする方法.

方法 3: パフォーマンス モニター

Windows パフォーマンス モニターを使用すると、実行するプログラムが、リアルタイムでし、後で分析のログ データを収集して、コンピューターのパフォーマンスにどのように影響するかを確認します。管理者として実行されているコマンド プロンプトで、ローカルおよびリモートのシステムのパフォーマンス カウンターおよびイベント トレース ログのコレクションを作成するには、次のコマンドを実行します。
Logman create counter LOGNAME_Long -u DOMAIN\USERNAME * -f bincirc -v mmddhhmm -max 500 -c "\\COMPUTERNAME\LogicalDisk(*)\*" "\\COMPUTERNAME\Memory\*" "\\COMPUTERNAME\Network Interface(*)\*" "\\COMPUTERNAME\Paging File(*)\*" "\\COMPUTERNAME\PhysicalDisk(*)\*" "\\COMPUTERNAME\Process(*)\*" "\\COMPUTERNAME\Redirector\*" "\\COMPUTERNAME\Server\*" "\\COMPUTERNAME\System\*" "\\COMPUTERNAME\Terminal Services\*" "\\COMPUTERNAME\Processor(*)\*" "\\COMPUTERNAME\Cache\*" -si 00:05:00
Logman create counter LOGNAME_Short -u DOMAIN\USERNAME * -f bincirc -v mmddhhmm -max 500 -c "\\COMPUTERNAME\LogicalDisk(*)\*" "\\COMPUTERNAME\Memory\*" "\\COMPUTERNAME\Network Interface(*)\*" "\\COMPUTERNAME\Paging File(*)\*" "\\COMPUTERNAME\PhysicalDisk(*)\*" "\\COMPUTERNAME\Process(*)\*" "\\COMPUTERNAME\Redirector\*" "\\COMPUTERNAME\Server\*" "\\COMPUTERNAME\System\*" "\\COMPUTERNAME\Terminal Services\*" "\\COMPUTERNAME\Processor(*)\*" "\\COMPUTERNAME\Cache\*" -si 00:00:10

次に、開始または次のコマンドを実行して、ログを停止できます。
logman start LOGNAME_Long / LOGNAME_Shortlogman stop LOGNAME_Long / LOGNAME_Short
パフォーマンス モニター ログは、次のパスにあります。
C:\PERFLOGS

方法 4: Microsoft サポート診断

  1. [検索] ボックスで、 Microsoft サポート診断のセルフ サービス ポータル、種類 Windows パフォーマンス診断.
  2. 検索の結果に選択Windows パフォーマンス診断、し、[作成] をクリックします。
  3. 診断の手順を実行します。

メモリ ダンプを使用して、固定された状態で実行されている物理コンピューターのデータを収集するには

重要: 以下の手順は慎重に実行してください。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。

コンピューターのメモリのダンプを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. サーバーが完全メモリ ダンプ ファイルを取得するのには設定されていると、ネットワークを通じてアクセスできることを確認ください。これを行うには、以下の手順を実行します。

    注: <b>影響を受けるコンピューターにネットワークを介してアクセスすることはできません、NMI 割り込みでメモリ ダンプ ファイルの生成を試みます。次の設定のいくつかの修飾されていない場合、アクションの結果は、メモリ ダンプ ファイルを収集しません。

    1. 任意の方法でコンピューターのデスクトップにアクセスしようとしてください。

      注: <b>オペレーティング システムにアクセスできない場合に、メモリ ダンプ ファイルと、コンピューターが現在構成されているページのファイルの種類を確認するためにリモートでコンピューターのレジストリ エディターにアクセスしてみてください。
    2. 可能であれば、同じネットワークおよびサブネット内にあるリモート コンピューターからレジストリ エディターに移動 >ネットワーク レジストリへの接続します。関連のコンピューターへの接続し、次の設定を確認します。
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl\CrashDumpEnabled

        確認します CrashDumpEnabledレジストリ エントリは、1 です。
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl\NMICrashDump

        物理サーバーによっては、NMICrashDump レジストリ エントリが存在するし、その値は 1 に NMI (DRAC、iLo、RSA など) のリモート管理機能の利用をかかることがあります。
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management\PagingFiles and ExistingPageFiles

        サイズのページファイルのレジストリ エントリの値がシステム管理の場合は、レジストリに反映されません (値の例:?: \pagefile.sys)。

        場合は、ページファイルをカスタマイズすると、サイズに反映されます、レジストリでは、次のように '?: \pagefile.sys 1024 1124' ここは、初期サイズを 1024 ビットで、1124年最大サイズです。

        注: <b>ページファイルが格納されている管理用の共有にアクセスしよう場合は、サイズは、レジストリに反映されていない、(次のように。サーバー名\C$).
    3. コンピューターのシステム ドライブ上のページング ファイル (pagefile.sys) をインストールされている RAM 上に 100 MB 以上であることを確認してください。
    4. あることを確認するに多くの空きをコンピューターのハード ディスク ドライブ上の領域は、物理よりも RAM です。
  2. キーボードを使用してダンプを生成するシステムを許可するコンピューターの値にしますレジストリを有効にします。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. レジストリ エディターには、同じネットワークおよびサブネットで可能であればリモート コンピューターから >ネットワーク レジストリへの接続します。関連のコンピューターに接続し、次のレジストリ キーを見つけます。
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\kbdhid\Parameters
    2. 2 つのレジストリ キーにしますの次のレジストリ エントリを作成します。
      Value Name: CrashOnCtrlScroll   Data Type: REG_DWORD   Value: 1
    3. レジストリ エディタを終了します。
    4. コンピューターを再起動します。
  3. 問題が発生して、コンピューターと、右の CTRL キーを押しながら SCROLLLOCK キーを 2 回押して、メモリ ダンプを生成します。

    注: <b>既定では、ダンプ ファイルは次のパスにあります。
    %Systemroot%\memory.DMP

プールのモニターを使用して、固定された状態で実行されていない物理的なコンピューターのデータを収集するには

プール モニター表示する割り当ての数および割り当ての未処理のバイト プールとExAllocatePoolWithTagの呼び出しに渡されるタグの種類。

について プールのモニターを使用する方法 する方法 データを使用してプール リークのトラブルシューティング.

メモリ ダンプを使用して、固定された状態で実行されている仮想マシンのデータを収集するには

仮想マシンを実行しているアプリケーションの次のいずれかを使用します。

Microsoft Hyper-v

使用して組み込み NMI 機能を使用する Microsoft HYPER-V Server 2012 と Windows 8 の、Windows Server 2012 では、またはそれ以降のバージョンの Windows を実行している仮想マシンでは、上、 デバッグ VM デバッグ、メモリ ダンプを取得するコマンドレットです。

HYPER-V バーチャル マシンをデバッグするには、Windows PowerShell で次のコマンドレットを実行します。
Debug-VM -Name "VM Name" -InjectNonMaskableInterrupt -ComputerName Hostname

このメソッドは、Windows 8 と Windows Server 2012 では、Windows 仮想マシンのそれ以降のバージョンにのみ適用されます。以前のバージョンの Windows では、1 ~ 4 でこのセクションで前述のメソッドを参照してください。

VMware

VMware スナップショットを使用して、または状態を一時停止し、完全メモリ ダンプ ファイルにメモリ ダンプ ファイルを抽出できます。使用して、 チェックポイントの中核となるツール (vmss2core)、変換することができます (.vmss) を両方とも中断し、スナップショット (.vmsn) 状態のファイルにダンプ ファイルし、標準の Windows のデバッグ ツールを使用してファイルを分析します。

Citrix XenServer

右の CTRL + スクロール ロック + スクロール ロック キーの組み合わせでは、方法 1 と記載されているキーを押し、メモリ ダンプ処理が行われます Citrix のサイト.

詳細

Windows Vista および Windows Server 2008 のシステム ドライブの容量の制限

Windows Vista または Windows Server 2008 では、システム ボリューム上の完全メモリ ダンプ ファイルを生成するには、十分な空きディスク領域をしないがあります。は、 修正プログラム 利用できるデータの収集、メモリ ダンプ ファイルを保存するのにはシステム ドライブに十分な空き領域がない場合でも。

さらに、Windows Vista と Windows Server 2008 Service Pack (SP2) が 2 番目のオプションは、システム ドライブに十分な領域がない場合。つまり、DedicatedDumpFile レジストリ エントリを使用することができます。レジストリ エントリを使用する方法についてを参照してください。 Windows Vista および Windows Server 2008 での新しい動作.

詳細については、 システム ドライブの容量の制限を克服するために、DedicatedDumpFile レジストリ値を使用する方法.
サードパーティ情報の免責事項

この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3118553 - 最終更新日: 12/11/2015 02:01:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2016 Technical Preview, Windows 10, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 8, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Professional, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Home Basic, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Foundation, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Business, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Home Basic

  • kbprb kbtshoot kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB3118553 KbMtja
フィードバック