Capslock キーが予期せず Windows Server 2012 ベースのコンピューターへのリモート デスクトップ セッションで文字を反転します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3120433
現象
リモート デスクトップ セッションで、リモート コンピューターに接続することを想定しています。Winword.exe または osk.exe などのアプリケーションでは、Capslock キーの状態を変更する場合、クライアント コンピューターにこの変更が同期されません。

たとえば、リモート デスクトップ セッションで、Microsoft Word を起動、'h' を入力、キーボードを押して、Caps Lock キーをオンにして 'いらっしゃい、' を入力し、単語は、'こんにちは'。その後、Enter キーを押します。このような場合は、Word で 'こんにちは' を 'こんにちは' を自動的に修正され、Caps Lock キーが、リモート デスクトップ セッションで無効になっています。ただし、クライアントの物理的なキーボードの Caps Lock ライトがまだ上と、キャップ ロックの状態でいます。Capslock キーの状態であるリモート デスクトップ セッションでは同期されません。

注: <b>

'偶発的なの正しい使用法 Capslock キー' [オート コレクトのオプション] でこの問題をトリガーする Word の機能の名前です。

、Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターにリモート デスクトップ セッションで、同じ手順を使用する場合クライアントの物理的なキーボードの Caps Lock キーもに、リモート デスクトップ セッションで同期の状態をオフにします。
原因
この問題は、Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 は、「リモート デスクトップ キーボード デバイス」を使用して、リモート デスクトップ セッションでキーボード入力を処理するために発生します。
解決方法
クライアントおよびリモート デスクトップ セッションの Caps Lock キーの同期をもう一度、[リモート デスクトップ セッションのウィンドウを最小化またはリモート デスクトップ セッションのウィンドウの外にマウスをクリックしをもう一度クリックする必要があります。

Office アプリケーションでは、問題を修正するオート コレクトのオプションでCapslock キーの偶発的な適切な使用を無効にできます。たとえば、以下の手順を実行 Word 2016 のです。
  1. 2016 の Word を起動、ファイルを選択し、オプションを選択します。
  2. 文章校正を選択します。
  3. オート コレクトのオプションボタンを選択します。
  4. Capslock キーの偶発的な使用法の適切なチェック ボックスをオフにします。
  5. [Ok]を選択します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3120433 - 最終更新日: 12/21/2015 02:15:00 - リビジョン: 5.0

Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard

  • kbtermserv kbmt KB3120433 KbMtja
フィードバック