イベント ID 1009 と CPU やメモリ使用率の高い Exchange Server 2013年で noderunner.exe で

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3121815
現象
適用した後 累積的な更新 10 または 累積的な更新 11 Microsoft Exchange Server 2013 年の次の現象の一部またはすべてが発生する可能性があります。
  • Noderunner.exe プロセスの CPU 使用率が高い
  • Noderunner.exe で高いメモリ使用量
  • Noderunner.exe の高いハンドルの数
  • コンテンツのインデックスが失敗しました。
  • データベースのフェイル オーバー
1 つの noderunner.exe プロセスのメモリ使用量が 10 GB を超える可能性があり、ハンドル数が 20,000 を超える可能性があります。

さらに、アプリケーション ログに次のイベントが記録される場合があります。

ソース: MSExchangeFastSearch
カテゴリ: 全般
説明:
メールボックス データベース<DB name="">のインデックスを作成すると、予期しない例外が発生しました。エラーの詳細: Microsoft.Exchange.Search.Core.Abstraction.OperationFailedException: コンポーネントの操作に失敗しました。Microsoft.Exchange.Search.Core.Abstraction.OperationFailedException--->: コンポーネントの操作に失敗しました。Microsoft.Exchange.Search.Fast.FastDocumentTimeoutException--->: コンテンツの発信サービスは、ドキュメントのエラーを返しました: ドキュメントのタイムアウトが発生しました
.System.TimeoutException--->: ドキュメントのタイムアウトが発生しました

------内部例外のスタック トレースの終了
Microsoft.Exchange.Search.Fast.FastFeeder.EndSubmitDocument (IAsyncResult asyncResult) で
Microsoft.Exchange.Search.Mdb.RetryFeeder.DocumentCompleteCallback (IAsyncResult asyncResult) で
------内部例外のスタック トレースの終了

(IAsyncResult asyncResult) を Microsoft.Exchange.Search.Core.Common.Executable.EndExecute に
Microsoft.Exchange.Search.Engine.SearchFeedingController.ExecuteComplete (IAsyncResult asyncResult) で
------内部例外のスタック トレースの終了

(IAsyncResult asyncResult) を Microsoft.Exchange.Search.Core.Common.Executable.EndExecute に
Microsoft.Exchange.Search.Engine.SearchRootController.ExecuteComplete (IAsyncResult asyncResult) で</DB>



検索サービスのログを確認した場合は、次のテキストが含まれているいくつかのイベントを確認できます。

失敗: Microsoft.Exchange.Search.Fast.FastDocumentTimeoutException:「コンテンツの発信サービスは、ドキュメントのエラーを返しました: ドキュメントのタイムアウトが発生しました。System.TimeoutException--->: ドキュメントのタイムアウトが発生しました

また、次のイベントがシステム ログに記録されます。

製品: Windows オペレーティング ・ システム
ID: 7031
ソース: サービス コントロール マネージャー
バージョン: 6.X
シンボリック名: EVENT_SERVICE_CRASH
メッセージ: Microsoft Exchange 検索のホスト コント ローラー サービスは予期せず終了しました。この x 回をきました。30 ミリ秒の単位に、次の修正動作が行われます: サービスを再起動します。

メッセージ: Microsoft Exchange Search サービスは予期せず終了しました。この x 回をきました。次の修正動作は 5000 ミリ秒に行われます: サービスを再起動します。


最後に、統合ログ サービス (ULS) ログには、いくつかのイベントに次のテキストが含まれます。
System.TimeOutException の解析

操作がタイムアウトしました

デフォルトでは、検索サービスのログは、%ProgramDir%\Microsoft\Exchange Server\V15\Logging\Search、および ULS ログは、%ProgramData%\Microsoft\Exchange Server\V15\Bin\Search\Ceres\Diagnostics\Logs にあります。

「失敗」または「失敗と保留」に、コンテンツのインデックスが設定されているデータベースのフェイル オーバーが発生します。これらのフェイル オーバーは、通常、アプリケーション ログにイベント ID 122 を通じて示されます。
原因
この問題の原因は、Exchange の検索および Microsoft Exchange 検索のホスト コント ローラーのサービスが停止した場合 Exchange Server 2013年管理可用性診断とき、埋め込み OLE オブジェクトの特定の種類を解析しています。そのため、コンテンツ インデックスが、失敗し保留状態に変更されます。この動作が導入されました累積的な更新 10以前のバージョンの累積的な更新プログラムによって発生するべきではないとします。
解決方法
この問題を解決するのには次のようにインストールします。 累積的な更新 12 またはそれ以降 Exchange Server 2013年の累積的な更新.
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3121815 - 最終更新日: 05/11/2016 22:58:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbmt KB3121815 KbMtja
フィードバック