Center Virtual Machine Manager のシステムと管理対象ホストのウイルス対策の除外を推奨

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3119208
概要
ウイルス対策ソフトウェアが Microsoft System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) サーバーまたは管理対象のホスト (スケール アウト ファイル サーバー (SOF) を含む) を実行している場合は、ウイルス対策の除外を設定してください。SCVMM サーバー自体に、SCVMM によって管理されているホストに関連するウイルス対策の除外について説明します。
詳細
SCVMM サーバー、SCVMM のライブラリ、および管理対象ホストの種類の除外、次のウイルス対策ファイルを設定することをお勧めします。
  • SCVMM のライブラリおよびライブラリに格納されているすべての VHD、VHDX、AVHD、AVHDX、VSV、および ISO ファイルの共有
  • HYPER-V ホストおよびホスト ・ クラスターに格納されているすべての VHD、VHDX、AVHD、AVHDX、VSV、および ISO のファイルです。通常、これらのファイルの種類は次の場所にあります。
    • 既定のバーチャル マシン構成ディレクトリとそのサブディレクトリは、これらを使用する場合
      • C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V

    • デフォルト仮想マシンのバーチャル ハード ディスク ファイルのディレクトリとそのサブディレクトリは、これらを使用する場合
      • C:\Users\Public\Documents\Hyper-V\Virtual ハード ディスク

    • スナップショット ファイルの既定のディレクトリとそのサブディレクトリは、これらを使用する場合
      • C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Snapshots

    • 既定のクラスター共有ボリューム (CSV) のパスとすべてのサブディレクトリは、クラスターの共有ボリュームを使用する場合。
      • C:\ClusterStorage

        注:CSV ボリュームのクラスターに対して例外を設定するためのメソッドが変更されました。パス"C:\ClusterStorage\volume(x)"を設定していません。新しいメソッドは、ボリュームの id。 を使用して除外を設定するにはボリューム ID は、管理者特権でコマンド プロンプトを開き、mountvolコマンドを実行して確認できます。サンプル出力は次のとおり-

        \\?\Volume{83843316-a7f8-4cf7-b8c3-003186740fbd}\
        C:\ClusterStorage\Volume1\

        この例では、アクセス違反の例外が、- \\?\Volume{83843316-a7f8-4cf7-b8c3-003186740fbd}\ のでしょう。

    • すべての適用可能なカスタム仮想ハード ディスクのディレクトリ
    • カスタム レプリケーション データ ディレクトリに、HYPER-V レプリカを使用するか、保護、仮想マシンの Azure (Azure サイト回復 [ASR] サービスなど) での作業負荷




注:
  • SMB 3.0 ファイル共有上の仮想マシン ファイルを保存するいるし、ファイル ・ サーバで実行されているウイルス対策ソフトウェアが、ファイル サーバー上で、適切な除外リスト (記載したように) 以前のバージョンを設定します。
  • 次の 2 つの HYPER-V プロセスは、すべての HYPER-V ホスト上のウイルス対策ソフトウェアでプロセスの除外項目として設定する必要があります。
    • Vmms.exe
    • Vmwp.exe
  • 仮想マシンを HYPER-V 管理コンソールに表示されない場合は、ウイルス対策の除外を設定し、HYPER-V 仮想マシン管理サービスを再起動してください。
  • エラー コード 0x800704C8 が表示される場合、バーチャル マシン構成ファイルが破損します。このエラーが発生し、HYPER-V 仮想マシン管理サービスを再起動することによって問題を解決することはできません、仮想マシンを再作成またはバックアップから復元する必要があります。
  • Center Virtual Machine Manager のシステムの次のプロセスは、システム Center Virtual Machine Manager のすべてのサーバーにウイルス対策ソフトウェアでプロセスの除外項目として設定する必要があります。
    • Vmmservice.exe
    • VmmAgent.exe
    • VmmAdminUI.exe
SCVMM を HYPER-V のウイルス対策、ウイルス対策の除外

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3119208 - 最終更新日: 09/26/2016 16:02:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager, Microsoft System Center 2012 Virtual Machine Manager, Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 R2, Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 Service Pack 1, Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 R2, Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008, Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2007

  • kbinfo kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB3119208 KbMtja
フィードバック