クラウド プラットフォーム システム プレミアムの 2.1 を更新します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3119861
概要
クラウド プラットフォーム システム (CPS) の割増 1.0 2.1 更新プログラムには、重要な Windows 更新プログラム、VMM 2012 R2 の追加のプライベート修正プログラムおよび実行更新プログラムを実行する前に、正常性チェックを実行することを可能にする新しい機能が含まれています。Windows の更新プログラムの一覧では、この資料の末尾に含まれています。

注: <b>ドライバーまたはファームウェアの更新プログラムがこの更新プログラム パッケージに含まれているはありません。
詳細
CPS プレミアム 1.0 2.1 更新プログラムをインストールするのには以下の手順を実行します。この更新手順では、2.0 の更新が既にインストールされている前提としています。

手順 1: パッケージを準備します。

1、2、アカウント ・ チームによって提供されている CPS 管理者ガイド 』 の「更新プログラムの適用環境を準備する」セクション手順に従います。ファームウェアまたはドライバーの更新プログラム、CPS 管理者ガイド」の手順 3 と 4 がないので適用されません。

重要:更新プログラムのプロセスは開始されません。

手順 2: 正常性チェックを実行し、検出された問題を修正

マイクロソフトの修正プログラムと更新プログラム (P & U) フレームワークは、非干渉的な読み取り専用の状態を確認することを可能にする新しい機能をサポートしています。これにより、実際の更新プログラムを実行する前に基本的なスタンプの状態です。

稼働状態チェックを実行するには、実行 P & U を呼び出すと、 -HealthCheckOnlyのパラメーターを使用します。
  1. CPS の更新プログラムの管理者など、修正プログラム用に作成したアカウントでログオンしていることを確認します。その後、次の Windows PowerShell コマンドを実行: $cred = (whoami) の資格を取得します。
  2. ダイアログ ボックスが表示されたら、アカウントのパスワードを入力します。
  3. CPSPU フォルダーの名前が特定の更新プログラム パッケージを使用したフォルダー名を次のコマンドを実行します。
    \\<Name  of SOFS in rack 1>\SU1_InfrastructureShare1\<CPSPU Folder Name>\Framework\PatchingUpgrade\Invoke-PURun.ps1 –HealthCheckOnly -PUCredential $cred
  4. 検出された問題を修正しようとしてください。理想的には、解決するには P & U の前にすべての重要な Operations Manager アラートを実行しようとする必要があります。

2.1 の更新プログラムの正常性チェックの種類の概要

  1. P & U が管理者によって呼び出されることを保証します。
  2. 管理仮想マシンとホストがオフライン VHD をサービスするために必要な最小ディスク容量をチェックします。
  3. サービス アカウントのパスワードの有効期限をチェックします。
  4. ファイアウォール サービスが実行されていることを確認することを確認します。
  5. ホストと仮想マシンの管理にインストールされている KB の更新プログラムの一覧を取得することができます、Windows Update エージェントを確認します。
  6. 重要なの System Center Operations Manager の未解決のアラートがないことを確認します。このチェックでは、新しく追加された - ScomAlertAction パラメーターを使用します。既定では、このパラメーターは"Stop"に設定します。重大な警告が発生した場合、稼働状態のチェックは停止しません。すべては、これを実行すると、静止画と稼働状態のチェックの最後に正常性チェック レポートのエラー情報を確認します。

WSUS に関連する状態 (常に実行) のチェック

  1. コンポーネントが正常な状態であることを確認するように WSUS サーバー チェックします。
  2. WSUS サーバーがないことを確認するのには高速のパッケージをダウンロードする設定を確認します。
  3. 現在のユーザーは、WSUS 管理者であるかをチェックします。
  4. 重複や不要なコンテンツの改訂版の WSUS サーバーをチェックします。
  5. 最後の WSUS サーバーの同期が成功したことを保証します。

WSUS 関連の稼働状態のチェック (2 番目およびそれ以降の P & U 実行)

  1. VMM 管理の仮想マシンの一覧が、WSUS のコンピューター仮想マシンのリストと一致しているようにします。
  2. 管理の仮想マシンとホスト定期的にご利用料金 WSUS を確認します。

クラスターの正常性

  1. クラスター ノードは、「上」されます。
  2. により、クラスター リソースが「オンライン」であります。
  3. ゲスト クラスターは仮想マシンが"Failed"状態ではないことを保証します。

2.1 の特定の正常性チェックを追加

  1. 管理のすべての仮想マシンが実行されていることを確認することを確認します。
  2. 仮想マシンとホストに正しい WSMan 接続を保証します。
  3. 正しい Windows PowerShell 実行ポリシーを設定することを保証します。
  4. 管理仮想マシンのサービスのテンプレートが有効であるようにします。
  5. ファイル サーバーと Active Directory の両方の仮想マシンの稼働状態をチェックします。
  6. SCOM データベース復旧モデルの正しい状態を確認します。
  7. チェックはロード バランサー機器の可用性です。
  8. CAU の修正プログラムの共有内の FirmwareAndDrivers フォルダーに、予期しない内容が含まれていないことを確認することを確認します。

2.1 の更新プログラムをインストールする前に前提条件の VMM の修正プログラムのインストールを手順 3。

更新プログラム ロールアップ 6 のシステム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager (VMM)、ホストは、レガシ モードになったら、すぐに返されなかったイベント モードに 20 日間ので導入された問題が発生しました。したがって、VM のプロパティは更新されません、し、イベントが受信されなかった HYPER-V から 20 日間。

この問題は、イベント モードと従来のモードの両方の 20 日、有効期限を設定する UR6 に変更されたために発生します。従来のリフレッシャーは、2 分後に実行する必要があります理想的は 20 日の後に実行されます。それまでは、イベント処理を無効にします。

この問題を解決するには、次の手順を使用して VMM の修正プログラムをインストールする必要があります。

VMM 2012 R2 の秘密の修正プログラムを適用する方法

注: <b>可用性の高い VMM ロール (<Prefix></Prefix>-高可用性-VMM) は、2 つのノードのクラスターの役割<Prefix>-</Prefix>VMM 01 と<Prefix></Prefix>VMM 02。、以下の指示には、Node1 と Node2 としてこれらを参照してください。
  1. 指定の場所からは、C:\HostModeHotfix など、コンソール、仮想マシン上のフォルダーにHostMode_Hotfix.exeファイルをコピーします。
  2. HostMode_Hotfix.exeファイルをダブルクリックして、[使用許諾契約書を確認し、[はい] をクリックします。
  3. C:\HostModeHotfix など、展開されたファイルを保存するフォルダーを選択し、[ OK] をクリックします。
  4. VMM のパッシブ ノードを決定します。これを行うには、Windows PowerShell ISE のセッションを開くし、プレフィックスのスタンプの接頭辞は、次のスクリプトを実行します。
    $VmmServerName = "<Prefix>-HA-VMM"$vmmServer = Get-SCVMMServer -ComputerName $VmmServerName  $activeNode = $vmmServer.ActiveVMMNode$passiveNodes = @()$vmmServer.FailoverVMMNodes | ForEach-Object {   if($_.ToLower() -ne $activeNode.ToLower()){  $passiveNodes += $_  }}$passiveNodes
    このスクリプトでは、VMM のパッシブ ノードのサーバー名を返します。(この例と仮定を最初に、node 2 はパッシブ ノードです。)
  5. ファイル エクスプ ローラーでは、パッシブ ノードの次のフォルダーを参照してください。
    \\<Prefix>- VMM 0 #> \c$\Program</Prefix> マシンのファイル システム センター 2012 R2\Virtual Manager\bin
  6. \Binフォルダーに次のファイルのバックアップ コピーを作成します。
    • Engine.Common.dll
    • Utils.dll
  7. VMM コンソールでは、VMM のパッシブ ノードが実行されているどの (クラスター内のホストの管理) を決定します。
  8. HYPER-V マネージャーを開き、前の手順で特定した管理クラスター ホストへの接続し、VMM のパッシブ ノードに接続します。
  9. VMM のノードを開くには管理者特権の Windows PowerShell セッションでは、 powershellを入力し、次のコマンドを実行します。
    サービスの停止 SCVMMService
    サービスの停止 SCVMMAgent
  10. サービスが停止を確認します。次のコマンドを入力します。
    Get サービス SCVMMService
    Get サービス SCVMMAgent
    それぞれの状態が停止であることを確認します。
    システム センター管理サービスのホストプロセスを終了するメッセージが表示されたら、[無視] をクリックします。
  11. コンソールの vm では、パッシブ ノードの次のフォルダーを参照してください。
    \\<Prefix>- VMM 0 #> \c$\Program</Prefix> マシンのファイル システム センター 2012 R2\Virtual Manager\bin
  12. \Binフォルダーに、以下のファイルを修正プログラム パッケージから抽出したファイルの新しいバージョンに置き換えます。
    • Engine.Common.dll
    • Utils.dll
  13. VMM のパッシブ ノード上のサービスを開始するのには次のコマンドを実行します。

    サービスを開始 SCVMMAgent

    注: <b>VMM サーバーのパッシブ ノードがアクティブでない場合、SCVMMService は開始されません。ノードがアクティブ ノードになったときにのみ、SCVMMService が開始されます。これは仕様です。
  14. フェールオーバー クラスター マネージャーでは、フェールオーバーを開始します。これは、ノード 1 になりますが、新しいパッシブ ノードになり、(これは既に更新されて) ノードを 2 アクティブ ノードになります。
    a. はフェールオーバー クラスター マネージャーを開き、 <Prefix>-CL VMM</Prefix>のクラスターへの接続します。
    b. は、ロールをクリックします。ロールウィンドウには、所有者のノード列で、アクティブなノードが表示されます。アクティブ ノードを右クリックしポイントを移動するにして、ノードの選択] をクリックします。他のノードを選択し、実行中に、新しいアクティブ ノードの状態が変わるかどうかを確認します。数秒をかかります。
  15. 6 ~ 13 (この例では、ノード 1) では、新しいパッシブ ノード上の VMM のファイルを更新するための手順に従います。

(必要な場合)、この修正プログラムを元に戻す

  1. VMM のパッシブ ノードで、SCVMMService サービスを停止および SCVMMAgent サービスを停止します。
  2. Virtual Machine Manager のインストール ディレクトリの下のファイルをバックアップ ファイルに置き換えます。
  3. SCVMMAgent サービスを開始します。
  4. SCVMMService サービスを開始します。
  5. フェールオーバー クラスター マネージャーでのフェイル オーバーを開始する、<Prefix>の HA-VMM</Prefix>クラスターの役割です。
  6. 新しいパッシブ ノードで手順 1 4 からを繰り返します。

P & U ステップ 4: 実行するパッケージを更新します。

2.1 の更新プログラムを適用する CPS 管理者ガイド 』 の「コンピューターの更新」セクションで説明する手順に従います。ただし、2.1 以降の更新を開始する、P & U は自動的に更新プロセスの一部として稼働状態チェックを実行します。– ScomAlertActionパラメーターの値を変更することによって重要な Operations Manager アラートが検出された場合の動作を制御することができます。

– ScomAlertActionパラメーターには、次の使用可能な値があります。
停止するパラメーターの値。
説明: P & U の既定の動作を実行します。すべての稼働状態チェックを実行し、P & U の更新が停止操作マネージャーの重要なアラートがある場合。

パラメーター値:ダイアログを表示
説明: は、すべての稼働状態チェックを実行します。オペレーション ・ マネージャーの重要なアラートがある場合は、更新処理を続行するかどうかを確認します。

続行をパラメーターの値。
説明: は、すべての稼働状態チェックを実行します。出力の場合は、重要な情報を警告のアラートが検出されると、Operations Manager は更新プロセスが続行されます。

管理者ガイド」は、以下のコマンドを実行する P & U を示しています。
\\<Name of SOFS in rack 1>\SU1_InfrastructureShare1\<CPSPU Folder Name>\Framework\PatchingUpgrade\Invoke-PURun.ps1 -PUCredential $cred
正確に示すように、このコマンドを実行する場合 P & するは、稼働状態のチェックの一部として実行更新プロセスの既定の動作で、– ScomAlertAction が"Stop"に設定されています。

「ダイアログを表示」または「続ける」に変更するには目的値を持つ – ScomAlertAction パラメーターを指定します。
\\<Name of SOFS in rack 1>\SU1_InfrastructureShare1\Framework\PatchingUpgrade\Invoke-PURun.ps1 -ScomAlertAction "Continue" -PUCredential $cred
注: <b>更新 2.0 がインストールされて既にのため、CPS 管理者ガイド」の他の前提条件は、2 を更新」セクションを無視できます。

Windows Server 2012 R2 の更新プログラム

2015 年 9 月 8 日 - ハイパー-v: セキュリティ更新プログラムの MS15-105: 説明 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3087088
Windows シェル用のセキュリティ更新プログラムの MS15-109: 説明: 2015 年 10 月 13 日に - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3080446
Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-115: 説明: 2015 年 11 月 10 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3097877
ファイルが完全に最適化されていないし、Windows Server 2012 R2 での重複除外のキャッシュ ロック競合の問題が発生します。 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3094197
HYPER-V ホストがクラッシュし、Windows Server 2012 R2 の Windows 8.1 で VM のライブ マイグレーションを実行するとエラーが発生 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3031598
アプリケーションは、Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 R2 のファイルを読み取るときに、"STATUS_CONNECTION_RESET"エラー https://support.microsoft.com/en-us/kb/3076950

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3119861 - 最終更新日: 12/25/2015 04:33:00 - リビジョン: 1.0

Cloud Platform System

  • kbinfo kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB3119861 KbMtja
フィードバック