判断できない場合は、ワークグループでのグループ ポリシー セキュリティ設定には、Windows クライアントが参加しています。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3118649
現象
次のような状況を考えます。
  • ワークグループ環境で Windows 7 に、Windows 8 ベースおよび Windows 8.1 ベースのコンピューターがあります。
  • ローカル グループ ポリシー エディター、し、移動コンピューターの構成] を開きます。
  • いくつかセキュリティ設定、および、クリックするとユーザー権利の割り当てを変更するとします。
この場合、次のようなエラー メッセージが表示されます。

このコンピューターに適用されるグループ ポリシー セキュリティ設定がわかりませんでした。
ローカル セキュリティ ポリシー データベース (%windir%\security\database\secedit.sdb) からこれらの設定を取得しようとしたときにエラーが返されます: 拡張エラーが発生しました。

注:


  • すべてのローカル セキュリティ設定が表示されますが、特定のセキュリティ設定がグループ ポリシーで定義されているかどうかを示すを指定しません。
  • このユーザー インターフェイスをとおして変更されるローカル セキュリティの設定は、ドメイン レベルのポリシーで後でオーバーライド可能性があります。また、権利の割り当て] ウィンドウは表示されません。
原因
この問題は、リモート プロシージャに影響する問題は、セキュリティ設定を更新するときに (RPC) ランタイムを呼び出すために発生します。
回避策
この問題を回避するには、ローカル グループ ポリシー エディターの設定を更新した後にセキュリティ設定をチェックするの新しいインスタンスを開きます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3118649 - 最終更新日: 11/24/2015 17:29:00 - リビジョン: 1.0

Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbtshoot kbmt KB3118649 KbMtja
フィードバック